船木 芳朗
  • Author:船木 芳朗
  • 感謝の気持ちを常にもって、いつも「ありがとう」と言われる人になれるよう毎日が勉強です。今まで得た知識を一人でも多くの人に伝える事で、人の助けとなり喜んでもらえる事が、世の中に貢献し子孫に注がれていけば幸せです。
  • RSS
船木の音沙汰
船木の感動・思い・考え・伝えたいこだわり情報を・・・・・
ビジネスマンの「革靴」メンテマニュアル
ビジネスマンにとって、革靴はいわば“相棒”とも言える存在
大事に長くつきあうための基本的なメンテナンス手順と、覚えておきたいポイントを紹介

【革靴メンテの基本】
・毎日のメンテナンス
まず、靴を脱いだらしばらく放置し内部の湿気を放出させる
次に汚れ落とし用の靴ブラシで、細かい部分までしっかりと泥やホコリを落としていく
シューキーパーを使うと、履きジワが伸び、またブラシ掛けなどがやりやすくなる
毎日行う手入れはここまででOK

・1週間に1度が目安のメンテナンス
週に1度を目安に、革へ“栄養”を与えるクリームを使ったケアも行いたい
その際、必ず油性タイプではなく、乳化性(主にビン入り)の物を使うこと
専用のブラシを使って片方に小豆1粒程度の量を塗りまんべんなくなじませる
腰のある少し固めのブラシを使いたい

ブラシで全体にクリームを延ばしたら、次はやわらかい布で乾拭き
やさしく磨き上げてツヤを出していこう
その際、ミトン状のグローブクロスを使うと便利
ケアが終わったら型崩れを防ぐため、シューキーパーを入れた状態で靴箱などに保管しよう

・1カ月に1度が目安のメンテナンス
汚れだけでなく、塗り重なった古いクリームも革へのダメージとなる
月に1度を目安に、液体シュークリーナーで古いクリームを落とし“すっぴん”の状態に戻したい
不要になった布にクリーナーを取り、クリームを拭い落とすこと(その後2 ~3の手順を行う)

【つま先を光らせるポイント】
ビジネスシーンでよく聞くのが「相手の靴をチェックして人を判断する」というもの
といっても大事なのは、靴のグレードではなく手入れが行き届いているかどうかだ
そこで「手入れのアピール」にもなる、つま先の光らせ方について触れておこう
使うのは油性の靴墨
まず指に不要な布を巻き、そこにほんの少量の靴墨をつけて、靴先に「の」の字を書くように薄く伸ばしていく
時折、水を1滴ほど垂らしながらなるべく少ない抵抗で、布の引っかかりがなくなるまで続けていく
何度か繰り返し、最後に仕上げ用の布で軽く磨き上げれば完成だ

【雨に濡れたらやるべきこと】
革靴の大敵は湿気、水分
濡れたままで放置すると、悪臭やカビ、型崩れの原因となる。濡れてしまった場合、靴の中に新聞紙などの水を吸いやすい紙を詰めて水分を取る
また、乾燥用のシリカゲルを入れるとより素早く除湿ができるので用意しておくのもいいだろう
あらかじめ防水スプレーをかけておくのも効果的だ

【保管のコツ】
靴は1足を毎日履き続けるのではなく、2~3足をローテーションさせて使うことが望ましい
その際、脱いですぐにしまうのはNG
内部に溜まったままの湿気や汚れがカビなどの原因となるからだ
内部の湿気が抜けるまでそのままだしておき、汚れを落としてからしまいたい
除菌スプレーを使い、内部の湿気や臭気を早く追い出すのも良い

革製品は上手に使い込むほどに味が出るもの
とくに欠かせないのが、毎日のブラシ掛けによる汚れ落とし
革靴は生きていると思って、可愛がってあげてみては

靴
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://sakurahouseyoshiaki.blog63.fc2.com/tb.php/2396-4a3912a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)