船木 芳朗
  • Author:船木 芳朗
  • 感謝の気持ちを常にもって、いつも「ありがとう」と言われる人になれるよう毎日が勉強です。今まで得た知識を一人でも多くの人に伝える事で、人の助けとなり喜んでもらえる事が、世の中に貢献し子孫に注がれていけば幸せです。
  • RSS
船木の音沙汰
船木の感動・思い・考え・伝えたいこだわり情報を・・・・・
31歳デザイナー転職 40代以降も働ける仕事を探す
 気になった記事

           2017-09-13デザイナー1_0.jpg


新卒で大手メーカーの広告部でパッケージデザインを担当し、ヒット商品も手掛けるなど、順調にデザイナーとしての道を歩み始めた杏子さん(仮名、31歳)
しかし、入社2年目には「転職をしたい」と思い始めていたといいます
大手メーカーから小規模なデザイン事務所に転職をした杏子さんに、デザイナーならではの転職ストーリーを聞きました

大手メーカーでパッケージデザインを担当していた杏子さん
周囲のデザイナーたちの仕事の姿勢や雇用形態などに違和感を感じ始めていた頃、彼との結婚話が持ち上がった
「結婚準備も大変だったので、転職は結婚後、落ち着いてからにしよう」と心に決め、そのときまでにスキルアップしておきたい、とさまざまなデザインワークショップや勉強会、研修に参加していた

本格的に転職活動を始めたのは、30歳のことだった

転職活動を始めた杏子さんがまずしたことは、いくつかの転職エージェントに登録すること

まずは、大手の転職エージェント数社に登録してみたという
しかし、転職エージェントからはあまりいい情報は得られなかったようだ
「一般のエージェント会社にも、クリエーティブを専門にしているというサービスにも登録しました
結婚直後だったので、深夜残業が続くような仕事は避けたかったし、前職の収入から大幅に下げたくもなかった
でも、エージェントからはその条件では仕事はないですよ、という感じで……」

担当してくれたエージェントはデザイナーの転職事情にそれほど詳しくない様子だった
そこで、転職情報サイトをチェックしたり、デザイン専門誌やデザイナーに特化した求人サイトで情報収集したりして、自分で仕事探しをしていったという
当時、杏子さんの希望は、今までやってきたパッケージデザインではなく、本や絵本の装丁や映画のパンフレットなどの印刷物のデザインだった
「7年間もパッケージデザインをやってきたので、別ジャンルのデザインをやってみたかったのです」
求人情報を探しつつ、仕事の合間を縫って、ポートフォリオを作成した
ポートフォリオとは、過去の制作物をまとめた作品集のようなもの
一般的な転職活動時に作成する職務経歴書に当たるものだ
その際、参考になったのが、同業のデザイナーたちからのアドバイスだった
「最初はクリアファイルに入れただけだったのですが、『クリアファイルは通らないよ』と言われて、慌てて製本したポートフォリオをつくりました」
このときに役立ったのが、外部のワークショップや勉強会に参加した際に知り合った同業の友人たちだった
「デザイナーの友人たちからは、デザイン事務所の評判から履歴書の写真の撮り方、面接時のファッションまで、さまざまな転職アドバイスをもらえて、とても助かりました」と話す
ポートフォリオも準備し、これはと思う求人を見つけては応募していた杏子さんだったが、やはり新しいジャンルの仕事はなかなか決まらなかったという
そうした中で、パッケージデザインの仕事ではあったが、少し気になったので応募してみた
それが、今勤めている会社だ

「応募してみたら、『郵送でポートフォリオを送ってください』とさらっとメールで返事が来たのです
これまでの転職活動では、ポートフォリオに使う紙の質などにもこだわって、現物を送って応募していたのですが、このときは転職活動を応援してくれていた夫が『とにかく早く送ったほうがいい』と言うので、急いで準備して、メールでポートフォリオのデータを送り返してみました
すると、これまたすぐに『面接に来てほしい』という連絡が入ったのです」


前職とは全く違う、小さなデザイン事務所

実物のポートフォリオを持参して面接に赴くと、営業担当が社長ともう一人、あとはデザイナーが約10人という小さなデザイン事務所だった
パッケージデザインだけでなく、広告や販売方法を含めた提案によりヒット商品を生み出すなど、多くのクライアントを抱えていた
杏子さんは「残業もそこまで多くなく、結婚している私も仕事と家庭を両立しやすそうだと感じました。社長もとてもいい方で、『お給料も前職より上げますよ』と言ってくれたので、こちらに決めました」
この事務所では、定年などで辞めたデザイナーが複数いたために、5年ぶりに募集を行ったということで、杏子さんと共にもう一人が採用されたという
「両立しやすそう」というのも一つの決め手となりました 
40代になっても続けられるキャリアを探して
「デザイン事務所によっては、若いデザイナーを酷使して使い捨てにするようなところもあるのですが、今の事務所には40代以上の社員もいますし、何より定年まで働いた人がいるというのは心強いですね
私も長く働けそうだなと、そこに魅力を感じました
結婚して30代を迎えて、妊娠や出産についても考え始めています
そうしたライフイベントをふまえて自分のキャリアを考えると、長く働き続けられそうな職場を選びたいなと思いました
今は、イラストを描くなど、新たな仕事にも挑戦できて楽しいです」
と話す杏子さんは、30代の転職に満足げだった

 将来設計を考えての行動素晴らしいと思います。
こんな人がさくらハウスにきてくれないかな~
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://sakurahouseyoshiaki.blog63.fc2.com/tb.php/2588-13d6e1b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)