船木 芳朗
  • Author:船木 芳朗
  • 感謝の気持ちを常にもって、いつも「ありがとう」と言われる人になれるよう毎日が勉強です。今まで得た知識を一人でも多くの人に伝える事で、人の助けとなり喜んでもらえる事が、世の中に貢献し子孫に注がれていけば幸せです。
  • RSS
船木の音沙汰
船木の感動・思い・考え・伝えたいこだわり情報を・・・・・
EVのテスラモーターズがソーラールーフを発表…3つの要素を統合
米国テスラモーターズは現地時間28日、新たに「テスラソーラールーフ」と、2015年4月に発表した蓄電池「テスラパワーパック」「テスラパワーウォール」のそれぞれ次世代バージョンを発表した

2016-110-1テスラ_0.jpg

ソーラールーフは、ガラスタイルと太陽電池で構成された屋根素材で、米ニューヨーク州バファローに新設される工場で2017年より生産開始の予定だ
ソーラールーフは様々な住宅に合わせてカスタマイズが可能
屋根のどの部分にソーラー技術を“隠しておくか”を選べる。テスラによると、ソーラールーフとパワーウォールとを組み合わせることで、家庭に必要な電力を100%再生可能エネルギーで供給することも可能だという

パワーウォールは、ソーラーエネルギーの自家消費、緊急時用のバックアップ電源、負荷シフトや他の電力系統サービスの利用を可能にするためにデザインされた、充電式リチウムイオンバッテリー
「パワーウォール2」は、1基あたり14 kWhのリチウムイオンバッテリーパック、液冷式温度管理システム、統合型インバーターと、送電ソフトウェアで構成される。ユニットは屋内外を問わず、壁や床に取り付けられる
納品は2017年以降を予定しており、日本市場での価格は消費税込み61万7000円から
パワーパックシステムは、バッテリー、パワーエレクトロニクス、温度管理とコントロールが統合されたソリューションだ
企業や電力会社における多様な使用方法に対応している
第2世代は9月から先行出荷を開始した
先代パワーパックの2倍のエネルギー密度を実現し、電力網の様々なレベルでよりシームレスに統合できるようになった

テスラでは、気候変動への主要な対策として、持続可能なエネルギー発電、バッテリー、電気自動車の3つをあげる
いずれも既存の技術だが、テスラはこれらを組み合わせることにより、効果の向上をめざす

モデルS2016-04-15_0

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://sakurahouseyoshiaki.blog63.fc2.com/tb.php/2274-d6962c24
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)