船木 芳朗
  • Author:船木 芳朗
  • 感謝の気持ちを常にもって、いつも「ありがとう」と言われる人になれるよう毎日が勉強です。今まで得た知識を一人でも多くの人に伝える事で、人の助けとなり喜んでもらえる事が、世の中に貢献し子孫に注がれていけば幸せです。
  • RSS
船木の音沙汰
船木の感動・思い・考え・伝えたいこだわり情報を・・・・・
阪神・掛布2軍監督が今季限りで電撃退任!
YAHOOニュースを見てビックリ
阪神・掛布2軍監督が今季限りで電撃退任
   2017-09-10掛布_0.jpg

タイガースファン、掛布ファンには、驚きのニュースです
若手を育てる、ファンを集める・・・には、
金本監督の間は、2軍監督をしてくれると思っていたのですが・・・残念
寂しい思いと残念な気持ちでいっぱいです

掛布2軍監督

掛布2軍監督は、故・中村勝広GMから「若手打者を育てて欲しい」という要請を受け2013年の秋季キャンプから、ゼネラルマネジャー付育成&打撃コーディネーター(DC)として若手の育成にかかわり、2015年オフに金本監督の誕生と同時に2軍監督に就任
現役引退から28年ぶりにユニホーム復帰していた
 
掛布2軍監督は、金本監督の「超変革」を2軍から支える形で、この2年間で多くの若手を1軍へ送りだした
今季19本塁打の中谷将大、代打の切り札となっている伊藤隼太は、DC時代からスポンジボールを使いホテルの部屋でマンツーマンで教えてきた“元祖掛布チルドレン”
2015年のドラフト1位、高山俊は、スタートの1か月をファームのキャンプで預かり、新人王への土台を作り、昨年、育成からブレイクした原口文仁も4番で使い続けて金本監督に1軍昇格を推薦した

また若手だけでなくベテランの再生やモチベーションアップにも力を貸し、大和のスイッチ転向をバックアップ、西岡剛や糸井嘉男のリハビリ組などもサポートした
2軍に落ちてきた藤浪晋太郎に対しても個人面談をするなど、その復活を内面からフォローしていた

ミスタータイガースの背番号「31」が復活したことで新旧の阪神ファンが沸き、鳴尾浜の2軍戦は満員札止めが続き、甲子園で行われた2軍戦では、異例とも言える1万人を超えるファンがかけつけた

球団は、今後も掛布2軍監督の持つ見識や、野球理論をチームに還元してもらいたいとの考えで、坂井オーナーの阪神の功労者を大事にしたいという強い希望もあってオーナー付きの相談役としてチームへの残留を要請する考え
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://sakurahouseyoshiaki.blog63.fc2.com/tb.php/2584-558b4f3d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)