船木 芳朗
  • Author:船木 芳朗
  • 感謝の気持ちを常にもって、いつも「ありがとう」と言われる人になれるよう毎日が勉強です。今まで得た知識を一人でも多くの人に伝える事で、人の助けとなり喜んでもらえる事が、世の中に貢献し子孫に注がれていけば幸せです。
  • RSS
船木の音沙汰
船木の感動・思い・考え・伝えたいこだわり情報を・・・・・
食卓からバナナが消える? 新パナマ病で広がる危機説
将来、食卓からバナナが消えるかも――
そんなニュースが相次いで流れた
「新パナマ病」というバナナの病気が原因らしい
何が起きているのか

 「新型の菌がバナナ農園に壊滅的な打撃を与えた」

米誌ニューズウィーク電子版は9月下旬、新パナマ病によるバナナの農業被害を伝えた
「世界的なバナナの危機」(米CNN)といった報道は春以降、海外で相次ぎ、国内でも報じられた
輸入商社には消費者からの問い合わせも続いたという

国連食糧農業機関(FAO)などによると、新パナマ病は1990年に台湾で初めて見つかった
土壌の菌の一種が根から入り込み、バナナを枯死させる
伐採で感染拡大を止めるしかなく、数十年間は汚染が続くとされる
バナナは生食用と料理用で300種以上ある
日本を含む世界で最も食べられているのは生食用のキャベンディッシュ
輸出市場の95%を占めるが、新パナマ病に弱い
FAOは2014年、「最も破壊的なバナナの病気」として予防に力を入れるよう産地に警告した
だが、フィリピン、アフリカ、中東など感染地域は拡大し、東京ドーム約2千個分の1万ヘクタールの農園が感染したとの指摘もある

国内への影響はどうなのか

日本人は果物の中でバナナを最も食べ、総務省の家計調査(15年)では、2人以上の世帯あたり年間約18キロを消費する
流通量の約9割はフィリピン産だ
新パナマ病は「フィリピンの国際競争力に対する脅威」(生産者団体)との声もある
だが、バナナ輸入で国内最大のシェアを持つ輸入商社「スミフルジャパン」(東京)は「フィリピンにあるグループの畑では、早期発見で被害を食い止めている
食卓への影響はない」と断言
農林水産省も同様に国内に影響は出ていないとの見方だ

 では、なぜ「消滅」の危機が言われるほどの騒ぎになったのか
背景には、猛威を振るった「元祖」パナマ病への恐怖心がある

「バナナの世界史」(太田出版)によると、以前はグロスミッチェルという品種が最も食べられていた
米国人の漁船長が1900年初頭にジャマイカで発見
舌触りがなめらかで濃厚な上に、皮が厚くて輸送にも適していて、米国で爆発的な人気となった
大規模な農園も次々に誕生したが、パナマで見つかったパナマ病の感染が広がり、60年までにほぼ絶滅した
代替品種として選ばれたのが、パナマ病に耐性があり、見た目も良いキャベンディッシュだ
60年ごろから大規模な栽培が始まった。ただ、種がなく株分けして増やすため、どの実も遺伝的に同一
新しく出現した「新パナマ病」には等しく弱かった

新パナマ病にも耐性のある「第3のバナナ」の品種改良も進むが、実用化には時間がかかりそうだ
仮に出来ても、その品種が別の菌に弱ければ病気とのいたちごっこは続く

東京農工大の有江力教授(植物病理学)は「植物の病気を耐性品種の育種や農薬などの開発で次々と克服し、大量生産を可能にしてきたのが人類の繁栄の歴史だ」としつつも、「単一品種を集中的に栽培するのはリスクと隣り合わせ」として、こう提案する
「世界には産地や見かけ、味が異なるバナナがたくさん存在する
単一の産地や品種にこだわらず、売り場に多様なバナナを増やすことも、危険回避の対策の一つだろう」


 うつ病で寝込んでいた時に、唯一食べていたのが 「バナナ」 でした
元気な時はビックリされるぐらい痩せの大食いでしたが、ひどい時は1週間に1本のバナナしな食べれないほど食欲が定価していました。
そんな事を思いだす 「バナナ」
だからこの記事を取り上げました

2016-11-08 (28).JPG


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://sakurahouseyoshiaki.blog63.fc2.com/tb.php/2295-0c231f47
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)