船木 芳朗
  • Author:船木 芳朗
  • 感謝の気持ちを常にもって、いつも「ありがとう」と言われる人になれるよう毎日が勉強です。今まで得た知識を一人でも多くの人に伝える事で、人の助けとなり喜んでもらえる事が、世の中に貢献し子孫に注がれていけば幸せです。
  • RSS
船木の音沙汰
船木の感動・思い・考え・伝えたいこだわり情報を・・・・・
スマートed
2017-03-14 スマート1_0.jpg
エントリー・モデルの90万円高という設定

ニュー「スマート エレクトリック ドライブ」であれば2ドアで2万1940ユーロ(約262万円)、そして4ドアのフォーフォーは2万2600ユーロ(約278万円)なので補助金を考えれば1リッターのコンパクト・クラスと同等にはなる
ただし、スマートのエントリー・モデルよりは90万円以上も高いので、環境保護の御旗を振るには正直、ちょっとした覚悟がいる

欧州バージョンのスマート・フォーフォー・エレクトリックドライブ(タイプ453)に搭載されている交流モーターはルノー・ゾエから移植されたものと同じで北フランスのクレオンにあるルノー工場で生産される
最高出力は60kW(82馬力)、最大トルクは160Nmを発生、ゾエとは違って搭載位置はリアアクスルの上で、後輪を駆動する

また動力源はLG製のパウチ・タイプ・セルを96個収納した17.6kWhの電力量を持つリチウムイオン電池で、パッケージやマネージメントはドイツ・ザクセン州にあるダイムラーの子会社「ドイッチェ・アキュモーティブ」が担当している
ちなみに保証は8年または10万kmと一応の安心感を与えてくれる

2017-03-14 スマート3_0.jpg

ポルシェ・ボクスターもびっくりのダッシュ力

空港近くの航空博物館から出発して、目指すはおよそ60km離れた市内のホテルなので公称(NEDC:新欧州運転サイクル)155km、実走行でも110~120km のフォーフォーには朝飯前である
消費電力は100kmあたり13.1kWhと発表されている
つまり行く先がはっきりしている場合B-EVは通常の内燃機関搭載モデルと比較しても全く遜色の無い乗り物と言うことになる
いや、それどころか、まずローカル・エミッションはゼロ、エンジン音や排気音もゼロ、そしてパワートレーンからのバイブレーションもゼロと良い事ずくめである
さらに静止からのスタートは時速100kmまで12.7秒
数字上は80馬力程度のコンパクトカー並みで、さらに160kgという電池関連の追加重量にも関わらず0から50km/hくらいまでならば信号待ちで隣に並んだポルシェ・ボクスターのオーナーをびっくりさせるほどのダッシュ力を見せる
ただしその魔力はあっという間に衰え、最高速度は130km/hでリミッターが介入してしまう
しかし街中であればそんなスピードは要らない、いやそれ以上に全長3.5メートル、全幅1.67メートルというコンパクトなサイズ、加えて回転半径約4.5メートルと言う取り回しの良さを生かしてフランス特有の狭い路地でも金魚のようにスイスイと泳ぎ回る

2017-03-14 スマート2_0.jpg

 仕事用に使う為ならベストな車の予感がします
EVでお洒落・・・
ちょっと見に行って試乗したいです

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://sakurahouseyoshiaki.blog63.fc2.com/tb.php/2404-0a280571
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)