船木 芳朗
  • Author:船木 芳朗
  • 感謝の気持ちを常にもって、いつも「ありがとう」と言われる人になれるよう毎日が勉強です。今まで得た知識を一人でも多くの人に伝える事で、人の助けとなり喜んでもらえる事が、世の中に貢献し子孫に注がれていけば幸せです。
  • RSS
船木の音沙汰
船木の感動・思い・考え・伝えたいこだわり情報を・・・・・
傷みやすいレタス つまようじ刺し保存すれば1週間パリパリ
キク科の一年草で、西アジア、地中海沿岸が原産地とされる「レタス」

2017-07-06レタス.jpg


和名は「萵苣(ちしゃ)」
これは「乳草」に由来しており、茎を切ると断面から乳液が出るため、そう呼ばれるようになったという

古代ギリシャやローマでは、安眠をもたらす野菜として紀元前から食されていたとも
サラダ菜、サニーレタス、リーフレタスなど多種あるが、現在、一般的に「レタス」といえば、結球している玉レタスのことを指し、本格的に普及したのは16世紀頃から。日本で食卓に上がるようになったのは1960年代以降なので、比較的歴史の浅い野菜である
レタスは約95%が水分
栄養価が高いとはいえないが、カリウム、カルシウム、鉄といったミネラル分やビタミン類、食物繊維をバランスよく含む
含有量は多くないものの、おもに生食するので損失率が少ないため、ビタミンやミネラルといった夏に欠かせない成分が効率よく摂れる

また、加熱するとかさが減って食物繊維もしっかり摂れる。スープなどがおすすめだ
「パリッとみずみずしいレタスは、それだけで夏の恵みを感じさせます
高原レタスは葉がワサワサして巻きが甘かったりしますが、手にのせてみて重みがあれば、新鮮な証拠です
包丁など金物を当てると酸化しますから、手でちぎってお使いください」


◆レタスの保存法
芯をくりぬいて濡らしたキッチンペーパーを詰めてポリ袋に入れる、レタスの芯に水で溶いた小麦粉を塗る…など、傷みやすいレタスの保存法については多々提案されているが、松田さんは“つまようじ”の活用をすすめる
「レタスは収穫後も生長します
それは充分に水分がなくては即、劣化に繋がるということでもあります
そこで、レタスの根幹である芯にある生長点を、つまようじを刺すことで破壊するのです
芯につまようじ3~4本ほどを刺し、乾いたキッチンペーパーに包み、食品保存用袋などに入れて冷蔵庫へ
これで1週間ほどはパリパリのまま保存できますよ」

2016-09-17 野菜_0.jpg

七夕デートをおろそかにすると痛い目に遭う理由9パターン
7月7日は「七夕」ですが、彼女とのデートはしっかり計画できていますか
近年では「夏のクリスマス」とも言われる重要な恋愛イベントだけに、軽視すると夏本番前に破局もあるかもしれません
そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたアンケートを参考に「七夕デートをおろそかにすると痛い目に遭う理由」をご紹介します

織姫と彦星になぞらえて「恋人たちが会う日」のイメージがあるから
「空では2人が会ってるのに、自分たちは会えないなんて…!!」(10代女性)
というように、七夕は「カップルの日」の印象が強いからです
たとえ会えなくても、電話などで「今日は七夕だね」などと自分から話題を振って、愛しさを表現したいものです

せっかくデートをする口実になるのに、誘ってくれないとガッカリするから
「忙しいなら仕方ないけど、普通に家に帰ってたりすると『なんなの?』と思う」(20代女性)
というように、デートのよい誘い文句になるからです
その前後にデートに誘うくらいなら7月7日をピンポイントで攻めたほうがよいでしょう

イベントごとを大事にしない人には、クリスマスなども期待できないと思うから
「七夕でこれじゃあ、先が思いやられます」(20代女性)
というように、恋愛イベントを軽視しているように見えるからです
うっかり七夕をスルーしてしまったら、誤解を解くために夏の旅行や花火大会の予定をどんどん入れて、やる気を見せる必要がありそうです。

夜ほんの少し会うだけでもいいのに、自分の優先順位が低いと感じるから
「逆にちょっとだけでも会ってくれたらポイントがあがる」(10代女性)
というように、ひとときだけでも恋人と一緒にいたい日だからです
どうしても会えないのなら、前もって「七夕なのに会えなくてごめんね」とフォローを入れておきましょう

夏の年中行事としては数少ない恋愛がらみのイベントだから
「冬のクリスマス、バレンタイン、夏の七夕ですよ」(10代女性)
というように、夏では珍しい恋愛イベントだからです
何も計画せずにいた場合は、「本当の七夕は旧暦だから!」と8月にリベンジするとよいでしょう

なかなか着る機会のない浴衣デートのチャンスだから
「お祭りや花火大会がなくても浴衣が着られる日って結構貴重」(20代女性)
というように、数少ない「浴衣デート」の機会だからです
ただし準備に時間やお金がかかるので、彼女のほうから「着たい」と言ってくるのを待ったほうがよいかもしれません

ロマンティックな気分に浸れる日なのに寂しい気持ちになるから
「こっちの気分が盛り上がっているのに、塩対応されると萎える」(10代女性)
というように、七夕というだけであなたのことが恋しくなっているからです
七夕の夜はいつもより甘さ2割増くらいの気持ちで臨むとよいでしょう

織姫と彦星は夫婦なのでプロポーズに使える日だから
「自分たちの誕生日やクリスマス、ホワイトデーを除いたらプロポーズのチャンスじゃん!」(20代女性)
というように、求婚するには絶好のタイミングだからです
期待が高まっている日だけに、もしその気があるなら最高の演出を目指したいところです

短冊に願い事を書いて将来について語りあえる機会だから
「女子ならみんな『ずっと一緒にいられますように!』って書くけど、彼氏がなんて書くのかは気になりますね(笑)」(10代女性)
というように、短冊で愛を確認しあえるからです
間違っても「お金持ちになれますように」などと彼女と無関係の夢を書かないように気を付けましょう
会えるにせよ、会えないにせよ、「七夕の日であることは忘れていない」と伝えるのが基本のようです
健闘を祈ります

2017-07-06タナバタ.jpeg


「電話はかけてこないで」はあちゅうが考える新マナー
電話、メール、LINE、Messenger、Skypeなどなど、相手やシチュエーションによって連絡ツールを変えている方も多いのでは
そんなコミュニケーション手段の幅が広がった今だからこそ、“新たなマナー”も必要なのかもしれません
ということで今回は、はあちゅうさんが考える次世代コミュニケーションマナーについてお伝えします
お礼メールを「見返り」と捉える人たち
思いの外、反響がありました

 その中で驚いたのが、「見返りを求めるくらいならごちそうしなければいいのでは?」という意見です

人と人が付き合う上で、相手にしてもらったことに対してお礼を言うのは当たり前ですし、「今日はありがとうございました」と一言LINEやメールを送るのにそんなに時間はかかりません
だからこそ、「お礼メール」を「見返り」と言い切ってしまう発想に違和感を覚えました
そもそも、打つのにたかだか数秒しかかからないお礼のLINEやメールが見返りだなんて、自分のLINEやメールにどれほどの価値があると思っているんでしょうか
理解に苦しみます
けれど、お礼のメールをしないのが当たり前の世代にとって、私の感覚は古いのかと心配になりました

「電話」は今の礼儀に合っている

「お礼メール」の他にも、コミュニケーションのマナーについては世代やシチュエーションによって、皆さんそれぞれ「OKライン」が異なると思います
その最も分かりやすい例が、電話の使い方かもしれません

知人がネット上で電話のことを「時間のレイプ」と例えていましたが
相手の都合で自分の時間を突然搾取される、そんな電話の乱暴さがとにかく苦手なんです
集中して原稿を書いているときや家族との団らん中に突然電話が鳴ると、それだけでテンションが下がり、親しくもない相手の都合に無理やり付き合わされた気になります
何の権利があって、私の時間に踏み込んでくるんでしょうか


家族と恋人とクロネコヤマトさん以外からの予告のない電話は不快です
最近はどこかから勝手に番号を手に入れていきなり電話してくる人もいますが、私にとって、突然の電話は、突然家に来られるのと同じくらいぶしつけに感じます

でも、少し前まで電話で仕事の依頼をすることは当たり前でしたし、これだけメールが当たり前になった今でさえ、「まず電話」することが相手への礼儀だと考えている世代も多いですよね
私の肌感覚ではテレビと不動産業界の人は電話率が高いように思えるので、業界的な慣例もあるでしょう
そのためマナーとして統一のルールを作ることは難しいですが、私のように電話嫌いなタイプは常日ごろから「連絡はメールでいただけますか」と、周囲にアピールしたり名刺に番号を書かないなどの対策をするしかないと思います
とはいえ、せっかくメールに連絡を切り替えてもらったのに「今メールしましたんで!」と電話をかけてくる人もいて、なかなか難しいんですけどね……

メールやSNS…マナーとしてNGなツールとは

 私が一番ありがたい連絡ツールは、断然メールです

公開しているアドレスに仕事の依頼内容をまとめて送ってくださる方は、それだけでしっかりした方だなと好印象を持ちますね

最近はLINEやTwitter、Messengerで連絡をくれる方もいますが、正直、「この人、誰だったっけ……」とすぐに顔と名前が一致しないような関係性の方だと、メールのほうが確実です
仕事に使うLINEの名前や写真がふざけたものになっている相手だと、それだけでもう、不安になります
メールの場合、たいていの方は署名があって所属と肩書などが記載してあるので、検索性もいいですよね
LINEやMessengerではプライベートのやり取りの間に埋もれてしまったりもするので、やはり関係性が深まっていないうちはメールでの連絡が妥当なように思います
私も関係性が深まった相手とは、スピードを高めるためにLINEでやり取りをすることがありますが、大量の文章や写真のやり取りには、メールのほうが向いていると思います

「お礼にご飯」は、お礼にならない

Twitterでフランクに連絡をくれる方の中で多いのが、仕事内容が判然としなかったり、「まずは何ができるか話し合いしませんか?」といった、仕事になるかならないかすら微妙なご依頼です

会社員の方はイメージしにくいかもしれませんが、フリーランスの場合、時間がお金に直結します
なので、仕事になるかどうかも分からない状態で時間を拘束されることって、それだけで負担が大きいんです
お金にうるさく聞こえるかもしれませんが、移動費も稼働費もタダではありませんし、積み重なると大変なんです
「お礼にご飯おごります」みたいに言われることもありますが、これも意味のない打ち合わせと全く同じで、相手の時間を奪っている感覚がない発言だと思います
もちろん仲のいい間柄や信頼関係のある相手だったら喜んで行きますが、普通に仕事で関わっただけの関係性であれば、恩をあだで返されるようなもの
仕事で一緒になった方との関係は、ご飯ではなく仕事で深めていきたいと思ってしまいます
かわいげのない言い方かもしれませんが、おいしいものは好きな人と食べたいです
おごられることの対価で、私は接待嬢として振る舞わなくてはならなくなるし、そもそも仕事の対価が「俺(私)とのご飯の時間」という時点で相手が上で自分が下という関係性になるので、こっちは間違いなく窮屈ですよね
頑張って盛り上げ屋にならなくちゃいけない場所にご飯を食べに行くよりは、自分で作った野菜中心のご飯をゆっくり食べて、家でネットフリックスでも見て休みたいです

「仕事やった感」を出すために呼び出さないで

あと、「挨拶のための打ち合わせ」にも異議を唱えたい
これは、メール送付可能な資料やイベント直前の10分程度の打ち合わせで十分な内容なのに、顔合わせのためだけに、既に分かっていることを確認するための不毛な会議のことです

残業代が出るサラリーマンの方は「仕事をやった感」が残せていいかもしれませんが、こちらは時間を搾取されるので、それだけで死活問題
むやみやたらと打ち合わせて、その日以外二度と会わない謎のスタッフさんたちと名刺交換する儀式って、必要ですか
全員分の時給換算でいくらの損になるかという経営者脳のない、あしき慣習だと思います
相手にとってそれがどれだけの労働力を強いることになるのか、少しだけ想像力を働かせてほしいなと常々思います
ついでにいえば、名刺も経費ですし、むやみに連絡先をばらまきたくないので、名刺は、本当に必要な相手以外に渡したくないんです

……と言いたいことはたくさんあるのですが、私もいざ相手を前にすると、とてもこんなこと面と向かって言えません

別に、向こうも悪意で言っているわけではなく、考え方や環境が違うというだけなので。ただ、あまりにも大幅に、自分の許容ラインを相手が踏み越えてきたときなどは、メールで冷静に整理して伝えるようにしています
その際、なるべく相手にダメージを与えないようにまろやかに包んだり、自分をあえて落として「私もこういうことがありましたが」とクッションを挟んだりして柔らかく伝えるようにしています
そうすることで鈍感な相手には全く響かないケースもあるので本当に一進一退なんですが、こういうインタビューなどで発信することで、徐々に仲間を増やしていく努力はしたいです
互いに想像力を働かせて、心地よくコミュニケーションがとれる関係性を築いていけたらいいですね

2017-07-02電話.jpg
ちりも積もれば「4760万円」 なぜ、外見で生涯年収が増えるのか
見た目と報酬には一定の関連がある

収入は、学歴によって差が生じる
高卒より、大卒・大学院修了など高学歴のほうが高収入だ
しかし、収入に影響を与えるのは決して学歴だけではないだろう
技術力、発想力、リーダーシップ力など、持ち前のスキルによって自らの地位を引き上げ、より高い報酬を手にする人も少なくない
その引き上げ要素のひとつに、「容姿・外見」も含まれると発表したのは、アメリカのテキサス大学オースティン校の教授、ダニエル・S・ハマーメッシュ氏(労働経済学)である

教授は人の容姿を5段階に分けた(5が最高、3が平均)
研究結果(計7500人調査)では
男性の場合、見た目の印象がいい「5と4」の人は、容姿が平均より劣る「2と1」に比べ、年収が17%上回ったというのである
女性の場合も、12%高いことがわかった。顔、服装、髪形などの見た目が、より印象のいいほうが稼ぎはいい
これは「ビューティ・プレミアム」と呼ばれる


同教授が、アメリカ以外の国、オーストラリア、カナダ、イギリス、中国(上海)などで実施された同様の調査を確認すると、やはり〈ほとんどの場合、容姿がいいと収入にはプラスの影響があるという結果になっていた〉と、自著(『美貌格差』)で語っている
東京大学医学部を経て、ハーバード大学院で学んだ予防医学研究者・石川善樹氏は「アメリカでは、他国よりも外見を重視する傾向が強い」と言うものの、見た目と報酬には一定の関連がありそうなのだ
そこで、前出の「17%差」を日本国内で考えてみると、大卒・大学院修了の男性の場合、生涯年収で「5と4」は「2と1」より、4760万円多いということになる
労働政策研究・研修機構「ユースフル労働統計2012」によれば、大卒・大学院修了の男性は定年までの平均38年間の勤務で計2億8000万円の生涯年収になる
その17%分が、4760万円なのだ。勤続年数は38年間なので、年収では125万円もの割り増しとなる計算
女性の大卒・大学院修了(生涯年収2億4000万円)の「5と4」の人は2880万円多い(年収換算で、75万円高い)

 見た目が悪いと「減給ペナルティ」

しかし、これはあくまでひとつの調査結果にすぎない
実際のところはどうか。大手広告代理店・営業担当のA氏(38歳)はこう語る
「多くのクライアントの経営層や管理職の方々とお会いするときに感じるのは、顔のよしあしではなく、総じてみなさん第一印象がいいこと。服装に清潔感があり、色・柄が垢抜けています
顔の表情もいきいきしていて、ネガティブな印象を与えません
その一方、世間一般には、野暮ったい印象の人も少なくありません
見た目がルーズだったり、服や身だしなみに配慮が欠けていたりすると、『この人、大丈夫かな』と思ってしまいます
自分のことさえ気が回らない人は、仕事も……と不安になります
話し方と話す内容がよければ、まだ挽回の余地がありますが、それもイマイチだと、正直、その人と仕事の話はしたくないですね」

すべての人がこうした価値観とは限らないが、見た目の悪さで損して、それが仕事のパフォーマンスに悪影響を与える可能性は高い
結果、報酬面に響く
一種のペナルティとなる形だ
逆に、見た目がいい人はプレミアム(割り増し)がつき、得をする
チリツモで、その差が「4760万円」という“資産価値”になるのかもしれない

蛇足ながら、1インチ(約2.54センチメートル)身長が高いと、イギリス人男性の場合、1時間当たりの賃金が2.2%高く、アメリカの白人男性だと1.8%高いという研究結果も残されている

2017-02-13_0.jpg
2017-02-13アストンマーチン4_0.jpg

給料増より「残業なし・休日増」を望む新入社員が増えているワケは
給料増より「残業なし・休日増」を望む若者が増加している

2017年度の新入社員を対象に三菱UFJリサーチ&コンサルティングが行ったアンケートによると、新入社員が「会社に望むこと」について、調査を始めてから初めて、「給料が増える(34・4%)」よりも
「残業がない・休日が増える(41・5%)」
が上回ると言う結果がでました
会社に尽くすよりも自分のプライベートな時間を重視するように見える新入社員の傾向は「自分ファースト」と呼ばれ、話題になっています

新入社員たちは本当に「自分ファースト」なのか

「自分ファースト」と言うと、自分第一主義、自分が最優先、などの印象を受けます
でも、本当にそうでしょうか?私はそうではないと思っています

新入社員たちは、自分の結婚、子ども、将来の生活などについて一生懸命に考えています
会社で仕事を頑張れば幸せになれるのか
残業や休日出勤をすれば、いい仕事ができて会社に認めてもらえるのだろうか
それが本当に自分や自分の家族の幸せのためになることなのか


若者たちは考えています
そして、働き方については、確かに10年前とは違う考え方が、若者の間で広がっていると感じます

仕事と家事育児、夫婦で協力する生活があたりまえに

家庭や子どもをもっても仕事を辞めずに両立させていきたい、と考えている女性は増えています
女性だけでなく男性の間でも共働きは当たり前になりました
そして男女ともに、「家事育児も夫婦で分担したほうがいい」と考える人が増えていると感じます

多くの若い男性が、結婚後に自分ひとりで家計を支えていくのはきびしいと感じています
終身雇用制が崩れつつある現在、正社員として就職したら将来安泰で、妻子を養っていくのに十分な給料をもらい続けられる、とは、もはや新人は思っていません
妻にも収入を得続けて欲しいと考えており、そのためには、自分も家事育児を分担したほうが良いだろうと考えています
そもそも最近の若者は、男性が家事や料理をすることに対して、抵抗感や違和感はほとんどありません
育児についても、ベビーカーを押したり、抱っこ紐で赤ん坊を抱っこしたりしている若い父親を良く見かけるようになりました
また、保育園の送迎に父親が来ることも珍しくなくなりました
20代~30代前半くらいの夫婦は、家事も育児も夫婦で協力しながら共働きを続けていくことが、当たり前になってきています

それは社会から求められている働き方そのもの

「給料が増える」よりも「残業がない・休日が増える」を望むと回答した新人たちを、仕事に対して熱意が足りないと決めるのは誤解があると思います
これからの社会人には、生活のすべてを会社に依存するのではなく、「自律した働き方」をすることが求められています
最近、社員に副業を認める企業が増えてきているのも、社員に自律を求めているからです

自分の居場所を会社以外のところにも作る、リスクヘッジとして夫婦で共働きを続ける、会社の仕事以外の副業も検討するなど、若者の行動は、今の社会が求めている社会人のあり方そのものです
自分たちの将来を真剣に考えている若者たちは、求められている働き方を良く理解して実践していると言えるでしょう
日本の若者たちは、十分に熱意をもって、将来の生活に向かっています
彼らの新しい働き方に、期待をしようではありませんか
2017-05-19 (2)