船木 芳朗
  • Author:船木 芳朗
  • 感謝の気持ちを常にもって、いつも「ありがとう」と言われる人になれるよう毎日が勉強です。今まで得た知識を一人でも多くの人に伝える事で、人の助けとなり喜んでもらえる事が、世の中に貢献し子孫に注がれていけば幸せです。
  • RSS
船木の音沙汰
船木の感動・思い・考え・伝えたいこだわり情報を・・・・・
建設現場の大問題「トイレ」の華麗なる大変身
気になるNEWSが・・・
東京・お台場の沖合にある中央防波堤
ここでは貨物コンテナを運ぶトラックの混雑緩和のため、昨年から海底を通る道路の新設工事が行われている
巨大なショベルカーが地面を掘り返し、そこに杭が打ち込まれる光景は、普通の工事現場と変わらない
大手ゼネコンの清水建設が施工するこの現場では、ほかと異なり女性の比率が高い。作業員約70人のうち、1割弱に当たる6人が女性だ
事務職だけでなく、重機の操縦を行う女性もいる

けんせつ小町を悩ますトイレの問題

建設現場で働く彼女たちを悩ますのは、「トイレ問題」
一般的な仮設トイレは最低限の機能しか備わっていない
室内にはにおいも滞留しており、身だしなみを整えられるような場所ではない
この現場では仮設トイレの設置に当たって女性の意見を取り入れ、最大限に配慮した設備を整えている
 「どんなトイレがいいか、みんなで話し合って決めました」
と、施工管理を担う女性作業員がはにかみながら答える
現場の隅に設置されたトイレは、温水洗浄便座こそないものの、全身鏡や脱いだヘルメットを掛けるフック、除菌シートを備えており、商業施設やオフィスにある女性用のトイレとほぼ変わらない仕様になっている

清水建設で女性活躍推進を担当する西岡真帆・人事部ダイバーシティ推進室長は、「今やどこへ行ってもトイレは男女別で、女性用なら女性向けの設備があるのは常識。建設現場だけ特別扱いは許されない」と話す
建設業界が仮設トイレの環境改善に熱心なのには理由がある
2016年時点で、建設業就業者に占める女性比率は15%、実数にして74万人と、全産業平均の3分の1にとどまる
事務職などを除いた技能労働者に限れば、わずか1%にすぎない
慢性的な人手不足が問題になっている建設業界では、女性の活用は必須だ
日本建設業協会は2015年から、建設現場で働く女性を「けんせつ小町」と名付け、業界を挙げて労働環境の改善に取り組んでいる
そんな中で最重要課題の1つとされたのが、女性から不満の声が上がっていた仮設トイレの問題だった
トイレに情熱を注ぐのは建設会社だけではない。建設資材メーカーも、新たな仮設トイレの開発に乗り出した

コマツもトイレ開発に本腰
木目調の外観に、植物のイラストをあしらった装飾。だが、扉を開けると、そこには便座が鎮座する
足を踏み入れると自動でLED照明が点灯
便座の脇にはコンセント、足元にはフィッティングボードやサニタリーボックスがあり、寒い冬でも優しく尻を包み込む暖房便座まで備えている

仮設とは思えない仕様の「快適トイレ」を開発したのは、建設機械メーカーのコマツと、グループ会社のコマツレンタルだ
デザインを手掛けたコマツレンタル営業企画部営業企画グループの大貫有紀チーフは「従来の仮設トイレには、女性の視点が欠けていた」と力説する
「女性向けに作られた仮設トイレでも、外観をピンク色にするなど、過度に女性を意識させるものだと、逆に躊躇してしまう」(同氏)
開発段階から多数の女性社員が参加したほか、建設現場の女性作業員からも要望を聞くなど、徹底的に利用者本位の設計にこだわった
隙間を隠すカーテンや擬音装置を設けたほか、「仮設トイレの扉は作りが簡素で、鍵を掛けていても力任せに引けば簡単に開いてしまう
女性からすれば不安でならない」(大貫氏)と、二重鍵まで取り付けた
取材に同席していた営業企画部の大西和幸課長は「男だったら、フィッティングボードの用途すらわからなかった」と苦笑しつつ、女性が開発に携わる意義を語る

こうした仮設トイレの普及を、政府も後押ししている
日々の暮らしに不可欠なトイレの改善を通じて、女性が働きやすい社会を形成するという理念から、内閣府は2015年5月に「日本トイレ大賞」を創設した
創設時の会見では、有村治子・女性活躍担当相(当時)が、「トイレ大臣と呼ばれても良い」と発言する力の入れようだ
コマツの「快適トイレ」は2015年トイレ大賞の女性活躍担当大臣・男女共同参画担当大臣賞を受賞した

トイレの認定制度も
2016年10月からは、罰則規定こそないものの、原則すべての建設現場に一定の設備が整った仮設トイレの設置を義務化し、レンタル料の一部を政府が負担する制度が導入された
さらにNPO法人「日本トイレ研究所」は今年6月、国土交通省が定める基準を満たした仮設トイレに対し1ツ星、2ツ星の認定マークを発行することを発表した
この8月よりメーカーからの申請を受け付け、順次発行する予定だ
とはいえ、労働環境改善に向けた道のりは険しい。女性用のトイレを導入した現場では、「掃除は男女別で行うため、絶対数の少ない女性に負担がかかってしまう」(ゼネコン幹部)など、別の問題も起こっている
快適な仮設トイレの導入は、あくまで労働環境改善の一環にすぎない
「建設現場で働く女性は、入職時点から男の職場と割り切っている
不便なのが当たり前で、積極的に改善の声を挙げようとはしない」(国交省の担当者)のが現状で、業界全体の意識改革が不可欠だ
かつて3K(臭い、汚い、暗い)の代名詞だった仮設トイレ。それが快適な空間に生まれ変わることが、建設業は女性の働き口として有望な選択肢となるための第一歩だ

     上高野トイレ_0


 建築現場もどんどん女性が増えています。
その女性が働きやすく設備を整えるのはすごく良い事かと思います。
話題にはならないですが、若い男性が働き続けたいと思ってもらえる対策を業界あげてしてほしいです。
早急にしないと10年後職人さんがいなくなる可能性があるので・・・


             八木町松浦邸トイレ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://sakurahouseyoshiaki.blog63.fc2.com/tb.php/2547-e5f31518
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)