船木 芳朗
  • Author:船木 芳朗
  • 感謝の気持ちを常にもって、いつも「ありがとう」と言われる人になれるよう毎日が勉強です。今まで得た知識を一人でも多くの人に伝える事で、人の助けとなり喜んでもらえる事が、世の中に貢献し子孫に注がれていけば幸せです。
  • RSS
船木の音沙汰
船木の感動・思い・考え・伝えたいこだわり情報を・・・・・
ロールスロイス ファントム
英ロールス・ロイス・モーター・カーズは7月27日(現地時間)、新型「ファントム」を発表
ファントムは、ロールスロイスの最上級サルーン
   2017-07-29ファントム7.jpg
2017-07-29ファントム1.jpg

1925年に登場した初代から数えて8代目にあたる
日本では年末に発表予定としている

一新された新世代プラットフォームを採用

新型ファントムは、一新された新世代プラットフォームのうえに豪華で威風堂々としたボディを載せる
プラットフォームは、“アーキテクチャー オブ ラグジュアリー”と呼ばれるオールアルミ製のスペースフレーム構造を採用
従来のものよりも軽く高剛性(従来比+30%)で、かつ静かであるという
これにより“魔法の絨毯のような乗り心地”を実現しているとのことだ

6.75リッター、V12ツインターボ搭載

エンジンは、排気量6.75リッターのV12ツインターボを搭載する
スペックは最高出力563hp、最大トルク900Nmと強力で、しかもわずか1700rpmで最大トルクを発生するという
組み合わされるトランスミッションはZF製の8AT
普段はシュルシュルと走る一方、必要とあれば巨大なパワーを瞬時に引き出せるという
2017-07-29ファントム4.jpg


しかもファントムは、「世界でもっとも静かなガソリン車」を標榜する
その自信満々の静粛性を実現しているのは、車体のすべてに6mm厚のものを2層に重ね合わせたガラス構造と、130kg以上におよぶ遮音材、過去最大のサイズとしたアルミ鋳物の結合部など

内装は、豪華絢爛なのはもちろん、14年ぶりのフルモデルチェンジにふさわしいアップデイトが図られている
液晶カラーディスプレイは12.3インチへと大型化され、後席のみならず前席にも自動ドアが採用された
さらにリアシートは顧客のオーダーによりラウンジタイプ、格納式アームレスト付きの独立タイプ、固定式センターコンソール付きの独立タイプに加え、スリーピングタイプが選択可能となっている

2017-07-29ファントム5.jpg
2017-07-29ファントム2.jpg
2017-07-29ファントム3.jpg


ロールス・ロイス・モーター・カーズ最高経営責任者 トルステン・ミュラー・エトヴェシュ氏は
「1925年のデビュー以来、ロールス・ロイス ファントム(Rolls-Royce Phantom)は、世界で最も影響力があり、最もパワフルな男性や女性に選ばれ、歴史の最も決定的な瞬間に常に立ち会ってきました」

「ロールス・ロイスの物語の次章には、ニュー ファントムの目指すグローバル・ラグジュアリー・インダストリーへの道が示されています。それは美と力の創造であり、富や人間の成し遂げた偉業を示す象徴的なシンボルです
それは当社のお客様ひとりひとりのご希望をしっかりと受け止めたアイコンであり芸術作品なのです」

とコメントしている。

ロールスロイスいわく新型ファントムは、“世界でもっとも優れた自動車であると同時に、世界トップクラスの高級品でもある”とのこと

40歳の時、50歳に購入したい車として目標にするほど憧れです
来月50歳になるのですが、いつ購入する事が出来るのかな~~~
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://sakurahouseyoshiaki.blog63.fc2.com/tb.php/2542-1e44780d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)