船木 芳朗
  • Author:船木 芳朗
  • 感謝の気持ちを常にもって、いつも「ありがとう」と言われる人になれるよう毎日が勉強です。今まで得た知識を一人でも多くの人に伝える事で、人の助けとなり喜んでもらえる事が、世の中に貢献し子孫に注がれていけば幸せです。
  • RSS
船木の音沙汰
船木の感動・思い・考え・伝えたいこだわり情報を・・・・・
「仕事センス」のない残念な人って? 意識調査
皆さんの周りには「この人、仕事のセンスがないなあ」と感じる人がいますか

2017-06-02仕事センス1.jpg

そもそも「仕事センス」とはどんなものでしょう
新卒2年目と先輩(社会人6~12年目)、男性と女性では、認識に大きなギャップがあることが明らかになりました
調査結果をご紹介しましょう

2017-06-02仕事センス2.jpg


(産業能率大学総合研究所調べ、調査期間:2017年4月14日~16日、対象:社会人2年目の男性75名・女性75名、社会人6~12年目の男性75名・女性75名)
「知識が豊富なのに、仕事センスはゼロ」な残念な人

私たちが仕事をこなす上で大切なのは、知識やスキルはもちろん、仕事をうまく進めていくための「センス」です
しかし、必ずしも知識やスキル、センスを持ち合わせているとは限らないようです
今回の調査で、「あなたの職場には、知識やスキルは高いにもかかわらず、仕事をうまく進めるセンスがない人がいますか?」と聞いたところ、6割の人が「いる」と回答
せっかく知識やスキルがあっても、センスがない残念な人が多いという結果になりました
また男女別で分類してみると、「いる」と答えた人が女性66.7%、男性53.3%となり、女性のほうが「仕事のセンス」に厳しいことが分かりました

さらに新卒2年目と先輩を比べると、「いる」と答えた人の割合が先輩65.3%、新卒2年目54.7%とギャップが見られました
社会人経験を積んでいくにつれて、仕事にはセンスが大切だと感じるようになるのかもしれません

仕事のセンスがある人の特徴って

ところで、そもそも仕事センスがある人はどんな人でしょうか
調査で「仕事センスがある人に見られる特徴」を尋ねました

2017-06-02仕事センス3.jpg

多数の回答を得たのは、「自分で判断して行動する力がある」(69.3%)、「相手に明確に説明することができる」(62.3%)でした
指示待ちではなく、主体的に行動できること、また相手にうまく説明できることを「仕事センス」と認識している人が多いようです

3割以上の回答を得たのは、「人柄のよさ」(45.3%)、「関係者を調整することが得意」(37.0%)、「相手の言動から状況を察知できる」(36.3%)というものでした

また、新卒2年目と先輩、男性と女性では、「仕事センス」の認識に大きな差があることも明らかになりました

2017-06-02仕事センス4.jpg

男性の先輩は「関係者を調整することが得意」「相手の言動から状況を察知できる」ことを重視していますが、新卒2年目はさほど重視していないという結果に
女性の先輩は「自分で判断して行動する力がある」ことを重視する一方、新卒2年目は「人柄のよさ」が大切と考えていました

仕事センスのあるタレントキャスターは誰

本調査では、趣向を変えて、「仕事センスがあると思うタレントキャスター」も聞いています

2017-06-02仕事センス5.jpg

設楽統さん、坂上忍さんがトップ2となり、桐谷美玲さん、加藤浩次さん、恵俊彰さん、菊川怜さん、ホラン千秋さん、真矢ミキさん、市川紗椰さん、高橋克実さんが10位ランクイン
10位以下には、櫻井翔さんや井ノ原快彦さんなどが入りました

回答者が考える「仕事センス」とは、状況察知や判断力、明確な説明能力、人柄のよさなどというのは前述の通りですが、こういった点が評価されたのでしょうか
自分の「仕事センス」に自信ある
「自分に仕事センスがあるかどうか」を聞いたところ、「あまりない」「ない」が合わせて約55%に上り、2人に1人は自分の仕事センスに自信がないことが分かりました

その理由には、次のような声が寄せられました。

【仕事センスに自信のある人】

<新卒2年目社員>
・営業成績もいいから(22歳・男性)
・売上を上げた(23歳・男性)
・物覚えがいい(24歳・女性)


<先輩社員>
・相手が求めていることを察することができる(35歳・女性)
・調整しなければならないことを段取りよく進められる(26歳・女性)
・言われたこと以外にも、自分なりに考えて提案するから(29歳・男性)

【仕事センスに自信のない人】

<新卒2年目社員>
・実績を上げられていないから(24歳・女性)
・結果に出ていないから(23歳・男性)
・仕事をうまく回せていないから(25歳・男性)


<先輩社員>
・判断するのに時間がかかり、優柔不断なところがあるため(30歳・女性)
・調整能力が足りていないと思うから(33歳・男性)
・相手のことを考えて行動ができていないように感じる(32歳・女性)

 新卒2年目社員と先輩社員とでは、意識にかなりの違いが見られます
新卒2年目は、営業成績や売上などの実績を上げればセンスがあると考えている一方で、先輩は察知力や調整力、判断力を重視しています
仕事の経験を重ねることで、実際の現場で役立つ力への認識が変わってくるようです

センスが高い人は相手を重んじる

新卒2年目では、自分軸で物事を捉えて「仕事の実績」や「説明力」を仕事センスと考えています
しかし、6年目以降の先輩になると、さまざまな人と関わる機会が増え、「関係者との調整」「相手の状況を察知する力」がある人をセンスが高いと見なすようになるようです
単独の仕事もありますが、多くの仕事は、相手あってのことです。「仕事センスがある人」と思われるためには、誰もが認める「自分で判断して行動する力」をベースとして、自分の実績だけでなく、人との関わりの中でも力を発揮できるように意識しましょう

2017-06-02仕事センス6.jpg

子供にサプリは必要?必要な栄養素は食事からとらせましょう!
子供にサプリメントを与える親が増加

サプリメントなどの健康食品を親が子供に与える事例が近年増えています
そんな中、国立健康・栄養研究所がリーフレットを作成し、簡単に子供にサプリメントなどの健康食品を与えないように保護者に注意喚起したことが話題となっています
当然ですが大人も子供の食事のバランスをとることが大前提です
サプリメントは乱れた食事をカバーするために使うものではありませんし、いくらサプリメントをとっても普段の食事が乱れていたら全く意味がありません
しかし、子供にサプリメントと与えている親というのは、さぞかし日頃の食事が乱れているだろう、と思われがちですが、子供にサプリメントを与えている保護者が食事を疎かにしているかというとそうでもないようです
前述の研究所の調査ではサプリメントを与えている家の食事はそうでない家に比べても野菜料理、魚料理などバランス良く食べさせる頻度がサプリメントを与えていない家に比べても非常に高いという調査結果を出しています。
日頃の食事にも充分配慮しているのに、なぜ保護者は子どもたちにサプリメントを与えるのでしょうか
それは保護者が感じている漠然とした健康に対する不安感だとおもいます
子どもたちにサプリメントを与えることで、保護者側が安心をしたいという気持ちを満たしているのだと思います
「自分達が子供に与えている食事で充分に栄養がとれているのだろうか?」「どんなにバランスの良い食事を作っても充分に食べてくれない、食べる量が適切なのか?」など子供の食事のあり方について多くの保護者は不安に思っているようです
しかし、国立健康・栄養研究所では子供のサプリメント摂取の注意喚起パンフレットの中でも『いろいろな食材をバランス良く食べていれば栄養不足になることはまずない』と伝えています

サプリメントの摂取は子供にとってリスクも高い

また、サプリメントに関しては摂取する有効性よりも近年は品質に問題があるものが数多く販売されており、特保や機能性食品を含めると問題のある商品が数多く出回っており、新聞などのマスコミを賑わすことも度々あります
ある意味子供に摂取させるリスクもかなりあるということも頭に入れておくべきだと思います
健康食品は医薬品と違い品質管理が徹底しておらず、食品なので効能効果もはっきりしたものがありません
安全かどうかわからないもの、何から作った原料でどんなものを使っているか?よくわからないものが数多くありますが、一般消費者がそれを判断することは非常に困難です
医薬品に比べるとその様な意味ではるかに危険も多いですし、胃腸などの臓器がまだ出来上がっていない子どもたちが、特定の栄養素を過剰に摂取する健康上のリスクも当然あります

サプリメントの摂取は専門家に相談して判断することが望ましい

医薬品は特定の成分を摂取した場合、どんな効果があって、どんな副作用があるかもきちんと報告がされていますが、健康食品で使っている成分は医薬品でないのでそのような報告はほとんどされていません
そのあたりのリスクもしっかり理解した上で
本当に自分の子供にその栄養素が必要なのか
不足しているのか
不足しているとしたら健康食品で摂取することが良いのかどうか

きちんと専門家に相談した上で判断することが望ましいと思います

不安を解消するだけのために、自己判断で子供に健康食品を与えないようにすることはもちろんですが、多少食べ慣れないもの、苦手なものでも食べれるような楽しい食卓をご家族で作れるような環境づくりにもぜひ取り組んでいただきたいと思います
2017-06-01サプリ.jpg

不倫が大きなトラブルになる人とならない人の違いは?
不倫している側とされている側では問題の捉え方が異なる

当方に相談に来られる方は夫の不倫に苦しむ妻からの相談が殆どです
不倫問題といってもその進展度合いによって対応は大きく異なります
ある意味、もう少し早く相談に来てくれていたら、何とかなったのに・・・という最悪の状態になっている人もいれば、夫の異変に気づき、お騒ぎする前にお越しになられた方もいます
当然、結果も変わってきます
やはり、不倫であれ何であれ、問題は深海にはまらないためにも早期発見、早期治療?が一番です

でもこれは、妻から見た、夫の不倫を終らせる為の相談です
立場を変えていうと、不倫をする張本人である夫側にとっても、トラブルにならない不倫の方法があれば、相談に来られたいのではないでしょうか
実は、余り褒められた話ではありませんが、時々、不倫をする夫側からの相談もあります
不倫相手とトラブルになり、妻にもばれて、八方ふさがりだと言う相談です

この「不倫が大きなトラブルになる人とそうならない人何が違うのか?」
というのは、夫と妻の不倫に対する見方が異なることを認識出来ているかどうかが大きいのです
浮気している夫側からすれば、問題の原因は不倫相手との事ですが、妻側からすれば、夫と妻、つまり夫婦の問題だと捉えており、同じ不倫であっても夫が感じている問題と妻が感じている問題が異なっているのです
と言う事で、今日は、浮気をしている男性目線という想定で書いて行きたいと思います

不倫のトラブルはなぜ起きる

では不倫のトラブルとはどういう状態のことなのでしょうか?
男性側からすると、不倫がばれて、職場や家庭の平安が脅かされると言う事だと思いますが、これは同時に不倫相手との関係性にも言えることであり、逆に言えば不倫相手との関係が上手く行っていれば家庭にもばれないように、不倫関係を続けられます。
しかし一つ間違えば、不倫関係をないがしろにすると、相手から恨みを買い、家庭にも影響が出るという相関関係のようなものがあります。

よく言う事ですが世の夫は最初から離婚をしようと思って不倫をするケースは多くありません。
何となく好意をもつところから始まることのほうが多いのです。
したがって、不倫をするという心構えで始めているわけではなく、十分な気遣いや目配りをしないので、不倫がばれると、不倫相手とも、そして妻とも、大変な修羅場になるのです。

不倫といっても人間関係の一つなのです。
ですから、もし別れたくなったとしても、後ろ足で砂をかけるような事では、恨みを買います。
浮気相手にもその存在を大事にするには、いちゃいちゃした言葉を言えばいいってもんじゃない。
不倫で一番大事なのは別れ方で、私流の言葉に言い換えれば「終い仕事」です。
しかし、そこで失敗する男性が多いのもまた事実です。

何故なら、不倫相手には「妻とはもう終っている」と言って、口説いているはずですから、今更奥様にばれたので別れようなんて言えないですから。
ここで大切なポイントは、浮気相手に対しても、妻に対しても、思いやりを持ちながら、その上で、最後は自分の何か置かれた立場が苦しい事を伝えるしかないのです。情けないことですが。

相手を苦しめる存在にはなりたくないと考える女性は多い

女性という生き物は、自分が相手を苦しめる存在にはなりたくないと考えていますから、これ以上の関係が立ち行かなくなった時には、その苦しい胸の内を吐露してください
女性には愛や恋の前に、母性愛というものがありますから、これ以上の関係を続けるのは、物理的に難しくなったと伝えると、聞き分けのある頭を持つ人ならば、あなたを苦しめる事も望まないでしょう
しかし、卑怯な嘘などを重ねたりすると、愛が憎しみに変わり、恨みを買う事になります
不倫は嘘の塊です
でも最後は誠意を示すことが大切です
嘘で始まった不倫でも別れの最後は少しだけでも誠実に伝えましょう
真実には逆らえないのですから

それは、妻も同じで、夫を愛しているのです
夫に嫌われたくないというのは前提なのに、甘えが先に出て、不倫されている苦しみばかりをぶつけてしまい、余りにも分って貰えないと、愛が憎しみに変わります
これを愛憎と言います。怒りも加わり夫を追い詰めるような事をつい口走ってしまうのです

皆、本当はあなたを愛しているのです、妻も愛人も
ですから、そうして自分を愛してくれた女性達を、無下にしないように
出会いも別れも、誠実にいかないといけないのです
にっちもさっちも行かなくなったなら、もう、いっぱいいっぱいだと言う事を正直に話しましょう
勝手だとなじられたら勝手と認めましょう

本当に困っている人を上から踏みつける事は女性なら出来ませんが、女性が一番嫌うのは嘘です
本気で好きになって、ずるいけれど、今の状況はまずいのだと正直に告げましょう
ここで、嘘やごまかしをする男性が、トラブルに発展するのだと思います

最後に物をいうのは、例え理不尽でも真実しかないと思います
女性というのは、そういう事を受け止める動物なのです
不倫が大きなトラブルになるか、ならないかは、結局終い仕事に誠実な対応が出来るか、どうかです
2017-05-04ドラマ1.jpg


急増するクレジットカードの不正使用!被害に遭わないためには?
ネットショッピングの普及でクレジットカード利用が一般的なものに

昨今ネットショッピングが一般的になってきて、ほとんどのものがネットを通じて買えるようになってきました
ネットショッピングにおける支払い方法は様々ですが、その便利さからほとんどの人がクレジットカードを使っています
コーチ財布_0

現在日本人は平均して一人3枚のクレジットカードを持っていると言われています
最近ではスポーツクラブやショッピングセンターの会員証がクレジットカードと兼用になっていたり、年会費無料でかつ割引が受けられるというようなカードの入会キャンペーンもよく行われているので、一人あたりの保有枚数は増加しがちです
そして、それに伴って不正使用の被害も急増しているのです

急増するクレジットカードの不正使用とその手口

かくいう私もこのような仕事をしておきながら非常に恥ずかしいのですが、過去に三回も不正使用の被害に遭っています
最初にやられたのは某ネット通販系のカードですが、数年前の年始に突然カード会社から電話があり、「化粧品を9万円分とバリ島行きのエアチケットを購入されましたか?」と訊ねられました
年始でゆっくりしていたのでそのような買い物をするはずもありません
「購入していません」と答えると、不正利用と認定してくれ、その後の処理は全て行ってくれましたが、このように普段買い物をしている傾向と違う、特に高額なものを購入すると、監視センターから確認の電話がかかってきて不正が発覚するケースもあります

その他の2回は家電量販店系のカードですが、これらはいずれもApp StoreやGoogle Play、その他販売店の名前も分からないようなところで中国元や香港ドルなど海外の通貨で不正に決済をされていました
それも1回の金額は日本円で500円から多くて3,000円ほどの少額を毎日決済されているのです
このぐらいの金額だと監視システムの対象外なのか、カード会社からの連絡もなく、さらに普段使っていないカードだったので、銀行からお金が引き落とされて初めて明細を確認して発覚したのです。(1日分は少額でも1か月分になると結構な金額になります。)
特にネットショッピングでは、カード番号と有効期限、氏名を入力すれば決済ができてしまいますので、いずれのケースもどこからか私のカードの番号が流出して使われたのでしょうが、共通して言えるのはこれらのカードは普段ほとんど使っていなかったものだということです
そしてさらに悪いことに、これらのカードは入会時から自動的にオンライン明細になっており、サイトにログインしないと明細が見られないようになっていたので、普段からまめにチェックしていなかったのです
最終的にはすぐカード会社に連絡をして、カードの停止と被害の申告をしたので、ほとんどの金額は保険で補填してくれたのですが、保険の有効期間である60日を超えたものに関しては対象外となり、数千円は返ってきませんでした

不正利用を防ぐためにすべきこと

私のケースでもカードの情報がどこから漏れたのか全く分かりませんし、普段ほとんど使っていないカードだったので、さらに謎は深まります
これらのカードはもう使わないので解約しましたが、これからの社会ではクレジットカードの不正利用は誰でも被害に遭う可能性を考え、以下のことを心がけて使う必要があります

 使わないカードは解約する
使わないカードを持っていると、不正に利用される可能性が高くなるばかりか、利用された時に気がつきにくく、対応が遅くなる危険性がある

 オンライン明細は利用しないで毎月明細書が郵送されるように切り替える
最近カード会社はオンライン明細の利用を推奨するが、サイトにログインしないと毎月の明細を確認できないばかりか、忙しかったりパスワードを忘れたりしてなかなかチェックしないと不正をされても気がつきにくい

 毎月の明細は自分が使ったものであるかどうか必ずチェックする
毎月手許に届いた明細を必ずチェックして不正に利用されたものがないかどうか確認する習慣をつける
万一不正に気がついたらすぐにカード会社に連絡する

このIT時代に非常にアナログ的な手法ですが、万一の不正利用に気がついてすぐに対処するにはこれしか方法がありません
不正利用に対する保険の有効期間があることも認識して、早めに対処することが何よりも大切です
2016-07-07 晃未51歳のお誕生日プレゼント (4)



毎日コンビニ食、ファストフードを食べ続けた結果、私の身体は……
「体が資本」とはよく言ったものである
結果的にカネを稼ぐには、自らの肉体と頭脳を使うしかないわけで、その根幹が崩れてしまっては生活がなりたたなくなってしまう
となれば、バランスの良い食事を心がけ、健康に生きなくてはならないが、現代人はついついファストフードやインスタント食、コンビニ食など、手軽な食事に向かってしまいがち
また、こうした食べ物は安く、お金がない者にとっては実にありがたい存在でもある

無職・駆け出しライター時代の2001年から2003年にかけ、東京・渋谷から徒歩18分の風呂なし共同便所・家賃3万円のアパートに住んだ経験を持つネットニュース編集者の中川淳一郎氏
同氏が、食費をいかに抑えるか、という観点からファストフード、インスタント食、コンビニ食を毎日食べていた生活を振り返り、その結果、発生した身体的不調について言及する

2012-4-15バイキング

2001~2002年頃、ITバブル崩壊直後の日本は極端なデフレになっていました
その頃は食費をいかに抑えるかを考えていたのですが、刺身や牛肉を買う余裕などもなく、ひたすら同じ安いものを食べていました
本当に以下のローテーションで毎日同じものを8ヶ月ほど食べ続けていたのです

【朝食】スーパーで買ったカップラーメン(100円)、コンビニおにぎり(100円)→合計200円
【昼食】マクドナルドのハンバーガー(59円×2)→合計118円
【夕食】吉野家の牛丼(280円)→合計280円


1日の合計の食費が598円だったのです
いや、厳密に言うともう少し多い。朝食ではカップラーメンにワカメやネギや玉子を入れたりし、ハンバーガーにはレタス、ベーコン、スライスチーズを挟み、マスタードとマヨネーズを加えたりしていました
さすがに自分自身、栄養が足りないと思っていたのでしょう

1973年生まれの私にとって、マクドナルドのハンバーガーは実は「ハレの日のご馳走」でした
1個210円という時代が続き、もともとカップラーメンより高かったからです
1980年代後半、「サンキューセット」という390円のセットが出てようやく普通の食べ物になりましたが、210円時代を経験しているだけに、59円や65円でハンバーガーが食べられるというだけで、大喜びし、1回に10個買って2個食べた後、残りの8個は冷凍し、次の4日分の昼食にしていたのです

しかしながら、明らかに野菜の量が足りません
こんな食生活を続けていたところ、体に異変が起き始めます
肥満になるとかそういったことはなかったのですが、全身にぶつぶつができてしまったんですよ
本当に顔を除く全身で、首から腹、腕、脚、背中などすべてに直径7mmほどの無数のピンクのぶつぶつができ、身体中が「点字ブロック」のようになってしまいました
そしてとにかくこれが痒い
アフガニスタンと渋谷・ボロアパートの違い
友人と会おうものなら、「ギャー!」と叫ばれ、「お前、何か伝染るんじゃねぇ? こっち寄るな!」などと言われるほどでした
とにかく不気味なぶつぶつだらけになってしまったのです
当時住んでいた家賃3万円の部屋にダニが大量発生したのかと思い、バルサンを焚いたりもしたのですが、特にダニの大量の死骸が見つかるわけでもない

そんな状況ながら相変わらずの食生活を続けていたのですが、その頃になると1日中体を引っ掻き続けるものですから、身体中傷だらけになっていきます
特に背中がひどく、爪の跡が大量に残り、そこがかさぶたになっていきます
かさぶたがだいぶ乾いてくると、痒さが増し、その部分をかきむしってしまいせっかく終息に向かいつつあった「かさぶたが自動的に落ちる」→「とりあえず治った」という状態が振り出しに戻ってしまいます

無職生活がスタートしたのが2001年4月で、同年9月ぐらいからはライターの仕事を開始したのですが、ぶつぶつが出始めたのは9月頃です
そして、2002年2月、戦後のアフガニスタン取材に行くことになり、当地の衛生状態なども不安だったため、事前に近くの内科に行ってきました

すると医師は私の身体を診るなり「うわっ、こりゃ栄養不良だ!」と叫ぶではないですか
「一体何をアンタは食べているんだ!」と一喝され、上記の食事を紹介したら「そりゃ、こうなるよ。もっとね、野菜を食べなさい、野菜を!」と指導を受け、何らかの薬をもらいました
しかも、当時は風呂に入るのも1週間に1回程度だったため、インキンにもなっており、パンツをおろし、美女の看護師に足の付け根のあたりに薬を塗られたのでした

この薬を飲んだところ、少しずつ改善したのですが、結果的に完治したのは皮肉にもアフガニスタンでの野菜タップリの食事と、毎日入れるシャワーのお陰でした
アフガニスタンの方が、東京・渋谷のボロアパート生活よりも健康的だったのです
以後、極力野菜を摂るようにし、ぶつぶつは消えたのですが、あの時の背中のかさぶたは今も残り、時々痒くなると掻いて剥がしてしまい、結局16年経っても背中から血は出続けるのでした

栄養不良とは「栄養バランスが悪い状態」です
たしかにファストフード食は手軽かもしれませんが、やはり肉・魚・野菜・炭水化物をバランス良く摂るのがよいと思います

朝食バイキング