船木 芳朗
  • Author:船木 芳朗
  • 感謝の気持ちを常にもって、いつも「ありがとう」と言われる人になれるよう毎日が勉強です。今まで得た知識を一人でも多くの人に伝える事で、人の助けとなり喜んでもらえる事が、世の中に貢献し子孫に注がれていけば幸せです。
  • RSS
船木の音沙汰
船木の感動・思い・考え・伝えたいこだわり情報を・・・・・
約52%が“クリぼっち” 商戦に広がりも
本日、24日はクリスマスイブ
恋人や家族で過ごすという人もいるだろう。一方で、クリスマスをひとりで過ごす人が増加
百貨店や飲食店などで“おひとりさまクリスマス”の市場が拡大している

クリスマス気分が高まる中、街で「どう過ごすのか」を聞いてみると―

 「あさって(クリスマス)はおうちにいます
 予定ない…クリぼっち、残念ながら(20代 社会人)」
 「学生時代にクリぼっち、クリぼっちって言っていました
 ぼっちはぼっちで楽しむ(20代 社会人)」

“クリぼっち”とは、「クリスマスを独りぼっちで過ごす人」のこと
 
 20代から30代の男女に「クリスマスを誰と過ごすか」アンケートを行ったところ、1人で過ごす人が半数以上に
 なっていることがわかった

・1人で過ごす 52.2%
・彼氏・彼女と 25.8%
・友人と 11.2%

(出典:レオパレス21 ひとり暮らしをする社会人20代~30代 男女600人対象)

こうした中、都内の百貨店でも“クリぼっち”の文字があった
店内には1人でゆったりクリスマスを過ごしたい人向けの限定品や、ミニサイズのケーキなどが充実
大勢のお客さんでにぎわっていた

大丸東京店・森本さん「ひとりの時間を充実させたいという思いがあって、クリスマスというところには、
  自分へのご褒美につながってくるのかと思います」

丸亀製麺では、クリスマスを含む24日からの3日間、看板商品の釜揚げうどんを半額で提供するという(午後6時~)

都内の居酒屋では“禁愛席”なるものも登場
  クリスマス限定でカップルを案内できない席になっているという

 記事を読んでビックリ
クリスマスにこんなに1人でいる人が多い現在に驚いています。
クリスマスにすごす彼女を探し、2人で豪華にデートする為に必至でお金を貯めて・・・
1人でいるクリスマスは考えれませんでした
時代が変わったんですね・・・
でかたずけてしまって良いとは思いません
どう思われますか


ルミナリエ2
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://sakurahouseyoshiaki.blog63.fc2.com/tb.php/2327-e8943b5a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)