船木 芳朗
  • Author:船木 芳朗
  • 感謝の気持ちを常にもって、いつも「ありがとう」と言われる人になれるよう毎日が勉強です。今まで得た知識を一人でも多くの人に伝える事で、人の助けとなり喜んでもらえる事が、世の中に貢献し子孫に注がれていけば幸せです。
  • RSS
船木の音沙汰
船木の感動・思い・考え・伝えたいこだわり情報を・・・・・
水無月
京都で有名な和菓子の1つに「水無月(みなづき)」があります

     2017-06-30 水無月.JPG

本日打ち合せさせて頂いたお客様が持って来てこられ、美味しく頂かせて頂きました
ここ数年食べてなかったので、「水無月(みなづき)」日だったことすら忘れてました

水無月は、白い外郎(ういろう)の上に小豆を乗せ、三角形に切り分けられたお菓子です
もちもちとした食感と小豆の甘さがマッチし、古くから京都人の和心を楽しませています
そんな水無月を、京都では6月30日に食べる風習があります

でもどうして6月30日に和菓子の「水無月」を食べるのでしょうか

和菓子「水無月」の由来

その昔、6月1日(旧歴)に氷を口にすると夏バテしないと言われていたことから、室町時代の宮中では氷の節句の行事として、氷室(ひむろ/京都府衣笠山)から氷を取り寄せて暑気払いをしていました
しかし、氷は庶民には手に入れることができない貴重なものだったため、氷に似せて作ったお菓子を食べ、夏の暑さを乗り切ろうとしたのです
そのお菓子が水無月になります
水無月が三角形にカットされているのは、氷のかけらを表現していて、上に乗っている小豆には悪魔払いの意味合いがあります
水無月を食べることで夏の暑さを乗り切り、自身の厄除けも兼ねた縁起の良いお菓子なのです

ひょっとして京都だけ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://sakurahouseyoshiaki.blog63.fc2.com/tb.php/2513-7a2ecec6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)