船木 芳朗
  • Author:船木 芳朗
  • 感謝の気持ちを常にもって、いつも「ありがとう」と言われる人になれるよう毎日が勉強です。今まで得た知識を一人でも多くの人に伝える事で、人の助けとなり喜んでもらえる事が、世の中に貢献し子孫に注がれていけば幸せです。
  • RSS
船木の音沙汰
船木の感動・思い・考え・伝えたいこだわり情報を・・・・・
「爆竹」が鳴り響く!長崎のお盆って本当?
「爆竹」が鳴り響く!長崎のお盆って本当?
 本当です
船木の母親が長崎出身なので体験しましたが・・・
驚く事ばかりです


スーパーのセール品に爆竹
カートに山ほど陳列された爆竹が・・・
長崎市のお店に話を聞くと、「お盆に合わせてよく売れる」とのこと
別の店では「50万円分買う人もいる」と話すほど、長崎の夏の風物詩には不可欠なものでした
「精霊流し」に使います

2017-08-14長崎3_0.jpg


九州を旅行中の人が、「『あら、爆竹がお買い得だわ♪』ってなるのか
長崎の主婦は
という
販売している長崎市のスーパーによると、「精霊流し」に使われることが多いそうで、「ほとんどの人が『まとめ買い』していきます」と話します

さだまさしさんの歌からは想像できない過激さ
精霊流しは、初盆を迎えた故人の霊を船に乗せて西方浄土へ送り出す伝統行事
8月15日に「精霊船」と呼ばれる船が街を練り歩きます
長崎市出身のさだまさしさんが歌う「精霊流し」は厳かなイメージですが、長崎の場合はとてもにぎやか
周囲を歩く人たちが手に持った爆竹の束を鳴らし続け、耳栓をしていないと鼓膜が破れそうなほどだということです

墓前では花火も
2017-08-14長崎4_0.jpg

長崎市の花火店「立岩商店」によると、爆竹は1箱に20連発式が10束入っているのが一般的
そして船を出す家族は、練り歩く際に鳴らすため300個入りの段ボール1箱(4万円前後)を買うことが多いそうです
船を何隻も出す家は、「50万円分ぐらい買っていく」と説明します

さらに、「墓前でも鳴らされます。花火も一緒にやります」と爆竹は精霊流し以外にお墓参りでも
「長崎のお盆は墓場で花火や火矢、爆竹は普通」なんです

中国から伝来、魔除けの効果
長崎歴史文化協会理事長の越中哲也さんによると、爆竹を鳴らす風習は17世紀ごろに中国から伝わったもので、「音で悪魔を振り払う」魔よけの意味があるそうです
「お墓でにぎやかに故人を迎え、精霊流しで送り出す風習ですが、観光化が進むにつれてお祭りの側面が大きくなっています」と話します

 母親の実家が長崎なんで、おばあちゃんが亡くなった初めてのお盆に体験しました
お墓で爆竹を鳴らし、ご飯を食べお酒を飲んで騒ぐ・・・
各お墓に電気が引かれていて提灯を灯すんです
船に火を付けて海に流してました
初めて見たら衝撃な光景です
15日明日ですよね
一度見て体感してみてください・・・

2017-08-14長崎6_0.jpg
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://sakurahouseyoshiaki.blog63.fc2.com/tb.php/2557-bf3055a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)