船木 芳朗
  • Author:船木 芳朗
  • 感謝の気持ちを常にもって、いつも「ありがとう」と言われる人になれるよう毎日が勉強です。今まで得た知識を一人でも多くの人に伝える事で、人の助けとなり喜んでもらえる事が、世の中に貢献し子孫に注がれていけば幸せです。
  • RSS
船木の音沙汰
船木の感動・思い・考え・伝えたいこだわり情報を・・・・・
3つの片付けられないタイプで診断 あなたの本当の弱点
年末に意気込んで部屋を片付けたものの、早くももう散らかり始めていませんか
そんなあなたに「片付けベタをやめられる1分でできる簡単アクション」をお伝えします

3つの片付けられないタイプで分かる あなたのウイークポイント

部屋が片付かない、モノが捨てられない
頭では分かっているけれど、いざ片付けようとしても、いったいどこから手をつけたらいいのか分からない
片付け特集はたくさんあるけど、どれもハードルが高すぎる……

片付けを不得意とする、多くの悩める女性を見てきた中で気づいたことは、片付けが苦手な人のパターンは3つあること
そして、片付けられない、捨てられない理由が分かると、あなたの考え方の癖も分かってくるのです

今年こそ 片付けられるオンナになりたい 
「時間がない」型

仕事や習い事、子育てに介護、人付き合いなどで多忙すぎる毎日
「疲れているから片付かないし捨てられないのよ」という方もいます
捨てたい・片付けたいと思っていても、「時間がないからできない」と

しかし、「時間がない」ことを理由にする方は、仮に時間的な余裕ができても、捨てたり片付けたりしないことが多いんです
時間は誰にでも平等に1日24時間あるのです
些細なことを優先するあまり、あなたにとって大事な課題や問題に向き合うことを先送りしていませんか
時間がないなかでも、「捨てる」ことができるようになると、人生の大事な課題や問題も先送りせずに向き合うきっかけを作ることができます

「溜め込み」型

とにかく何でも家に持ち帰ってしまいがちなタイプ
化粧品やサプリのサンプルにはじまり、なんとなく買ってしまった雑誌や健康食品、美容グッズ、バーゲンで買った洋服やバッグなど、このタイプはとにかく家にモノが多い
「もったいないから捨てられない」のではなく、「とにかく何でも自分で持っていたい」。コレクションすること、キープすることで、なんとなく安心し満足するのです
実は、セルフイメージが低く、自分に自信がない、小さい頃に苦労した方に多い傾向にあります

このタイプは、「捨てる」ことを通じて、モノに囲まれていなくても、誰かに認めてもらえなくても、十分価値ある存在なのだということを徐々に実感できるようになります

三つ目は、捨てられない理由のナンバーワン
さて一体、なんでしょうか
「もったいない」型

捨てられない理由のナンバーワンは、「もったいない」からくるもの
さらに、「もったいない」にも二種類のタイプがあります

持ち越し苦労タイプ

高かったから、頂き物だから、ブランド品だから、まだ使えるから……
捨てられないという方は、「過去」に執着がある持ち越し苦労タイプ
また、メンタル面でも「なぜ、あんなことをしちゃったんだろう」「あのとき、もっと◯◯していればこんなことにならなかったのに」「あの頃は、よかったのに」などと、くよくよ悩んだり、過去を引きずりがち
高かったモノは、捨てにくいんですよねぇ 

取り越し苦労タイプ

将来必要になったときにもう一度買うのはもったいない
もしかしたら二度と手に入らないかもしれないから捨てられないという方は、「未来」を心配する取り越し苦労タイプ
「仕事でミスをしたらどうしよう」「病気になって失業してしまったらどうしよう」「恋人や家族に裏切られたらどうしよう」などと、まだ起きてもいないことで悶々と悩みがち
どちらの「もったいない」型だとしても、今のあなたにとって必要のないモノを「捨てる」ことで、今のあなたにとって本当に必要なモノや大切にしたい価値観をはっきりさせることができます

汚部屋はネガティブも引き寄せる

どのタイプの人にとっても、捨てることはものすごく大事
なぜなら、人が「視覚」から受ける影響は、私たちが思っている以上にものすごく大きいからです
五感(視覚、聴覚、嗅覚、味覚、触覚)のうち、私たち人間が最も影響をうけるのは視覚
人間の脳が視覚から得る情報の割合は8割を超えると言われています
ということは、要らないものがたくさんある散らかった部屋にいるだけで、気がつかないうちに不要な影響を脳に与え続けています
捨てられない人は、ごちゃごちゃの部屋を見続けることで、知らない間に脳を疲れさせていることが多いのです
あなたの、疲れ、イライラ、ダラダラやネガティブ思考は、散らかった部屋が原因かもしれません

それでは、どうしたら片付けや不要なものを捨てることが出来るようになるのでしょうか

まずは身近な通勤バッグから

 一番最初にオススメするのは、身近な通勤バッグから始めること
まず通勤バッグの中を片付けましょう
部屋の片付けはそのあとでも大丈夫

<片付けベタをやめられる 1分でできる簡単アクション>
1.通勤バッグの中身を全部出す
2.自分の気持ちが上がるモノだけ選んで残す
3.気持ちが上がらないモノは、【捨てる・代用品を見つける・磨く】のいずれかを試してみる
4.気持ちの上がるモノだけをバッグに戻す


片付けや捨てることというのは、ありがたいことに、仕事や恋愛だけでなく、夫婦関係や子育て、さらに友人関係などを仕切り直すきっかけにもなります

あなたのバッグや部屋にあるものは、自分で買ったモノもあれば、人からもらったモノもあるでしょう
いずれにしても、あなたが持ち込まない限りはその場にないわけです
ですから、バッグや部屋にあるものを見直すことで、あなたの生き方や考え方を見直すことにも繋がるのです
そして、片付けは誰かに協力してもらわなくても自分ひとりで気軽にできるところがいいですよね
2017年、幸先よくスタートできた方はさらに飛躍するために、グダグダのスタートになってしまった方は仕切り直すためにも、ぜひ片付けを活用してみてくださいね

2017-01-17 かたずけ_0.jpg
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://sakurahouseyoshiaki.blog63.fc2.com/tb.php/2352-5b5f8518
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)