船木 芳朗
  • Author:船木 芳朗
  • 感謝の気持ちを常にもって、いつも「ありがとう」と言われる人になれるよう毎日が勉強です。今まで得た知識を一人でも多くの人に伝える事で、人の助けとなり喜んでもらえる事が、世の中に貢献し子孫に注がれていけば幸せです。
  • RSS
船木の音沙汰
船木の感動・思い・考え・伝えたいこだわり情報を・・・・・
相手のモチベーションが上がる短所の指摘方法があった
いいところを見つけるには訓練が必要

起業家の奥田浩美さんが提案する、「会社を辞めないという選択」
会社に所属しているほうが、様々な人とつながりやすく、より大きく社会を変えられる可能性を秘めていると奥田さんは言います
あなたの強みを会社で生かすには? 会社を“使って”自分の夢をかなえるには?
書籍『会社を辞めないという選択―会社員として戦略的に生きていく』の中から、明日からすぐに仕事が好きになれる働き方を提案します

順番は、(1)長所を伸ばす (2)欠点を直す
今回は、チームのメンバー一人ひとりの力を最大限に発揮させるためにはどうすればいいのかを考えていきましょう

チームのメンバーはそれぞれが違った才能を持ち、得意にしていることがあるはずです
そしてそれぞれ、欠点や苦手なこともあります
人はそれを両方とも見ているはずなのに、なぜか欠点が最初に目につくようにできています
仕事の場では、できることより、できないことのほうが目立つからなのかもしれません
もしあなたが部下や後輩を育成する立場に就いているなら、彼ら、彼女らの欠点や苦手なことを把握しておくことは必要です
しかしそれは、マネジメントをする側がわかっていて、何らかの形でカバーすればいいのです
チームの中でお互いに欠点を指摘し合うようなことは、力を発揮させるためには逆効果だと私は思っています

部下や後輩の欠点についてどのように話をすべきか

一緒に仕事をするチームなら、互いの長所、得意なことを口に出して言える空気を作っていくことが、それぞれの力を伸ばす後押しになります
そうすることで、本人も自分が人より優れているところを意識するようになり、より能力を高めていけるからです
このことを私は、よく土を盛ることにたとえて説明しています
もし目の前に同じ量の土があるなら、それをどう使うのか
私は穴を埋めることに使うより、土を盛って新しい山を作るほうがいいと考えます
穴をいくら埋めたところで、ただ平坦になっていくだけではないですか
いつまでたってもとがった山ができません
人の力を伸ばすというのは、まさにこのイメージです
欠点をあげつらうのではなく、長所を伸ばして個性を出していくほうが、大きな力になっていくと思うのです
私自身は自分の部下に限らず、人を見るときにはとにかくいいところだけを見ようとしています
欠点はあえて探さなくてもすぐに見つかりますが、いいところを見つけるためには訓練が必要だと思うのです
私の会社に、これまでずっと接客業が主だったため、パソコンなどはほとんど触ったことがないというスタッフが入ってきました
彼女はデスクワークの経験が他の人より少ないだけで、新しいことに挑戦するマインドにかけては群を抜いています
私は常々、これがいずれはアントレプレナーシップ
(起業家精神のこと。リスクを恐れず、新事業創造に熱意を持って挑戦する精神)
へと育っていって、新しいものを生み出す力になっていくと思って見ています
人に対するこのような見方を習慣づけることは、上に立つ者の訓練だと考えています
もちろん、欠点をごまかす必要はありません
もしあなたがマネジメントする立場なら、部下や後輩に対して、直すべきことを指摘するのはまったく構いません
ただし、まずできるところを伸ばして、余裕ができたら欠点を見直していくように仕向けるべきです
この順番が大事なのです

指摘をするときに、意識的に行うべきこととは
本人への指摘の仕方にも、コツがあるのではないでしょうか
「あなたのここはまだできていないけれど、それより長所をもっと伸ばそうよ」
と言われれば、本人もやる気を出せますし、同時に自分の欠点を自覚することもできます
一番いけないのは、本人に対して欠点を指摘せずに放っておきながら、本人のいないところで他の人に対してその愚痴をこぼすことです
欠点を直せないばかりか、いいところを伸ばすことさえできません
最強のチームを作るというのは、才能豊かなメンバーを集めるだけではなく、みんなに力を発揮させてこそ、実現できるのです
私はよくいろいろな人から「奥田さんのところには、なぜこんなに人が集まってくるんですか」と質問されます
実は、その答えは自分でちゃんとわかっています
私のところに来れば、その人のいいところを探した上で、足りないところをきちんと教えるので、本人のモチベーションが上がるのです
同じことは誰にでもできるはずです
あなたがそういう存在になれば、わざわざ関わりを持とうというアクションをあなたから起こさなくても、向こうから人が集まってきて、必ず仕事がうまくいくようになります
何より、人のいいところばかり考えれば、自分自身が楽しくなれると私は思うのです
その行為を突き詰めていくと、自分はいつも、優れた能力を持つ素敵な人たちに囲まれているという意識が持てるようになるからです
とはいえ、世の中はきれいごとばかりではないのが常で、計算高くあなたに近づく人や、負のオーラを持ってやってくる人もいっぱいいます
しかし、負のオーラというのは、明るく前向きなオーラには勝てないものです
私がいいところを見つけ出し、モチベーションを上げて明るいオーラを持っている人たちが周りにたくさんいると、その人たちが負のオーラを消してくれる。だから結局は私がいつも、明るいオーラを持つ人たちに囲まれている結果になると、経験から十分学んでいるのです
あなたにもぜひ、体感してほしいと思います

家売るオンナ2 2016-07-21_0
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://sakurahouseyoshiaki.blog63.fc2.com/tb.php/2234-85e6f1a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)