船木 芳朗
  • Author:船木 芳朗
  • 感謝の気持ちを常にもって、いつも「ありがとう」と言われる人になれるよう毎日が勉強です。今まで得た知識を一人でも多くの人に伝える事で、人の助けとなり喜んでもらえる事が、世の中に貢献し子孫に注がれていけば幸せです。
  • RSS
船木の音沙汰
船木の感動・思い・考え・伝えたいこだわり情報を・・・・・
コスパのいい焼き鳥ランキング 3位はささみ、2位は胸肉
外食はおいしくて、コスパのよいお店を選びたいもの

2017-03-04鳥2_0.jpg

ここでは、コスパのいい焼き鳥について専門家の意見を聞いた

「やきとりに使われている鶏肉は、主にブロイラーです
ブロイラーとは45~50日で出荷される鶏肉で、最も安価
飼育期間が長いほど、飼料代などがかかるため、鶏の値段も上がる
一方、飼育期間が約80日を超えると地鶏に区分けされる
地鶏になると味がグッとよくなります」
(フードジャーナリストはんつ遠藤さん、以下「」内同)

つまり、鶏の種類を見極められれば、コスパの良し悪しがわかる
とはいえ、そこまで明記している店は少ないため、“部位”で判断するのがポイントになることが多い
「一串が同じ値段なら、原材料費が高くコスパがいいのはもも肉、胸肉、ささみ
ねぎまは、ねぎが挟まっている分、原材料費が安くなる
皮や内臓も原材料費が安いのでコスパはよくないですね」

 実は鶏が大好物です
牛肉より鶏肉派です。
その中でも好きなのが、鶏さし、塩焼
鶏を食べたいだけで名古屋までわざわざ行くほど・・・
オススメのお店教えてほしいです

2017-03-04鳥3_0.jpg

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://sakurahouseyoshiaki.blog63.fc2.com/tb.php/2395-6f36099c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)