船木 芳朗
  • Author:船木 芳朗
  • 感謝の気持ちを常にもって、いつも「ありがとう」と言われる人になれるよう毎日が勉強です。今まで得た知識を一人でも多くの人に伝える事で、人の助けとなり喜んでもらえる事が、世の中に貢献し子孫に注がれていけば幸せです。
  • RSS
船木の音沙汰
船木の感動・思い・考え・伝えたいこだわり情報を・・・・・
ディーゼルに危機! クリーンディーゼルでも将来性はガソリンより厳しい
クリーンディーゼルはガソリンよりもクリーンというわけではない

2017-08-09_0.jpg

ディーゼルエンジンは、軽油を自己着火させるシステムです
ガソリンを点火着火させるガソリンエンジンと違いがあります
自己着火させるためには、燃焼室内に高い圧力と温度が必要になるので、エンジンの圧縮比が高くなります
それが要因となって、高トルクや低燃費といったメリットと同時に、エンジンのノイズや振動の大きさ、高回転まで回らない、そしてPM(粒状化物質)やNOx(窒素酸化物)が出やすいというようなデメリットがあります

世界的なEVシフトの中に潜むもっとも危険なこと

黒い煤を大量に吐き出しながら、ガラガラと盛大な音を立てて走るトラックを、30年くらい前は良く見かけました
とくに日本国内ではトラックのハイパワー競争もあり、さらにチューニングされたトラックもあって、そうした状況はかなり激しかったのです
大きな変革があったのは1990年代に入ってからです
高圧の燃料噴射システムが採用され始め、燃焼を細かく制御することが可能になりました
ガソリンエンジンでは、吸気量と燃料噴射量と点火タイミングで燃焼状態を変化させることができますが、ディーゼルエンジンではそのすべてが基本的に燃料噴射で決まります
高温下の燃焼室内に燃料を噴射することで燃焼が始まるディーゼルでは、極めて短い時間に噴射する必要があり、その精度を高くするには高圧の噴射が必要でした
コモンレール式というのは、その高圧燃料噴射システムのひとつです
その登場によって、PMやNOx、ノイズや振動を抑えることができる環境が整ったわけです
ヨーロッパでは5年ほど前まで、ディーゼルエンジンが新車の半数以上を占めてきました
その要因のひとつは、カンパニーカー制度が存在したからです
企業が社員のクルマを用意・提供するシステムで、一般的に車両価格ではなく、クラスが指定されます
つまりVWパサートとなった場合、ガソリンでもディーゼルでもどちらでもいいわけです
燃料代は自分持ちですから、車両価格が高くてもディーゼルを選ぶのが論理的ですよね
そういう前提でディーゼルが多かったわけで、決してガソリンよりもディーゼルが好きで選んでいたわけではないのです

現在はディーゼルのシェアは30%台に落ちていますし、そもそも個人所有車では10%程度だったのです

日本では、最近のディーゼルはクリーンディーゼルと呼ばれています
これはかつてとても有害成分が多かったディーゼルが、ガソリンエンジン並みのレベルに到達した、ということです
ただ現実的には、ガソリンエンジンのほとんどは規制値の4分の1以下になっているので、ディーゼルは4倍の有害成分を排出している、といっていいかもしれません
つまりガソリンエンジン並みにクリーンになったわけではなく、ひと昔前のディーゼルエンジンよりはクリーンになった、ということです。
これからディーゼルエンジンは、かなり辛い状況になっていくことが予想されています
それは排出ガス規制がどんどん強化されていくことが想定されているからです
燃焼の制御を考えるとディーゼルは不利で、さらに規制値が厳しくなっていくと、それは最終的にコストや燃費に跳ね返ることになります
たとえばマツダのスカイアクティブDのようにNOx吸着触媒を使わずに、コストと燃費メリットを大きくしているメーカーもありますが、今後規制が厳しくなればシンプルなシステムでクリアするのは難しくなっていきます
ヨーロッパの大都市では光化学スモッグの発生も問題になっていて、直接的な健康被害が出ています
それで都市部へのディーゼル車の乗り入れ制限が検討されています
燃費が良い=CO2排出量が少ないことがディーゼルのアピールポイントではありますが、そんなことより直接的な健康被害のほうが優先されるのは、当然のことです
また自動運転などの制御にとっても、レスポンスの悪いディーゼルエンジンはあまり都合が良くありません
そう考えるとディーゼル乗用車に乗れる時代は、もうすぐ終わりに近づいているのかもしれません

 おどろきの内容でした・・・
今度はディーゼル車にしようと思っていたのですが、再度検討しないと・・・
2016-08-29 ミニ クラブマブログ.jpg

ジャガー 「Eペイス」
大好きなジャガーから気になる車が・・・
ジャガーが、新型コンパクトSUV「Eペイス」をワールドプレミアした

2017-08-01Eスペース1_0.jpg

2017-08-01Eスペース2_0.jpg

英国では2017年の終盤に販売が開始され、価格は2万8500ポンド(約419万円)から設定される

さらにワイド&ローなスポーティスタイル

Eペイスのボディサイズは、全長4395×全幅1984×全高1649mm、ホイールベース2681mm。
デザインは、ひと目でジャガーとわかる特徴を備えつつ、ブランド初のSUV「Fペイス」との違いを識別できるもの
なかでも特徴的なのは、アーチを描いたルーフや17~21インチサイズまで設定される大径ホイール
ヘッドライトやリアコンビネーションランプも、Eペイス独自の形状を用いている

インテリアについては、手触りの良い素材を用いて上質な空間を演出している
ダッシュボードやドアグリップ、センターコンソールは表皮にレザーを用い、縁取りにはステッチ処理を実施
ドライバーと乗員が心地よさを感じられる雰囲気が追求されている

2017-08-01Eスペース3_0.jpg

最新の“インジニウム”ガソリン&ディーゼルを搭載

パワートレインは、2リッターガソリンおよびディーゼルの“インジニウム”エンジンを用意する
ガソリンは249ps仕様と300ps仕様の2種類
ディーゼルは150ps、180ps、240psの3種類を揃える
トランスミッションは9速ATと6速MTを選ぶことができ、駆動方式も4WDと2WDをラインアップするなど、バリエーションが豊富だ

“アクティブ ドライブライン AWD”と呼ばれる4WDシステムは、通常は前輪のみを駆動し、必要に応じて後輪にも駆動力を送るオンデマンドタイプのシステム
安定した路面ではFFで走行することで燃費をセーブしつつ、滑りやすい路面では瞬時に後輪に駆動力を配分して安定性を高める

サスペンションには、減衰力連続可変式のアダプティブダンパーを採用する
こちらは100回/秒ごとに減衰力を変化させ、常に最適な乗り心地を実現
ロールの抑制にも貢献するという
また、ジャガー・ランドローバー独自技術でスリップしやすいコンディションで安定した走りをサポートする「オール サーフェス プログレス コントロール」も搭載する

 大好きなジャガーにこれだけコンパクトで魅力的な車が・・・
メーターはすべて浮かび上がるタイプ・・・


2017-08-01Eスペース4_0.jpg

シートはホワイトの革貼

2017-08-01Eスペース5_0.jpg

パノラマサンルーフを装備

2017-08-01Eスペース6_0.jpg

ほしい装備がすべて付いている

SUVは好きではないのですが、これだけ魅力的な車ならちょっとほしい~~~っと思います。
FIAT 500C GUCCI の次はこれなか・・・

テスラ モデル3
EV専門メーカーで人気のテスラ
テスラ モデル3がエンジン車を脅かす日

      2017-08-01テスラモデル3.jpg

まるで明日にでもドカン
と普及するかのような勢いをみせる今のEVこと電気自動車
2040年にフランス政府に続いてイギリス政府が全ガソリン&ディーゼル車を販売中止にするとか、
ドイツも2030年をめどに同様の決議を可決したとか、
ボルボが2019年から全モデルを電動化するとか

最近ヤケに大胆かつ過激なEV普及未来予想図が並んでいます

しかし、その命運を左右する最初のキーファクターは7月28日に北米でデリバリーが始まった「テスラ モデル 3」でしょう

1台3万5000ドル(約390万円)からとテスラEVとして破格に安い上、航続距離345km
初期受注はいきなり世界37万5000台で、これが順調に納車されれば、現状年販5万台強の「日産 リーフ」を軽く抜き、世界EVセールスのトップにダントツで躍り出ることになります
これが全米のみならず欧州、中国、日本で売れたらクルマのピュア電動化は急激に現実味を増すでしょう
オセロゲームで白が黒にひっくり返るように内燃機関カーがイッキにEVに生まれ変わるのかもしれません

大量普及で問題になるのはサービス体制だ

が、小沢はそうカンタンに行くとは思っておりません
充電問題などいくつか試練があり、中でも今注目しているのはサービス体制
おそらくモデル3のクルマとしての出来はかなりいいはずです
現行テスラの「モデルS」や「モデルX」を見れば、デザイン、走り、クオリティの高さはある程度想像つきます
価格は約半分でサイズも小さめ、クオリティも多少は落ちるでしょうが、決して悪くはないはず
それより最大の問題はサービス体制であって、重要性が格段に増します
要するにモデル3のような400万円級のコンパクトEVとなると、客層が極端に変わるのです
ぶっちゃけ日産リーフや「BMW i3」はもちろん、同クラスのガソリン車と張り合う存在になり、ユーザーはこれまでと同様のサービス体制や保証、リセールバリューを求める可能性が高くなるのです
今までのテスラは1000万円級のユニークかつレアでプレミアムなEVしかなく、客はインテリ度が高く、包容力のあるチャレンジャーばかりでした
ですから日本でも、東京・名古屋・大阪の3か所の販売やサービス拠点で十分だったのかもしれません
しかしモデル3が普及するとなると、今までとは次元の違う“フツーの自動車客”がなだれ込みます

日本のサービス拠点&体制の今後にも要注目


当然、テスラも対策を打ち出しており、既存の充電サイトを拡張し、現状世界に5400か所以上あるスーパーチャージャーを年内には1万か所、普通のディスティネーションチャージャーも倍にすると宣言しています
アフターサービスもキャパシティを3倍! 独自のモバイルサービスを充実させると言います
さらに聞いて驚きましたが現状テスラは「故障の9割がソフトウェアアップデートで直っている」とのこと
これは既存の自動車界では前例のないことです
(※テスラによると、今年、世界でモバイルサービスバンを350台追加予定で、新サービスセンターも100か所追加する)
とはいえ日本でのサービス拠点は現状3か所
世界で150か所以上
比べるとトヨタは日本だけで5000か所以上のディーラーがあり、メルセデス・ベンツですら200か所以上あります
これまでの自動車ビジネスは3つのクオリティが重要とされており
1つはプロダクト
1つはセールス
最後の1つはサービス

で、特にサービスは重要かつジミでなおかつお金と時間がかかるものでした
果たしてこの点においてテスラは既存ブランドにどう対抗していくのか
EV化によってここも大きく変貌するのか
ここからまた前例のない戦いであり、大いなるチャレンジなのです。

 すごく魅了ある車ですよね・・・
ガソリン代をローン返済と考えれば、200万円ぐらいの車を全額ローンで購入し、ガソリン代を支払って乗るのと
毎月の総支払額は同じぐらいです。
仕事用として使うには、プリウス・アクアなど日本のハイブリット車を購入するよりすごくメリットがありますね
デザインはちょっと好きではないですが・・・
FIAT500C GUCCI の次の候補になりますよね
また、悩みが・・・


         2012-09-26FIAT500(4)
2012-09-26FIAT500

ロールスロイス ファントム
英ロールス・ロイス・モーター・カーズは7月27日(現地時間)、新型「ファントム」を発表
ファントムは、ロールスロイスの最上級サルーン
   2017-07-29ファントム7.jpg
2017-07-29ファントム1.jpg

1925年に登場した初代から数えて8代目にあたる
日本では年末に発表予定としている

一新された新世代プラットフォームを採用

新型ファントムは、一新された新世代プラットフォームのうえに豪華で威風堂々としたボディを載せる
プラットフォームは、“アーキテクチャー オブ ラグジュアリー”と呼ばれるオールアルミ製のスペースフレーム構造を採用
従来のものよりも軽く高剛性(従来比+30%)で、かつ静かであるという
これにより“魔法の絨毯のような乗り心地”を実現しているとのことだ

6.75リッター、V12ツインターボ搭載

エンジンは、排気量6.75リッターのV12ツインターボを搭載する
スペックは最高出力563hp、最大トルク900Nmと強力で、しかもわずか1700rpmで最大トルクを発生するという
組み合わされるトランスミッションはZF製の8AT
普段はシュルシュルと走る一方、必要とあれば巨大なパワーを瞬時に引き出せるという
2017-07-29ファントム4.jpg


しかもファントムは、「世界でもっとも静かなガソリン車」を標榜する
その自信満々の静粛性を実現しているのは、車体のすべてに6mm厚のものを2層に重ね合わせたガラス構造と、130kg以上におよぶ遮音材、過去最大のサイズとしたアルミ鋳物の結合部など

内装は、豪華絢爛なのはもちろん、14年ぶりのフルモデルチェンジにふさわしいアップデイトが図られている
液晶カラーディスプレイは12.3インチへと大型化され、後席のみならず前席にも自動ドアが採用された
さらにリアシートは顧客のオーダーによりラウンジタイプ、格納式アームレスト付きの独立タイプ、固定式センターコンソール付きの独立タイプに加え、スリーピングタイプが選択可能となっている

2017-07-29ファントム5.jpg
2017-07-29ファントム2.jpg
2017-07-29ファントム3.jpg


ロールス・ロイス・モーター・カーズ最高経営責任者 トルステン・ミュラー・エトヴェシュ氏は
「1925年のデビュー以来、ロールス・ロイス ファントム(Rolls-Royce Phantom)は、世界で最も影響力があり、最もパワフルな男性や女性に選ばれ、歴史の最も決定的な瞬間に常に立ち会ってきました」

「ロールス・ロイスの物語の次章には、ニュー ファントムの目指すグローバル・ラグジュアリー・インダストリーへの道が示されています。それは美と力の創造であり、富や人間の成し遂げた偉業を示す象徴的なシンボルです
それは当社のお客様ひとりひとりのご希望をしっかりと受け止めたアイコンであり芸術作品なのです」

とコメントしている。

ロールスロイスいわく新型ファントムは、“世界でもっとも優れた自動車であると同時に、世界トップクラスの高級品でもある”とのこと

40歳の時、50歳に購入したい車として目標にするほど憧れです
来月50歳になるのですが、いつ購入する事が出来るのかな~~~

「セダンが古いっていう価値観がもう古い」…80年代を知る男テリー伊藤、トヨタの新型 カムリ を語る
トヨタは7月10日、新型『カムリ』を発表

2017-07-21カムリ.jpg

「80年代、クルマを楽しんだかつての若者にふたたび…」、そんなメッセージがこめられた新型カムリのアンバサダーに、テレビプロデューサーで演出家のテリー伊藤さんが選ばれた

2017-07-21カムリ2.jpg

カムリは「トヨタのグローバルミッドサイズセダン」として、米国15年連続乗用車販売台数No.1(※1)、また世界100カ国以上で累計1800万台以上(※2)の販売を達成してきた
新型では、「TNGA」に基づき、すべての部品をゼロから開発することにより、エモーショナルで美しいデザイン、意のままの走り、上質な乗り味を実現したとする
かつての若者は、新型カムリとどのように向き合うのか……

クルマがライフスタイルの中心だった80年代

自身も50台以上のクルマ遍歴を経て、80年代のカーライフを“謳歌”してきたテリーさんにとって、80年代とは? その当時のクルマ、カーライフというのはどんなものだったのだろうか

「80年代は、クルマ絶対主義的なところがありましたよね。クルマがあると人生勝ったような。それに、ちょうどDCブランドが流行っているころで、食事もファッションも、もちろんクルマもブランドが大事でした」

「スキーに行くならどんなクルマがいいかな、夏のサマーリゾートなら、どのホテルにどんなクルマで乗り付ければ目立つかな、みたいなことばかり考えていましたよね。自分のクルマを街に見せびらかしに行ったり、東京の表参道や自由が丘のオープンカフェの前にクルマを横付けしたり」

クルマも着こなし。実用性だけじゃない

日本の自動車マーケットではいま、ミニバンが大人気だ
いっぽうで、セダンは人気がない
だがテリーさんは、「価値観は一瞬で変わる」と強調する

「価値観って一瞬にして変わりますからね。『セダンが古い』って言ってるアンタがもうオジサンなんだよって
全然関係ない話のようですけど、こないだ早稲田実業の清宮選手が、選手宣誓で『野球を愛してます』って言ったんですよ
野球なんてオジサン趣味だしもう古い、って言われてるなかで、これからの50年、日本の野球界をリードする人間がそう言った
その瞬間に価値観が変わりましたよね
それと一緒で、『セダンがカッコいい』って誰かが言ったら、今までの価値観なんて一瞬で変わっちゃいますよ」


ミニバンは確かに実用的だ
だからこそ人気があるわけだが、いっぽうでセダンならではの“フォーマルなカッコよさ”に気付くべきだとテリーさんは言う

「女性も男性も、スーツを着こなしてる人ってカッコいいじゃない
スーツ着て、スニーカー履いて自転車乗ってる人を東京の代官山あたりで見かけると『おっ、カッコいいじゃん!』って思いますよね
『007』のジェームズ・ボンドだってスーツを着てるでしょ?
普通ああいうアクション映画だったら革ジャンですよ
でもそれをスーツでやるところがイギリスのダンディズム
そういう洋服の着こなしと同じで、クルマも実は着こなし、なんですよね
そういう雰囲気を今回のカムリに感じているんですよ」

「帰国子女」の匂いがする

カムリには、他のセダンとはちがう独特なオーラがある、とテリーさんは言う

「今回のカムリは、非常にいいところを狙ってきたなと思いました。僕はカムリは『帰国子女』だと感じていて、自分でも以前『プロナード』や『ウインダム』(編注:いずれも、もともとアメリカ市場向けに開発されたミッドサイズセダン)が好きで乗っていたんです
プロナードなんて、前席がベンチシートで、『これカッコいいのに!』って自慢していましたよ
カムリにはそれに通じるカッコよさがある。でも当時は周りからあまり理解されなかったな
まだ時期が早かったんでしょうね」


「それが今になって、ちょうど空いていたそのポジションにカムリが登場したんですよ
アメリカ市場で15年間も乗用車セールスNo.1(※1)を取って、『何年ぶりかに外国に行っていた学生が帰ってきた』みたいな雰囲気、そういう『匂い』を漂わせていますよね
ここがカムリの最大の魅力だと思いますよ」



新型トヨタ・カムリG“レザーパッケージ”
オプション装着車
ボディカラーのエモーショナルレッド<3T7>はメーカーオプション

2017-07-21カムリ.jpg

五感に訴える“深みのある強さ”

新型カムリに乗ってみたら、走りが素晴らしくてビックリした、というテリーさん

「そりゃトヨタのクルマですから品質はまったく問題ないわけですよね
それは当然なんですけど、今回のカムリは、五感に訴える“深みのある強さ”にとにかく驚きました
40km/h過ぎたあたりから、鞭打ったような力強い加速が素晴らしい
私は普段からあまり燃費を気にするほうではないので、『ハイブリッドカーだから走りはこの程度だよね』っていうのが許せないんですけど、カムリはハイブリッドらしからぬパワーと、ハンドリングも含めて走りの質感が備わっていますよ」


 赤をメインカラーに・・・デザインが気になります
即カタログ請求します