船木 芳朗
  • Author:船木 芳朗
  • 感謝の気持ちを常にもって、いつも「ありがとう」と言われる人になれるよう毎日が勉強です。今まで得た知識を一人でも多くの人に伝える事で、人の助けとなり喜んでもらえる事が、世の中に貢献し子孫に注がれていけば幸せです。
  • RSS
船木の音沙汰
船木の感動・思い・考え・伝えたいこだわり情報を・・・・・
クルマ盗難手口「リレーアタック」仕組みと対策
今のクルマは、車両に近づいたりドアノブに触れるだけでドアロックを操作したり、ボタンを押すだけでエンジンスタートできるスマートキーが主流です
そんなスマートキーを狙った新たなクルマの盗難手口が「リレーアタック」
リレーアタックの仕組みと対策について見ていきましょう

リレーアタックは電波を中継する
2017-08-30 車盗難_0.jpg

スマートキーは、車両に搭載されているコンピュータと通信し、正規のキーが近くにあるかどうかを判断
キーから車両へは315MHz帯の電波を常時出しています(車両からキーへは125/134kHzを使用)
信号は暗号化されているため、解読したりコピーするのは困難です
そして、スマートキーから出ている電波はとても微弱で、到達距離は3mもありません
そこで考案されたのが「リレーアタック」という手口です
まず、実行犯Aが車両から離れた正規ユーザーに接近します
携行するスマートキーの電波を特殊デバイスを使って別の周波数に変換し、増幅して送信。車両の近くにいる実行犯Bが、その電波を受信して元の周波数に変換します
対象車は正規のスマートキーが近くにあると誤判断し、ドアを開けたりエンジンをかけられたり…
電波を中継=リレーして犯行に及ぶというわけです

リレーアタック対策は電波の遮蔽

リレーアタックで電波を別の周波数に変換するのは、そのままだと増幅した電波を自分がまた増幅…いわゆる発振してしまうのを避けるため
デバイスの入手が容易な140~150MHz帯か、400~500MHz帯に変換されると推察されます
リレーアタックで盗難された車にはキーが無いので、1度エンジンを止めたら再スタートは不可能
犯人のアジトまで移動したら、盗難車のコンピュータごと交換するのでしょう

リレーアタック対策としては、クルマから離れたらスマートキーの電池を抜けばOKです
ただ、それは面倒なので、市販のスマホ用電波遮断ポーチなどにスマートキーを入れるのが現実的でしょう

 今から20年、マンション内のガレージに置いていた車が盗難されました
その車がこのセルシオ
セルシオ1.jpg
タイヤとホイルに100万円ほど掛けて交換していたのですが・・・・・
それが盗難にあうきっかけになってしまってました。
1ヶ月後、タイヤとホイルを外され、ブロックの上にのせた状態で見つかりましたが・・・
外観・内部に指紋を消すために消火器をかけられ、無残に真っ白な状態で発見されました
保険を掛けていたので、保険金がおりて新型のセルシオに
セルシオ2.jpg

盗難にあったお陰???で、乗り換える事が出来ました。
盗難にあってすごく時した話でした
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://sakurahouseyoshiaki.blog63.fc2.com/tb.php/2574-a2f7b6e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)