船木 芳朗
  • Author:船木 芳朗
  • 感謝の気持ちを常にもって、いつも「ありがとう」と言われる人になれるよう毎日が勉強です。今まで得た知識を一人でも多くの人に伝える事で、人の助けとなり喜んでもらえる事が、世の中に貢献し子孫に注がれていけば幸せです。
  • RSS
船木の音沙汰
船木の感動・思い・考え・伝えたいこだわり情報を・・・・・
貧乏彼氏と結婚するべき? 大成するタイプの見究め方
気になるお話が・・・

「月収ではなく、仕事への向き合い方を見て」

「夢を追いかけている彼は大好き……だけど、金なさすぎ!」そんな貧乏彼氏との未来に迷いを感じている方も多いのでは

そこで今回は、月収6万円(当時)のバンドマンと結婚し、稼ぎ頭として夫と娘を支える犬山紙子さんに「貧乏男」との幸せな結婚についてズバリ聞きました
犬山家ではベーシスト兼漫画家の夫・劔樹人さんが主夫業を担当し、犬山さんは一家の稼ぎ頭という役割分担をされているそうですが、こういった形態になったきっかけはなんだったのでしょうか

実は私、ずっとお金持ちの男性が苦手だったんです(笑)
今はそんなことないのですが、自分が若い頃に出会ったリッチな男性たちが往々にして「女は家にいて家事をするのが当たり前」「妻の仕事は育児と子育て」みたいな封建的な考え方の人ばかりで
そしてそれを自分に押し付けられたらたまらないとずっと思っていたんです
その後、そんな感じじゃない、対等な関係でいられるお金持ちの男性の友人と出会うので、「すごい偏見だったな」と思うのですが 
加えてこれは自分の性質の話ですけど、相手にお金を払ってもらうのが本当に苦手
おごってもらった分何も返せないけど……って思って、変に相づち打ちまくったり、料理を取り分けてみたりしてしまう
そうしていないと、お金を出した相手と自分とのバランスが取れない感じがして、気を使ってしまうんです
すると、その時間が全く楽しくなくなる(笑)
別にそこまでプレッシャーを感じることはないと分かったのは、自分が人におごるようになってからです
「あ、おごるほうも気持ちいいんだ」って気が付いて。お金をちゃんと稼いでなかったから、逆に恐縮し過ぎていたのかもしれません
だから、そもそもお金持ちの男性とお付き合いをするって経験がほぼ皆無でした
私は、稼げているかどうかは別にして、お金を稼ぐのが楽しいので、自立心とかそういう立派なモンから稼ぎ頭になったわけではないんです
それと、本当に本当に家事が嫌いなので、苦手なこと、嫌なことをやらないために今のようなスタイルになったということですね(笑)
それも、押し付けるというよりは好きでやってくれる人を見つけるという

まだメジャーとはいえない犬山さん夫婦のスタイルに対して、周囲の反応はどのようなものでしたか

気を使われているのかもしれませんが、「めっちゃいいね~」という反応がほとんどですね
つるちゃん(=夫の劔さん)も献身的過ぎるくらい率先して家事・育児をやってくれていますし、本当に助かっています
だから、やりたいように好きな仕事をさせてもらっている私にはメリットだらけなんですけど、逆に夫のほうには「奥さんのお金で食べさせてもらってるんでしょ」みたいな風当たりがあるみたいで……
でもつるちゃんが家事をしてくれているからこそ私が仕事をできているわけで、「私の稼ぎ」じゃなくて、あくまで「二人の稼ぎ」なんですよ
あと周囲の目だけでなく、稼いでいる側は関係性においてパワーを持ちやすい
それは、稼ぐ側が相手に敬意を持っていたとしても、家事に専念するほうは「結局自分は稼いでいないから」と自ら一歩下がってしまいがちだったりもして
稼いでくるほうが勘違いして、そこにあぐらをかくのは絶対ダメだし、パワーを持ちやすいことを自覚していなければいけない
だから社会に対しても、家事を担当してくれるパートナーに対しても、稼いでくるほうが丁寧に「二人の稼ぎだよ」って説明し続けないといけないなと思います
相手が少しでも「稼いでもらっている」と思ってしまったら、それは稼いでくる側の責任だと思うんですね

楽しそうに仕事の話をする人は、貧乏でも大丈夫

以前の記事「アラサーは自虐より成長に目を向けて」で、出会った当初の劔さんの月収が6万円だったというお話がありましたが、自分が稼ぐ前提であれば、相手の年収も気にならないですか

いや、でもさすがに6万円って聞いたときは「あれ……大丈夫かな」と思ってしまった
今はもう少し稼いでいますけど、普通の女の子だったら「えっ……」となって当然じゃないかな(笑)
結婚となると、奇麗事じゃなく二人が生活していくだけのお金は必要ですから
将来を考えている相手であればなおさらお金のことは気になるでしょう
でもですね
長い目で見たときに大事なのは、今の年収ではなく、パートナーの仕事への熱意や向き合い方だと思います
「稼ぐ」「もうける」っていう視点で彼を見るのであれば、楽しそうに仕事をしている人は、今の稼ぎが少なくても、どんどん枝葉を広げるからたぶんそのうち大成すると思うんです
だから、毎日うれしそうに仕事の話をしてくれる人だったら、今貧乏でもいいって私は思うんです
あ、浪費グセと借金さえなければね


逆にいくらお金持ちだったとしても、仕事の愚痴しか言わないような人なら、考え直したほうがいいかも
つるちゃんも、稼ぎは少なかったけど仕事が好きっていう気持ちがあふれ出てたので、全然心配ではなかったんですよ
今でも「私は今は大黒柱ってことになってるけど、そのうち状況によって変わったりするだろうなあ」って思っています
とはいえ私は我が強いしやっぱり仕事が大好きなんで、ものすごいお金持ちと結婚していたとしても、絶対に仕事は続けていたでしょうね
そうなったら自分の働いたお金で家事を外注すればいいだけで、別に家事はどちらかが必ず負わなくちゃいけないものではないですから
つるちゃんの仕事がいよいよ忙しくなったら、また私たちの関係もアップデートしていくと思います

 夫婦になる事でお互いが良い方向に行くならすごく良い事だと思います。
世間的にどう見えても、その人たちが良かったら・・・
こんな夫婦が沢山出来れば嬉しいですね

  2017-08-31彼氏_0.jpg
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://sakurahouseyoshiaki.blog63.fc2.com/tb.php/2575-7fcb51e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)