船木 芳朗
  • Author:船木 芳朗
  • 感謝の気持ちを常にもって、いつも「ありがとう」と言われる人になれるよう毎日が勉強です。今まで得た知識を一人でも多くの人に伝える事で、人の助けとなり喜んでもらえる事が、世の中に貢献し子孫に注がれていけば幸せです。
  • RSS
船木の音沙汰
船木の感動・思い・考え・伝えたいこだわり情報を・・・・・
「腕立て伏せ」のやりがちNG3つ!二の腕ほっそりのはずが腰痛に…
二の腕のたるみとバストの下垂
薄着になる季節には、女性にとって深刻な悩みですよね
そんな悩みの改善に役立つのが“プッシュアップ(腕立て伏せ)”
夏本番までにタプタプな二の腕と垂れたバストを何とかしたいと、エクササイズを頑張っている方も多いでしょう
しかし、有名な筋トレにもかかわらず、実は正しくできていない方が多いのです
そこで今回は、パワー系ヨガの講師も務める筆者が、プッシュアップをやるときのNGについてお話したいと思います

いきなり床で行う

2017-05-12腕立て2.jpg

女性は上腕や胸周りの筋肉が強くない方が多いため、いきなり床でプッシュアップをしようとしても1回もできない方も
また、なんとか頑張ろうとして無理をすると、背中や腰を痛めてしまうこともあります
プッシュアップ初心者や苦手な方はまず、壁を使った立位でのプッシュアップから始めましょう
壁に向かって立ったら、自分と壁の間は一歩分のスペースを空けて。両手を壁につき、そこから体を壁に近づけるようにして押し返します。慣れるまでは、5~10回を目安に

道具を使わない

2017-05-12腕立て1.jpg

「プッシュアップには特別な道具は必要ない」と思いがちなのですが、腕の力で床を押し返して起きてくるのが難しい初心者や筋力が弱い方にとっては、道具は大変役に立ちます
プッシュアップが苦手だったので、上画像のようなヨガブロックを2つ並べてその上に手をついてプッシュアップをしていました。手をつく位置に高さが出るため、筋力が弱くても起きるのがラクになります
ある程度の高さと硬さがあればいいので、雑誌を重ねて行ってもいいでしょう

背中や腰が反っている・丸まっている

2017-05-12腕立て4.jpg

上腕・胸周りの筋肉が強くないと、背中~腰が反ったり丸まったりしてしまいます
すると、背中や腰に負担がかかって、痛めてしまう危険があるのです
これは床でのプッシュアップだけでなく、立位でやる場合や道具を使うときにも起こりがちなので気をつけて
ある程度の筋力がついたら、体は頭~足まで一直線を意識し、胸~お腹~太ももを同時に床に対して平行になるように下ろしていきましょう
起きてくるときも同様に、頭~足まで一直線を保ったままで行いましょう

二の腕・胸周りの悩みを抱えている方、バストのたるみ・下垂を予防したい方は、ぜひ参考にしながらプッシュアップを行ってみてくださいね
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://sakurahouseyoshiaki.blog63.fc2.com/tb.php/2466-12ca9443
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)