船木 芳朗
  • Author:船木 芳朗
  • 感謝の気持ちを常にもって、いつも「ありがとう」と言われる人になれるよう毎日が勉強です。今まで得た知識を一人でも多くの人に伝える事で、人の助けとなり喜んでもらえる事が、世の中に貢献し子孫に注がれていけば幸せです。
  • RSS
船木の音沙汰
船木の感動・思い・考え・伝えたいこだわり情報を・・・・・
溶けない?アイス 40度でも3時間形崩れなし
気になる記事が・・・
アラフォーの記者が小中学生のころ、夏の「買い食い」の定番は、1本50円の棒アイスだった
でも、歩きながら食べているうちに、ポタポタと溶けて手がベタベタになる
頭がキーンとなるのを覚悟で、あわてて食べた
あれからはや約30年
そんな悩みを抱かずに済むアイスが開発されたという

2017-08-18 アイス4_0.jpg

「室温40度のなかで3時間形崩れしない」を売り文句にするのは「金座和(かなざわ)アイス」
今年4月に金沢市、7月には東京・原宿の竹下通りと大阪・ミナミのアメリカ村に相次いで店舗をオープンさせた

溶けにくいだけに、カチカチかと思いきや、サクッと歯が入る
食感もふわっとして通常の棒アイスと変わらない。溶けるのを気にすることなく、最後までおいしく

「秘密は、イチゴポリフェノールです」
製造販売する「バイオセラピー開発研究センター」(金沢市)の社長、豊田剛史さん(40)はそう明かす
2006年にバイオセラピー社を設立し、金沢大学と共同で、イチゴポリフェノールの製品化に取り組んできた
金座和アイスは、牛乳など通常のアイスに使われる材料に加え、文字どおり、イチゴから抽出した抗酸化成分のポリフェノールを混ぜ込んでいる
油とも水とも相性がよく、牛乳の脂肪分と水分が分離するのを抑えるため、時間が経っても溶けにくく、形も崩れにくいという
そのことに気づいたのは、偶然だった
当初は、イチゴポリフェノールの抗酸化作用や美白作用などに着目し、果実から抽出したイチゴポリフェノールの粉末を健康素材として化粧品会社などに売り込んだ
ある時、イチゴポリフェノール入りの化粧品を使っていたパティシエから「ケーキの材料に使いたい」と依頼を受けて納品した
ところが、すぐに「変な成分を混ぜ込んでいるのではないか」と苦情が来た
詳しく話を聞くと、生クリームを泡立てる際にイチゴポリフェノールを入れると、ものの30秒ほどで、ツノが立つような、しっかりとしたホイップができた
通常よりもかなり早かったため、パティシエが不審に思ったのだという
イチゴポリフェノールに何らかの特性があると考えて調べた結果、生クリームをすぐにホイップできたのは、油とも水とも相性がいい性質のためだと判明した
室温が上がっても油分と水分が分離するのを抑えるため、ホイップクリームなど空気を含ませたクリーム状の食品を比較的長い時間そのままの形で保てる効果があることも分かった
アイスの材料として使ってみると、「溶けにくいアイス」になった

「溶けにくいアイス」は、「見た目」でも楽しむことができる
「デザイン性で勝負できると思った」
豊田さんはそこに商機があると考えた

人気キャラクター「くまモン」の形やハート形のアイスに加え、大阪では、阪神タイガースの球団ロゴをあしらったアイスを販売
「真夏の試合中でも食べられるし、『溶けて落ちない』のは試合を『落とさない』ことにつながる」(豊田さん)と売り込む
2017-08-18 アイス3_0.jpg

アイスの需要が落ちる冬場には、「学問の神様」で知られる福岡県太宰府市の太宰府天満宮近くで、絵馬型にしたものを販売する計画だ
「溶けて落ちない」アイスを「志望校に落ちない」ことを願う受験生に買ってもらおうというわけだ
国内外で人気のキャラクター商品をつくる企業からの引き合いもあり、豊田さんは「クールジャパンの波に乗って海外にも出て行きたい」とも話す
今後の販路拡大を目指し、7月には金沢市に新工場をつくって生産能力を1日1万本と現在の約7倍に引き上げた
将来的には、病院などにも「溶けにくいアイス」を売り込んでいくことを考えている
「病気の人でもゆっくり食べられる。カロリーもあり、栄養補給にもなる」。豊田さんはそう話す

【商品概要】

●商品名:金座和アイス

●種類:イチゴ味、バニラ味、抹茶味、チョコ味、マンゴー味など

●価格:税込み500円


2017-08-18 アイス1_0.jpg

 大好きなアイス 食べてみたいです
ネットで購入可能だったので早速注文しよう~っと
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://sakurahouseyoshiaki.blog63.fc2.com/tb.php/2561-6536e3e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)