船木 芳朗
  • Author:船木 芳朗
  • 感謝の気持ちを常にもって、いつも「ありがとう」と言われる人になれるよう毎日が勉強です。今まで得た知識を一人でも多くの人に伝える事で、人の助けとなり喜んでもらえる事が、世の中に貢献し子孫に注がれていけば幸せです。
  • RSS
船木の音沙汰
船木の感動・思い・考え・伝えたいこだわり情報を・・・・・
リボ払いの沼
「リボ払い」の語源は、英語の「リボルビング」(グルグルと回ること)
その名の通り、一歩間違えるとその場を回り続け、一向にゴールに辿りつかない悪循環に陥る危険を孕んでいる
「月々の支払いがこんなに安いのならって、安易に考えてしまったんです
今思えば、“あの支払い方法”を選んだ瞬間に、私の人生は破滅に向かったのだと思います」

神妙な表情で話すのは、都内在住のパート主婦・Aさん(42才)
建築会社勤務の夫(45才)と高校生の一人息子と暮らす彼女は、家計を任される身ながら、自身のカード払いが原因で一家の財政を破綻させてしまった
「途中から何を買った分の返済をしているのかさえわからなくなり、最後は多重債務状態に陥っていたんです」
そう話すAさんを追い詰めたのは「リボ払い」だった

《お金に関して「もっと早く知っていたら……」と後悔したことはある?》──8月13日、インターネットサイト「マイナビニュース」が、こんなアンケートの結果を公表した
回答した885人のうち、56%が「ある」と回答
そのうち最も多かったのは、「リボ払いの仕組み」に関するものだった。
充分な知識がないままリボ払いを選択した結果、
「莫大な手数料を払い続けている」「利率が高すぎて大変な目にあった」
といった声が多数寄せられたのだという

国民生活センターでも、リボ払いに関する相談が急増している
2006年は197件だったが、2016年には837件と、4倍以上に増えている
CMや広告などでよく耳にするリボ払いだが、実態はあまり知られていない
一体どんな支払い方法なのか
クレジットカード問題に詳しい消費生活評論家の岩田昭男氏が語る
「簡単に言えば、買い物の金額にかかわらず、毎月の支払い額を一定にする仕組みです
一括払いではなく毎月少額ずつ払いたい、という客に向けたサービスです」



例  20万円のバッグを毎月5000円のリボ払いで購入する場合
月々口座からは5000円のみ引き落とされる。だがこの場合、40か月で20万円分の支払いが終わるかというと、そうではない
リボ払いは、支払い残高に対して、年間平均15~16%という利息が発生する。毎月5000円を払いながら、その実、2000円弱は利息分を返しているだけ。元金が一向に減らず、すべての支払いが終わるまでに58か月かかり、合計支払金額は28万7670円になる。
「さらに問題なのは、利用限度額まで何度でも買い物ができてしまうことです
例えばリボ払いの限度額が100万円に設定されている人の場合、20万円の買い物をした後でも残り80万円分の買い物ができる
新たな買い物をするたびに金利も増えていく
そのため、支払期間と総支払金額が雪だるま式に膨れあがっていくのです」
(岩田氏)

ずっと前の買い物の支払いを延々と続けている
冒頭のAさんが陥ったのもまさにこのケースだった
彼女は40才になったのを機に、冠婚葬祭用の礼服を一新することにした
「20代の時に買ったものをお直しをして着ていたんですが、年齢的にもきちんとしたものを、と思ったのです
ただ、百貨店で一式を揃えたら、予算の15万円を超えてしまって…」
(Aさん)
現金が足りず、かといってカードの一括払いの余裕もない
支払い方法を迷っていたその時、店員が勧めたのがリボ払いだった
「毎月の支払い額を5000~3万円まで自由に設定できると聞いて、“これなら”と思いました
5000円なら、私のパート代で充分に支払えますから」
(Aさん)
 後日、送られてきたクレジットカードの明細を見ても、確かに引き落とし額は5000円
この数字を見た瞬間、Aさんの中で静かにスイッチが入った
「ずっと倹約して子供の進学資金を貯めてきたので、長らく自分のための買い物は封印してきました
でも、月にこれだけの額でいいのなら、礼服に合わせる靴も買えるし、古びたバッグも新調できる
同窓会にも新しいワンピースで出席できる。そう思って、いろいろな物を買ってしまったんです」
(Aさん)
Aさんのカードの利用限度額は50万円
すぐにその枠を使いきった彼女は、別のクレジットカードを作り、リボ払いで買い物を続けた
「結局、計4枚のカードを作り、2年間リボ払いを続けました
ある日、ふとカード明細を見ていると、ずっと前の買い物の支払いを延々と続けていることがわかって…
カード会社に電話したところ、私の返済残高が300万円以上になっていたんです」


そこで初めてAさんは事の重大性に気づいた
このままだと、全額返済するまでに何十年もかかる
「夫に打ち明けると、案の定激怒されました。家のことは私に任せてきた人なので、当然です
すぐにカード会社に連絡して支払い方法を変更し、一括で全額返済しました
息子のため、そして自分たちの将来のための蓄えは一切なくなりました」
(Aさん)

 リボ払いしている人は是非読んで見直しを検討してほしいです。

コーチ財布_0
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://sakurahouseyoshiaki.blog63.fc2.com/tb.php/2571-0b5a3ea4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)