船木 芳朗
  • Author:船木 芳朗
  • 感謝の気持ちを常にもって、いつも「ありがとう」と言われる人になれるよう毎日が勉強です。今まで得た知識を一人でも多くの人に伝える事で、人の助けとなり喜んでもらえる事が、世の中に貢献し子孫に注がれていけば幸せです。
  • RSS
船木の音沙汰
船木の感動・思い・考え・伝えたいこだわり情報を・・・・・
工藤監督、日本一の独占手記
ソフトバンクの日本一で2017年 プロ野球は終わりましたが

こんな記事を発見

背中押してくれた広岡達朗さんからの電話

昨年は優勝を逃した
今年の年明け
プロ入りから4年間、西武監督としてお世話になった広岡達朗さんから電話をもらった
「お前のやりたいようにやればいい
信じてやればいいよ」と背中を押してもらった
思うようにやってダメなら、責任を取る覚悟はできている
でも、昨年に結果が出なかったからといって、尻込みするのは嫌だった
自分の信じるものがダメなら、監督に向いていなかったと諦めるしかない
それでいい」


DeNAはセ・リーグ3位「勝って当たり前」と思われるプレッシャーは、やはり大きかった
でも、ずっとプレッシャーを感じ続けるのが、ずっと強くあり続けるチーム
私は西武時代に経験したけれど、今のソフトバンクの選手にも味わってもらいたかった
実際に戦ったDeNAは、投げ込んでくる1球は思い切ってくるし、打つ方も思い切って打ってくる
心のどこかに「第7戦までもつれるんじゃないか」というのがあったのは事実だ
試合後、ラミレス監督と握手して「素晴らしいチームをつくられましたね」と伝えた
本当に強かった

現役時にお世話になり、恩師でもある王会長に監督として呼んでいただいた期待に、少しは報いることができたなと感じている
ひとつの目標に向かって、ファンも選手もひとつになって戦うという今年に懸ける思いを「1(ワン)ダホー!」のスローガンに込めて戦ってきた
ファンと選手がひとつになって勝ち取った優勝、日本一
本当に幸せ者だ
来年もその先もずっと、この喜びをファンの皆様と一緒に味わえるよう頑張っていきたい
(ソフトバンクホークス監督)

     2017-11-04ソフトバンク優勝_0.jpg


◆工藤 公康(くどう・きみやす)1963年5月5日、愛知県生まれ
54歳
名古屋電気(現愛工大名電)高から81年ドラフト6位で西武入団
86、87年日本シリーズMVP
94年オフにダイエー(現ソフトバンク)、99年オフに巨人へFA移籍
2007~09年は横浜、10年は西武でプレーし、所属がなかった11年に引退
14年オフにソフトバンク監督に就任し、1年目の15年にリーグ優勝と日本一
昨季はリーグ2位でCS最終S敗退
左投左打
年俸1億円
  
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://sakurahouseyoshiaki.blog63.fc2.com/tb.php/2636-86a02491
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)