船木 芳朗
  • Author:船木 芳朗
  • 感謝の気持ちを常にもって、いつも「ありがとう」と言われる人になれるよう毎日が勉強です。今まで得た知識を一人でも多くの人に伝える事で、人の助けとなり喜んでもらえる事が、世の中に貢献し子孫に注がれていけば幸せです。
  • RSS
船木の音沙汰
船木の感動・思い・考え・伝えたいこだわり情報を・・・・・
夫婦の寝室は「一緒」か「別々」か?
気になった記事

LIXIL住宅研究所アイフルホームカンパニー(東京都江東区)はこのほど、全国の100名を対象に、『夫婦一緒の範囲』に関する各種調査を行った
夫婦の寝室は「共有」か「別々」
かを聞いたところ、
「一緒がいい」と答えた人が53%だった
その理由としては
「震災など予期せぬできごとが起きたときに対応しやすい」
「体調の急変に気付きやすい」

との意見が男性を中心に多く挙げられた

「別々」と答えた人は28%
「できれば別々にしたい」と答えた人は19%だった
別々にしたい理由では、「いびき」や「ライフスタイルが違うため別々にしたいが部屋数が足りない」といったものが見られた

結婚後に下着を夫婦別々に洗うかを聞いた質問では、
98人が「一緒に洗う」と回答した
「別々に洗う」と回答した2人の理由は、
「実家での習慣で分けている」「生地をいためないように分けている」だった

そのほか、夫婦一緒に食事をとるかを尋ねたところ、
「一緒に食事をとっている」という人が68%だった
回答者には、料理から後片付けまで二人で協力している人が多く見られた
「別々に食事をとることが多いが、できるだけ一緒にとりたい」は22%
「別々に食事をとっている」は10%
だった

夫婦で協力して家事をするかを聞いた質問では、
「妻が(ほとんど)家事を行っている」が最多で44%
次に多かったのは、「協力して家事をおこなっている」(42%)

それぞれの適性を見極めて家事を分担している夫婦や、分担を決めずに気が付いた方が家事を行う家庭が見られた

 仕事がら夫婦の寝室はどうしますか
を聞く機会が多いです。
ご夫婦がおられる時に聞いた内容と、後でどちらかが違う答えをお聞きする事があります
夫婦の寝室を必ず創らないといけないので、ここは気を使ってお話を伺いながら創っていきます

船木自身は、やはり夫婦は同じ部屋で寝たい派です。
同じ部屋で同じ布団で寝たいです
さて現状は 

   2012-5金沢 (5)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://sakurahouseyoshiaki.blog63.fc2.com/tb.php/2560-e1e0fc40
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)