船木 芳朗
  • Author:船木 芳朗
  • 感謝の気持ちを常にもって、いつも「ありがとう」と言われる人になれるよう毎日が勉強です。今まで得た知識を一人でも多くの人に伝える事で、人の助けとなり喜んでもらえる事が、世の中に貢献し子孫に注がれていけば幸せです。
  • RSS
船木の音沙汰
船木の感動・思い・考え・伝えたいこだわり情報を・・・・・
年収8百万円でも破綻寸前の世帯は多い!中流家庭を貧困にさせる数千万円の住宅&車の購入
「年収800万円」といえば、現在の日本では間違いなく高給取りで、「勝ち組」の部類に入る
国税庁によれば、年間の平均給与は415万円(2014年)なので、ざっとその2倍の収入になるわけだ
ところが、年収800万円にもかかわらず、「家計が火の車」「破綻寸前」という家庭が少なくないという
『隠れ貧困 中流以上でも破綻する危ない家計』(朝日新聞出版)の著者で経済ジャーナリストの荻原博子氏に、そうした「隠れ貧困」の実態について聞いた

高収入者に多い「隠れ貧困」の恐怖

荻原氏によると、
「年収800万円もあり、普通よりいい暮らしをしているように見えても、『なぜか、まったく貯金がない』という家庭は、意外にもたくさんあるのです」

という
金融広報中央委員会の調べによると、貯金ゼロの人の割合は、年収750万円~1000万円未満で11.2%
年収1000万円~1200万円未満の場合は、さらに増えて13.5%に上る
「たとえ貯金がゼロでも、膨大な住宅ローンをはじめ、学費や塾といった子供の教育費など、出費は増えることがあっても減ることはありません
そんな状態では、家族の誰かが突然病気になっても対処できない
そればかりか、お金を借りてしのいだとしても、返済するあてがないので、ますます経済的に困窮してしまうのです
私は、こういう人たちを『隠れ貧困』と呼んでいます」
(荻原氏)
「年収が多いのに貯金ゼロ」という家庭が増えた背景には、ひとつに税金の国民負担率の上昇や保険料などの引き上げがあるという
「00年代に入ってからは、ほぼ毎年のように、なんらかの税金や保険料の引き上げなどがあり、そのたびに家計は圧迫されてきました
その結果、年収800万円といっても、実際の手取りはどんどん少なくなっているのです
そこで家計を見直すことができればいいのですが、なかにはそれができない人たちもいます。『隠れ貧困』に陥る人の多くは、収入が減っても家計を見直すことができない、つまり生活レベルを落とせなかった人たちです」
(同)

なぜ、団塊ジュニア世代が一番危ない


「隠れ貧困」の傾向が最も顕著なのは、現在40代となっている「団塊ジュニア」世代だ
荻原氏によれば、団塊ジュニアは
「がんばれば、それだけの対価を得られる」という団塊世代の親の影響を強く受けているという。しかし、日本経済が低迷しているにもかかわらず、いまだに「がんばればなんとかなる」
と考えていること自体が大間違いなのだ

「現実的に世の中の状況を把握していれば、『何千万円もする立派な家に住もう』『高級車を買おう』などとは考えないはずです
バブル期と違って日本経済が下降している時代に、そのローンを30年後まできちんと返せる保証がどこにあるのでしょうか」
(同)
ところが、団塊ジュニアは親世代から「家を持って一人前」と教わってきたため、経済状況が下降しても節約するということができない
例えば、「年収800万円の人は、中古で2000万円のマンションを買うのは負けだと思っている」(同)というわけだ
その結果、多額のローンを組んで家を購入し、毎月の返済に追われ、貯金のない「隠れ貧困」に陥ってしまうのである
しかし、「隠れ貧困」の人も、立て直すのが不可能というわけではない
『隠れ貧困』から脱却するには、『貯金できる体質』に変わるしかありません
月に2000円でも3000円でもいいので、コツコツ貯めること
同時に、生活レベルの見直しも重要です
『俺は、ビールはキリンの一番搾りしか飲まない』などというプライドがあるなら、そんなものは即刻捨てて、発泡酒を飲んでください
車も維持費や税金の安い軽自動車にする、携帯電話も大手キャリアから格安スマホにするなど、見直す要素はたくさんあるはずです」
(同)
「老後破産」にならないために、まずは「50歳で借金ゼロの状態」を目指すべきだという
「50歳が無理なら、60歳前までに、貯金がなくても借金もない『プラスマイナスゼロ』を達成したい
そうすれば、老後の生活も安心となるはずです」
と荻原氏
団塊ジュニア世代が安心して老後を迎えたいのであれば、「隠れ貧困」になっている場合ではない
変化する世の中に対応し、しっかり地に足をつけて計画を立てていく必要があるのだ

 ちょっと知られていないお話かと思いますが、お客様でも事情がわからいですが、50歳代 年収1000万円
家賃8万円の賃貸住宅に住んでいて、自己資金なし
そんなお客様は実際におられますし、家を購入してもらった事あります。
銀行ローンを申し込んだら、必ず銀行の審査は厳しくなり、ローンが組めない人もあります。
 離婚され、養育費を支払っている、
 ご両親の病院代をすべて負担されている
 以前住んでおられた家のローン残の返済をされている
 子供さんの学費がすごく高い
など、いろんな理由がある人もおられます。
そんな理由は、あまり世間では話に出てこないので、知られている事は少ないです
そんなお話をお聞きした時は、そのお客様の為にされるよう気合入れて住宅ローンを組めるよう努力します
それも不動産業界で仕事してく為の宿命かと思っています。


2016-03-01ギブリディーゼル1_0
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://sakurahouseyoshiaki.blog63.fc2.com/tb.php/2221-52c0fbb5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)