船木 芳朗
  • Author:船木 芳朗
  • 感謝の気持ちを常にもって、いつも「ありがとう」と言われる人になれるよう毎日が勉強です。今まで得た知識を一人でも多くの人に伝える事で、人の助けとなり喜んでもらえる事が、世の中に貢献し子孫に注がれていけば幸せです。
  • RSS
船木の音沙汰
船木の感動・思い・考え・伝えたいこだわり情報を・・・・・
意外と多い“待機電力”を減らす方法
いまや日本中に広まった節電の習慣
会社ではエアコンを控えたり照明を抑えたりと積極的に取り組んでいるけど、個人では何から始めたらいいのかわからない、という人も多いのではないでしょうか
そこで今回は、意外と見落としがちな「待機電力」をキーワードに、身近な節電について専門家に伺ってみました

意外と多い“待機電力”を減らす方法

「近年は家電メーカーの努力もあって、待機電力は減少傾向にあります
それでも、現在の待機電力は、家庭の年間総電力消費量の6%ほど
決して無視できる数字ではありませんよね
機器別の待機電力量を見ると、給湯器やレコーダー類、温水洗浄便座などがワーストとなりますが、これは保温やタイマー機能を利用するには電源を落とすことができないもの
しかし、このようにやむを得ないものを除いては、使用しないときはコンセントから抜くように心がける必要があります
こまめにやれば、目に見えた効果が出ますよ」

(財団法人省エネルギーセンター野尻雅人さん)

使わないときはコンセントから抜く
たしかに効果は大きそうですが、毎回すべてをコンセントから抜く、というのはやっぱりちょっと難しそう

ぼくは家でしていますよ

意識すべき優先順位ってあるのでしょうか

テレビやオーディオなどリモコンで操作する家電は、リモコンでオフにするのではなく主電源を切るようにするだけでも効果的です
また、忘れがちなのは携帯電話や携帯ゲーム機、一部の掃除機など充電して使う機器
ACアダプターで充電するタイプのものは、充電が終わっても電力を消費し続けるんです
充電が完了したらコンセントから抜くようにしてみてください
また、パソコンまわりはモデムやモニター、プリンターなど待機電力の大きい機器がそろっています
こちらもスイッチ付き電源タップなどを使って、使用しないときは一括してオフにするといいでしょう」
(財団法人省エネルギーセンター野尻雅人さん)

これも僕はしてますね~

その他、最近の家電に搭載されている時計表示オフなどの省エネモードも効果的だとか
充電機器とパソコンまわり、そして節電機能の活用
一見小さなことのようですが、みんなでやればきっと大きな力になるはず

僕も eco になる事は自らしていますし、
家計にもやさしい節電習慣、
お金の節約が出来て、地球の eco 活動にもなり、気分もいいですよ
皆さんも直ぐ出来るので、是非 <節電> してくださいね
身につけたら、必ず特すると思いますよ

外LED




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://sakurahouseyoshiaki.blog63.fc2.com/tb.php/555-df0803c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)