船木 芳朗
  • Author:船木 芳朗
  • 感謝の気持ちを常にもって、いつも「ありがとう」と言われる人になれるよう毎日が勉強です。今まで得た知識を一人でも多くの人に伝える事で、人の助けとなり喜んでもらえる事が、世の中に貢献し子孫に注がれていけば幸せです。
  • RSS
船木の音沙汰
船木の感動・思い・考え・伝えたいこだわり情報を・・・・・
「セダンが古いっていう価値観がもう古い」…80年代を知る男テリー伊藤、トヨタの新型 カムリ を語る
トヨタは7月10日、新型『カムリ』を発表

2017-07-21カムリ.jpg

「80年代、クルマを楽しんだかつての若者にふたたび…」、そんなメッセージがこめられた新型カムリのアンバサダーに、テレビプロデューサーで演出家のテリー伊藤さんが選ばれた

2017-07-21カムリ2.jpg

カムリは「トヨタのグローバルミッドサイズセダン」として、米国15年連続乗用車販売台数No.1(※1)、また世界100カ国以上で累計1800万台以上(※2)の販売を達成してきた
新型では、「TNGA」に基づき、すべての部品をゼロから開発することにより、エモーショナルで美しいデザイン、意のままの走り、上質な乗り味を実現したとする
かつての若者は、新型カムリとどのように向き合うのか……

クルマがライフスタイルの中心だった80年代

自身も50台以上のクルマ遍歴を経て、80年代のカーライフを“謳歌”してきたテリーさんにとって、80年代とは? その当時のクルマ、カーライフというのはどんなものだったのだろうか

「80年代は、クルマ絶対主義的なところがありましたよね。クルマがあると人生勝ったような。それに、ちょうどDCブランドが流行っているころで、食事もファッションも、もちろんクルマもブランドが大事でした」

「スキーに行くならどんなクルマがいいかな、夏のサマーリゾートなら、どのホテルにどんなクルマで乗り付ければ目立つかな、みたいなことばかり考えていましたよね。自分のクルマを街に見せびらかしに行ったり、東京の表参道や自由が丘のオープンカフェの前にクルマを横付けしたり」

クルマも着こなし。実用性だけじゃない

日本の自動車マーケットではいま、ミニバンが大人気だ
いっぽうで、セダンは人気がない
だがテリーさんは、「価値観は一瞬で変わる」と強調する

「価値観って一瞬にして変わりますからね。『セダンが古い』って言ってるアンタがもうオジサンなんだよって
全然関係ない話のようですけど、こないだ早稲田実業の清宮選手が、選手宣誓で『野球を愛してます』って言ったんですよ
野球なんてオジサン趣味だしもう古い、って言われてるなかで、これからの50年、日本の野球界をリードする人間がそう言った
その瞬間に価値観が変わりましたよね
それと一緒で、『セダンがカッコいい』って誰かが言ったら、今までの価値観なんて一瞬で変わっちゃいますよ」


ミニバンは確かに実用的だ
だからこそ人気があるわけだが、いっぽうでセダンならではの“フォーマルなカッコよさ”に気付くべきだとテリーさんは言う

「女性も男性も、スーツを着こなしてる人ってカッコいいじゃない
スーツ着て、スニーカー履いて自転車乗ってる人を東京の代官山あたりで見かけると『おっ、カッコいいじゃん!』って思いますよね
『007』のジェームズ・ボンドだってスーツを着てるでしょ?
普通ああいうアクション映画だったら革ジャンですよ
でもそれをスーツでやるところがイギリスのダンディズム
そういう洋服の着こなしと同じで、クルマも実は着こなし、なんですよね
そういう雰囲気を今回のカムリに感じているんですよ」

「帰国子女」の匂いがする

カムリには、他のセダンとはちがう独特なオーラがある、とテリーさんは言う

「今回のカムリは、非常にいいところを狙ってきたなと思いました。僕はカムリは『帰国子女』だと感じていて、自分でも以前『プロナード』や『ウインダム』(編注:いずれも、もともとアメリカ市場向けに開発されたミッドサイズセダン)が好きで乗っていたんです
プロナードなんて、前席がベンチシートで、『これカッコいいのに!』って自慢していましたよ
カムリにはそれに通じるカッコよさがある。でも当時は周りからあまり理解されなかったな
まだ時期が早かったんでしょうね」


「それが今になって、ちょうど空いていたそのポジションにカムリが登場したんですよ
アメリカ市場で15年間も乗用車セールスNo.1(※1)を取って、『何年ぶりかに外国に行っていた学生が帰ってきた』みたいな雰囲気、そういう『匂い』を漂わせていますよね
ここがカムリの最大の魅力だと思いますよ」



新型トヨタ・カムリG“レザーパッケージ”
オプション装着車
ボディカラーのエモーショナルレッド<3T7>はメーカーオプション

2017-07-21カムリ.jpg

五感に訴える“深みのある強さ”

新型カムリに乗ってみたら、走りが素晴らしくてビックリした、というテリーさん

「そりゃトヨタのクルマですから品質はまったく問題ないわけですよね
それは当然なんですけど、今回のカムリは、五感に訴える“深みのある強さ”にとにかく驚きました
40km/h過ぎたあたりから、鞭打ったような力強い加速が素晴らしい
私は普段からあまり燃費を気にするほうではないので、『ハイブリッドカーだから走りはこの程度だよね』っていうのが許せないんですけど、カムリはハイブリッドらしからぬパワーと、ハンドリングも含めて走りの質感が備わっていますよ」


 赤をメインカラーに・・・デザインが気になります
即カタログ請求します

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://sakurahouseyoshiaki.blog63.fc2.com/tb.php/2537-d68b7127
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)