船木 芳朗
  • Author:船木 芳朗
  • 感謝の気持ちを常にもって、いつも「ありがとう」と言われる人になれるよう毎日が勉強です。今まで得た知識を一人でも多くの人に伝える事で、人の助けとなり喜んでもらえる事が、世の中に貢献し子孫に注がれていけば幸せです。
  • RSS
船木の音沙汰
船木の感動・思い・考え・伝えたいこだわり情報を・・・・・
「仕事センス」のない残念な人って? 意識調査
皆さんの周りには「この人、仕事のセンスがないなあ」と感じる人がいますか

2017-06-02仕事センス1.jpg

そもそも「仕事センス」とはどんなものでしょう
新卒2年目と先輩(社会人6~12年目)、男性と女性では、認識に大きなギャップがあることが明らかになりました
調査結果をご紹介しましょう

2017-06-02仕事センス2.jpg


(産業能率大学総合研究所調べ、調査期間:2017年4月14日~16日、対象:社会人2年目の男性75名・女性75名、社会人6~12年目の男性75名・女性75名)
「知識が豊富なのに、仕事センスはゼロ」な残念な人

私たちが仕事をこなす上で大切なのは、知識やスキルはもちろん、仕事をうまく進めていくための「センス」です
しかし、必ずしも知識やスキル、センスを持ち合わせているとは限らないようです
今回の調査で、「あなたの職場には、知識やスキルは高いにもかかわらず、仕事をうまく進めるセンスがない人がいますか?」と聞いたところ、6割の人が「いる」と回答
せっかく知識やスキルがあっても、センスがない残念な人が多いという結果になりました
また男女別で分類してみると、「いる」と答えた人が女性66.7%、男性53.3%となり、女性のほうが「仕事のセンス」に厳しいことが分かりました

さらに新卒2年目と先輩を比べると、「いる」と答えた人の割合が先輩65.3%、新卒2年目54.7%とギャップが見られました
社会人経験を積んでいくにつれて、仕事にはセンスが大切だと感じるようになるのかもしれません

仕事のセンスがある人の特徴って

ところで、そもそも仕事センスがある人はどんな人でしょうか
調査で「仕事センスがある人に見られる特徴」を尋ねました

2017-06-02仕事センス3.jpg

多数の回答を得たのは、「自分で判断して行動する力がある」(69.3%)、「相手に明確に説明することができる」(62.3%)でした
指示待ちではなく、主体的に行動できること、また相手にうまく説明できることを「仕事センス」と認識している人が多いようです

3割以上の回答を得たのは、「人柄のよさ」(45.3%)、「関係者を調整することが得意」(37.0%)、「相手の言動から状況を察知できる」(36.3%)というものでした

また、新卒2年目と先輩、男性と女性では、「仕事センス」の認識に大きな差があることも明らかになりました

2017-06-02仕事センス4.jpg

男性の先輩は「関係者を調整することが得意」「相手の言動から状況を察知できる」ことを重視していますが、新卒2年目はさほど重視していないという結果に
女性の先輩は「自分で判断して行動する力がある」ことを重視する一方、新卒2年目は「人柄のよさ」が大切と考えていました

仕事センスのあるタレントキャスターは誰

本調査では、趣向を変えて、「仕事センスがあると思うタレントキャスター」も聞いています

2017-06-02仕事センス5.jpg

設楽統さん、坂上忍さんがトップ2となり、桐谷美玲さん、加藤浩次さん、恵俊彰さん、菊川怜さん、ホラン千秋さん、真矢ミキさん、市川紗椰さん、高橋克実さんが10位ランクイン
10位以下には、櫻井翔さんや井ノ原快彦さんなどが入りました

回答者が考える「仕事センス」とは、状況察知や判断力、明確な説明能力、人柄のよさなどというのは前述の通りですが、こういった点が評価されたのでしょうか
自分の「仕事センス」に自信ある
「自分に仕事センスがあるかどうか」を聞いたところ、「あまりない」「ない」が合わせて約55%に上り、2人に1人は自分の仕事センスに自信がないことが分かりました

その理由には、次のような声が寄せられました。

【仕事センスに自信のある人】

<新卒2年目社員>
・営業成績もいいから(22歳・男性)
・売上を上げた(23歳・男性)
・物覚えがいい(24歳・女性)


<先輩社員>
・相手が求めていることを察することができる(35歳・女性)
・調整しなければならないことを段取りよく進められる(26歳・女性)
・言われたこと以外にも、自分なりに考えて提案するから(29歳・男性)

【仕事センスに自信のない人】

<新卒2年目社員>
・実績を上げられていないから(24歳・女性)
・結果に出ていないから(23歳・男性)
・仕事をうまく回せていないから(25歳・男性)


<先輩社員>
・判断するのに時間がかかり、優柔不断なところがあるため(30歳・女性)
・調整能力が足りていないと思うから(33歳・男性)
・相手のことを考えて行動ができていないように感じる(32歳・女性)

 新卒2年目社員と先輩社員とでは、意識にかなりの違いが見られます
新卒2年目は、営業成績や売上などの実績を上げればセンスがあると考えている一方で、先輩は察知力や調整力、判断力を重視しています
仕事の経験を重ねることで、実際の現場で役立つ力への認識が変わってくるようです

センスが高い人は相手を重んじる

新卒2年目では、自分軸で物事を捉えて「仕事の実績」や「説明力」を仕事センスと考えています
しかし、6年目以降の先輩になると、さまざまな人と関わる機会が増え、「関係者との調整」「相手の状況を察知する力」がある人をセンスが高いと見なすようになるようです
単独の仕事もありますが、多くの仕事は、相手あってのことです。「仕事センスがある人」と思われるためには、誰もが認める「自分で判断して行動する力」をベースとして、自分の実績だけでなく、人との関わりの中でも力を発揮できるように意識しましょう

2017-06-02仕事センス6.jpg
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://sakurahouseyoshiaki.blog63.fc2.com/tb.php/2489-512b51be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)