船木 芳朗
  • Author:船木 芳朗
  • 感謝の気持ちを常にもって、いつも「ありがとう」と言われる人になれるよう毎日が勉強です。今まで得た知識を一人でも多くの人に伝える事で、人の助けとなり喜んでもらえる事が、世の中に貢献し子孫に注がれていけば幸せです。
  • RSS
船木の音沙汰
船木の感動・思い・考え・伝えたいこだわり情報を・・・・・
野球人生の岐路に立つ 「松坂世代」
今季でソフトバンクとの3年契約の3年目が終了となる松坂大輔投手(37)が、今季限りで退団することが分かった

2017-11-05 松坂大輔2_0.jpg


球団側は契約延長も認める姿勢だったが、松坂が自由契約を希望したと見られる
1か月ほど前には現役続行を口にしたばかり
急転、何が起こったのか
舞台裏を探ると、このまま引退はせず、米球界再挑戦の可能性も浮上してきた
今季で3年契約の3年目が終了する松坂は、推定年俸3年12億円の大型契約で入団しながら右肩痛に泣かされ、一軍登板は昨季の1試合のみに終わっていた

それでも球団側は
「あれほどの選手。むげに扱うことはない」
と松坂の意思を尊重する方針で、本人が望めばラストチャンスを与えるつもりでいた
そして、松坂自身も9月26日に「契約してもらえるなら、ありがたいですし、僕としてはもう一度、マウンドに立ちたい
たとえ(ソフトバンクに)契約してもらえない形になっても、あきらめずにリハビリをやっていきます」と現役続行への強い意欲を示したばかり
だがその後、球団との話し合いを重ねた結果「退団→自由契約」という結論に至ったと見られる
松坂はすでに使用していた野球道具などを若手選手らに配るなど“身辺整理”を始めており、球団内には衝撃が走っている
一体、何があったのか
松坂の現役続行をサポートする球団側の姿勢に変化はないため、一方的に戦力外を通告したわけではない
「引退」ではなく「自由契約」の形を取るのは「もう一度マウンドに立ちたい」という強い思いをかなえるため
ただ、大スターとはいえ故障を抱えている来年38歳のベテランだ
国内他球団が戦力として獲得に乗り出す可能性は低く、米球界再挑戦が浮上してくる
米球界にコネクションがあり、来春のメジャーキャンプに招待選手として参加することは可能だろう
家族も米国に滞在しており、この3年間のような単身赴任となることもない
たとえ、メジャーリーグがダメでも、米国には独立リーグも多数存在している
では松坂はどんな思いで退団を決断するに至ったのか
コーチと兼任する形での現役続行オファーされていたとみられ、条件面で折り合わなかったことが要因であることは間違いない
しかし、きっかけとして昨年11月に参戦したプエルトリコのウインターリーグでの経験があった可能性もある

松坂はつい先日の10月末、退団を決意していたはずの時期に、本紙にこんなことを明かしている
「(ウインターリーグは)僕も経験したことがなかったので
一度経験したいと思って行ったんです
いい経験でした。若い選手は機会があれば行ってみるのもいいんじゃないかと思います
(行く意義は)行ってみて初めて分かる。まあ行ってみたら分かりますよ!」

そして「今年は行くのか?」との問いに
「今年はないです! でもまあ、だいぶ投げられてきたので分からないですけどね。今のところはないです」
と、考え込みながらも笑顔で語った
松坂にとってはこの3年間、苦しいことばかり
周囲の期待も大きかったからこそ、世間の逆風にもさらされた
根っからの野球好きが、その野球で見られるストレスにも苦しんだ
そんな松坂が久しぶりに純粋に野球を楽しめたのが、あのウインターリーグでの日々だったのか
ソフトバンクでは活躍できなかったが、元祖・平成の怪物は、まだまだユニホームを脱ぐつもりはない
わずかな可能性のある限り、再び海を渡りボールを投げ続ける

「松坂世代」が瀬戸際に追い込まれている
今オフに巨人の村田と実松、広島・梵、DeNA・久保康、西武・渡辺直が戦力外通告を受けた
西武・上本、広島・江草は引退を決断
世代の旗頭だった松坂自身もソフトバンクの来季戦力構想から外れ、今季限りでの退団が報じられた

西武から戦力外通告を受けた木村昇も「松坂世代」の1人
西武第2球場に隣接する室内練習場で連日汗を流す
15日に開催される12球団合同トライアウトの受験を決めた
「あぐらをかいて他球団からオファーを待つ立場じゃない
37歳の年齢がネックになるかもしれないけど、“全然動ける、打撃の反応もいい”と思ってもらえるかもしれない
野球が大好きだし、まだできると思っているから」
引退の2文字が脳裏をよぎることはなかった
昨年6月に右膝全十字じん帯断裂の大けがを負ったが、患部に不安はないという
同世代の中で異質の野球人生
02年ドラフト11位で横浜(現DeNA)に入団
07年シーズン途中に広島にトレードされた
15年オフにFA宣言も1カ月以上獲得球団が現れず、テスト入団で西武に移籍した
波瀾万丈な生き方
世間からは「無謀」とバッシングも受けた
心が折れなかったのか。「会ったことない人から(インターネットで)叩かれる
でも、厳しい言葉も叱咤激励と受け止めている
言われるうちが華だから、ありがたいと思わないと
(ドラフト)11位でしょ
上を向くしかないから」と笑う
記者も同学年だが、心の芯が本当に強い選手だと感心させられた

世間で37歳は働き盛りだが、新陳代謝が激しいプロ野球界ではベテランと呼ばれて野球人生の岐路を迎える
プロで15年間生き抜いてきた木村昇は同世代への特別な思いを口にする
「他の学年に比べてここまで多くの選手がプロの世界で生き残っているのが稀でしょう
(松坂)大輔に引っ張られて、和田、(村田)修一と大きな軸がいる
僕はレギュラーを獲ったことのない端くれ
でも松坂世代でひとくくりにされるのがうれしい
お互いの道は違うけど、気になる
オレも頑張ろうって思う」

互いが切磋琢磨してプロの世界で戦い続けた「松坂世代」
もう一花咲かせてほしいと、心から思う
2017-11-05 松坂大輔1_0

あれだけ世間を騒がせたスターでさえもいつか迎える 「引退」 松坂世代の選手も引退の危機になる時代になってきたんですよね・・・
すごく寂しい気持ちになります。
プロ野球選手は、35歳を超えると 「戦力外」 「自由契約」 「任意引退」 など選手生命を揺るがす事がどうしても起こりますよね。
どうにもできない宿命ですが・・・

建築・不動産業でも、サラリーマンであれば、40歳ぐらいで同じような事が起こります。
そんな事を不安に思わず仕事出来る環境にある現状は幸せです
「引退」・・・はこの仕事をしなくなる時。
80歳過ぎてもするぞ~~~
っと気合を入れ
長く仕事していきたい。
っと思う今日このごろです
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://sakurahouseyoshiaki.blog63.fc2.com/tb.php/2637-49f362a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)