船木 芳朗
  • Author:船木 芳朗
  • 感謝の気持ちを常にもって、いつも「ありがとう」と言われる人になれるよう毎日が勉強です。今まで得た知識を一人でも多くの人に伝える事で、人の助けとなり喜んでもらえる事が、世の中に貢献し子孫に注がれていけば幸せです。
  • RSS
船木の音沙汰
船木の感動・思い・考え・伝えたいこだわり情報を・・・・・
先に言えよ!デート中にイラッとする彼女のセリフ9パターン
デートの途中で、いきなり彼氏が不機嫌になったことはありませんか
もしかしたら、その原因はあなたが何気なく発した一言にあるのかもしれません
そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケートを参考に、
「先に言えよ!デート中にイラッとする彼女のセリフ」
をご紹介します

高速道路のサービスエリアを過ぎてから「やっぱりお手洗いに行きたい」

「生理現象はしょうがないとしても、行くべきタイミングをスルーしておいて…というのはモヤッとします」(20代男性)
というように、間の悪い「トイレ行きたい」でデートの段取りを壊すケースです
「したい状態」かどうかにかかわらず、長距離移動中は「行けるときに済ませる」のを鉄則としましょう

待ち合わせ場所で顔を合わせるなり「ゴメン、今日は体がだるいの」

「無理してほしくないし、具合が悪いなら先に連絡がほしかったです」(10代男性)
というように、体調がよくない場合は、前もって告げたほうがよさそうです
できるだけ彼氏が家を出る前に連絡して、延期をお願いしましょう

アトラクションに並びながら「ぶっちゃけ遊園地って好きじゃない」

「嫌なら来る前に言ってくれって感じ」(10代男性)
というように、現地に到着したあとでその場所にケチをつけて、相手をムッとさせるパターンです
彼氏が立てるデートプランがいつもイケていないのであれば、計画段階から一緒に考えるようにしてはいかがでしょうか

なんでもいいと言って食事を注文しておきながら「コレ苦手なんだよね」

「なんでもよくないじゃん!って思いました」(20代男性)
というように、オーダーするときにOKを出しておきながら、出てきた料理に文句を言うのはいただけません
嫌いなモノは先に申告しましょう

乗り物で目的地に向かいながら「電車で移動するのは嫌だった」

「もう戻ることができないし、早く言えよ!って感じでムカつきました」(20代男性)
というように、すでに移動中なのに交通手段に不満を述べるのも、「なぜ今さら?」と思われてしまうようです
気が進まないのなら、早めに伝えたほうが傷が浅いでしょう

映画のチケットを買ってから「これ実は興味ない」

「僕は彼女が観たい作品を観れたらそれでよかったんですが…」(10代男性)
というように、彼氏のために「自分はガマン」と考えるのはともかく、それを口に出してしまうのはまずそうです
渋々付き合っても楽しめないのであれば、チケットを買う前に正直な気持ちを話したほうがいいでしょう

ガンガン歩き回ったあとで「ヒールだからすごくつらかった!」

「全然気づかなかった自分が鈍感みたいでイラッとした」(20代男性)
というように、ヒールの歩き心地は男性にはわからないので、「言わなければ伝わらない」と思っておいたほうがよさそうです
足に痛みを感じた時点で相談すれば、適切なフォローを期待できるかもしれません

早起きして行列スポットにたどり着いた瞬間に「ここ何度も来たことがある」

「わざわざ遠出したのに、彼女が知ってる場所だったとわかったときの徒労感は半端ない」(20代男性)
というように、悪気のない言葉で彼氏のテンションを下げてしまうパターンです
最初から行ったことがあると伝えるか、行ったことがあるけど内緒にするか、どちらかにしましょう

さあ次の場所に行こう、というときに「今日は19時までに家に帰りたい」

「大人の男女が二人で出かけて19時までに解散ってありえない」(20代男性)
というように、盛り上がってきたタイミングでいきなり「帰る」と切り出すのも、彼氏を興ざめさせてしまうようです
門限があったり、夜に別の予定がある場合は、前もって帰宅時間を伝えるようにしてはいかがでしょうか
少しでも気がかりなことがあれば、早めに伝えたほうがよさそうです
ガッカリされたとしても、当日に「先に言ってよ!」と思われるよりは大分マシでしょう

2017-02-06 イライラ_0.jpeg
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://sakurahouseyoshiaki.blog63.fc2.com/tb.php/2370-8e9cdd7a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)