船木 芳朗
  • Author:船木 芳朗
  • 感謝の気持ちを常にもって、いつも「ありがとう」と言われる人になれるよう毎日が勉強です。今まで得た知識を一人でも多くの人に伝える事で、人の助けとなり喜んでもらえる事が、世の中に貢献し子孫に注がれていけば幸せです。
  • RSS
船木の音沙汰
船木の感動・思い・考え・伝えたいこだわり情報を・・・・・
消えた大阪ローカルドリンク「キューピット」を追え!
大阪ならではのグルメを日々探し歩いている私のもとに
“キューピット”っていう大阪発祥の飲み物があるのを知ってますか
という趣旨の連絡が舞い込んできた

2017-05-04 キューピット.jpg


「1970年代に一世を風靡したらしいのですが、今はほぼ絶滅状態らしいです
という

調べてみると、「キューピット」というのはカルピスの原液をコーラで割った飲み物らしく、確かに一時期は大阪の喫茶店の定番メニューだったようだ
いつしかメニューからその名は消えていき、いまや幻のドリンクとなった
事実、大阪の友人数名に「キューピットって知ってる?」と聞いてみたが、誰も知らなかった
くじけずにさらに調べてみたところ、今でも「キューピット」を出している喫茶店が数軒存在することがわかった
というわけで、今回は大阪に現存する数少ない「キューピット」が飲めるお店を巡りつつ、最後は家でそれを再現してみることにした
手軽に作れるので、ぜひ読者のみなさんも試してみてほしい

まずやってきたのは大阪・難波にある「Cafe Jump」。本棚にたくさんのマンガがストックされ、それをのんびり読みながらくつろげる、落ち着いた雰囲気の喫茶店だ
消えた大阪ローカルドリンク「キューピット」を追え!
メニューを見てみると、コーヒー、紅茶、レモンスカッシュなどの定番メニューに並んで「キューピット(コーラ+カルピス)」の文字が

うむ、おいしい
カルピスとコーラを混ぜた味、というそのままの感じではあるのだが、想像していた味と少し違い、カルピスのまろやかさよりも酸味が際立っている
レモンの風味もそのフレッシュな酸味を後押ししていて、後味は非常にさっぱりしている
カルピスって、後に少しもったりした舌触りが残るものだけど、「キューピット」にはそれがなく、さわやかな飲み口になっている
散歩に疲れてこれを飲んだら、また歩く元気が湧いてきそうな回復系の味わいである

お店の方に、いつ頃からあるメニューなのかと尋ねると、「30年前ぐらいですかねー」とのことだった
「Cafe Jump」からそれほど遠くない、心斎橋の「純喫茶 アメリカン」でもキューピットが飲めるというので行ってみることに
店頭のウィンドウに並ぶ食品サンプルの色鮮やかさにうっとり
しかし、その中にキューピットの姿は見当たらない
とりあえず入店してメニューを見てみると、
こちらのお店では「キューピット」というメニュー名ではなく「カルピスコーラ」として出しているのだ
そういうパターンもあるのか
オーダーしてみると、すでにカルピスとコーラが混ぜ合わさった状態で提供された
琥珀色が美しい
なんとなく「こういう毛色のシャム猫いるよな」と思ったのだが、伝わるだろうか
ちなみに「アメリカン」のカルピスコーラには、輪切りレモンは載っていない
それでもやはり、カルピスのさわやかな酸味は印象に残る味わいだ
「カルピスコーラ」のお値段は720円となっており、このお店の飲み物の中でも高級な部類に入る
ボンレスハムと同じ値段

少し離れた大阪吹田市にも「キューピット」を出す店があると知り、足を運んでみた
吹田駅から徒歩5分ほどの場所にある「蘭豆」が、そのお店である
マスターが、このお店でキューピットを出すことになったきっかけについて教えてくださった
マスターが中学生の頃(1970年代)、大阪・梅田に「キューピット」という名前のロック喫茶があったという
今では複合商業施設「HEP FIVE」が立っているエリアにあったそうで、当時の若者にとっては、そのお店に行くのが相当オシャレな行為だったらしい
「レッド・ツェッペリン」や「ディープ・パープル」といったバンドの奏でる新しい音楽が大音量で流れるその店で、店名を冠したドリンクとして提供されていたのが「キューピット」だという
マスターいわく、おそらくその店こそがキューピットの発祥の店なのでは、とのこと
ちなみに、そこで出していた「キューピット」にはレモンの輪切りに加えてサクランボが載っていたそうで、恋人たちが「キューピット」を飲んでは、サクランボの茎を口の中で結んで遊んだりしていたというから、なんとも甘酸っぱい青春ドリンクである
ロック喫茶・キューピットは1980年代初頭までは存在していたようだが、その後、閉店してしまった
マスターは当時の懐かしい味わいを再現しようと、30年ほど前からこの店のメニューに加えているという。マスターと同様に、当時ロック喫茶キューピットに入り浸っていた若者から波及する形で周囲の喫茶店に広まっていったのかもしれない
「これって、家でも再現できますか?」と聞いてみたところ、「できますよ! 混ぜるだけですからね(笑)」とのこと
「ただまあ、その配合がうちの店は絶妙だと、そういうことにしておいてください!」とおっしゃる優しいマスターであった

そんなわけで早速、家に帰って「キューピット」を自作してみることにした
コーラとカルピスとレモン、あとは氷を用意するだけ

・グラスの底にカルピスの原液を注ぐ(コーラ8に対し、カルピス2ぐらいの割合が基本だけど、もちろんお好みの量でOK)
・氷を入れ、コーラを注ぐ
・輪切りにしたレモンを入れる(さらにサクランボを入れれば、オリジナルスタイルに)
・混ぜながら飲む


キューピット本来の酸味にまろやかな甘みが加わり、より奥深い味わいになった
こりゃうまい! ご覧の通り、基本的にはコーラとカルピスさえあればできるので、みなさんもぜひご家庭でキューピットの味わいを確かめてみてください
そして、大阪にお住まいの方は、ぜひ今回紹介したお店へもお立ち寄りください
2017-05-04 キューピット.jpg

 すごく懐かしい名前の飲み物ですよね。
良く呑んでいた事を思い出しました。
家に帰ったら創って見ようかな~~~
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://sakurahouseyoshiaki.blog63.fc2.com/tb.php/2455-6887dfe0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)