船木 芳朗
  • Author:船木 芳朗
  • 感謝の気持ちを常にもって、いつも「ありがとう」と言われる人になれるよう毎日が勉強です。今まで得た知識を一人でも多くの人に伝える事で、人の助けとなり喜んでもらえる事が、世の中に貢献し子孫に注がれていけば幸せです。
  • RSS
船木の音沙汰
船木の感動・思い・考え・伝えたいこだわり情報を・・・・・
90歳でも加入OK 高齢者向け増加
長寿化で出来た今までの常識を覆す保険の記事
皆さんに知ってほしいと思い・・・
記事をお借りしました

長寿化で「人生100年時代」が近づく中、高齢者向けの保険商品が増えている
保険会社は、将来蓄えが尽きて医療費が払えなくなる「長生きリスク」に備える保険商品を相次いで投入
先月には90歳からでも入れる終身医療保険が初めて登場した
長らく現役世代をターゲットにしてきた保険業界だが、人口構成の変化で商品戦略も大きく変わりつつある

90歳でも入れる医療保険を発売したのは、明治安田生命保険
従来の商品は80歳までしか入れなかったが、この商品は50~90歳を対象とした


入院1回につき10万円、手術1回につき5万円を給付する
退院から30日間空くと通算100回まで支払われる
月額100~500円程度の特約を付ければ、白内障の先進的な手術など公的保険対象外の「先進医療」の費用も通算2000万円まで補償する
保険料の払込期間は95歳までで、例えば加入時60歳女性なら月額8220円、90歳男性なら2万4880円となる
保険加入年齢を引き上げるのは、医療保険への高齢者のニーズが高まっていると見ているためだ
日本人の平均寿命は年々延び、2049年には100歳以上人口が50万人を超える見込み
明治安田の担当者は「医療保険加入者のうち、高齢者が占める割合は高まり続けるだろう」と話す

他社も、主力の死亡保障から長生き保障へのシフトを進めている
アフラックは13年8月、終身医療保険の加入年齢を80歳から85歳に延長した
第一生命保険グループのネオファースト生命や住友生命保険グループのメディケア生命も85歳まで延ばしており、80歳以上の新規加入は年間計約9000件に上る
アフラックの担当者は「医療費に不安がある80歳以上の人は相当数いる」という

早く死亡すると損が出る代わりに、長生きするほど多くの年金が受け取れる「トンチン年金」と呼ばれる商品も人気だ
日本生命保険や第一生命保険などが16年以降、相次いで販売を始め、契約件数は計5万件を超えた
明治安田の担当者は「老後の生活を充実させるための保障はますます重視される」とみる

 医療費の不安背景に

高齢者の医療費に対する不安が加速している背景には、長寿化や医療費の高額化がある

国立社会保障・人口問題研究所によると、1980年に968人だった100歳以上の高齢者は、2017年には70倍の6万7824人に増加
49年には50万人を超えると推計されている
07年に生まれた子供の半数が107歳より長く生きるとの試算もあり、「人生100年時代」は確実に近づいている
医療技術の進歩も医療費を押し上げている
厚生労働省の統計によると、15年度の75歳以上の国民1人あたりの医療費(公的保険適用分)は92万9000円
10年前から1割増えた
75歳以上の医療費の窓口負担は1割(一定以上の所得がある場合は3割)だが、公的保険対象外の先進医療も増加
厚労省によると、白内障の先進的な手術で55万円、脳腫瘍などに用いられる陽子線治療で276万円など、先進医療を利用すれば負担額は急増する

生命保険文化センターの16年の調査では、「けがや病気に不安がある」と回答した人のうち、53.6%が「長期入院で医療費がかさむ」ことを理由に挙げた
安倍政権は、超長寿社会のあり方を考える「人生100年時代構想会議」での議論に基づき、社会保障を高齢者中心から全世代型に切り替える方針を掲げているが、高齢者の不安にどう応えていくかは依然、大きな課題となっている

 そんな保険がある事にすごく驚きました
もともと生命保険にはまったく興味を持ってなく、保険料を払うのであれば、不動産を購入し老後の資産とする
考えです。
そんな事を思っているので、生命保険の記事・広告宣伝にはまったく興味がわかないので見ることすらありません。
そんな思いで不動産の仕事をしている事も大きな理由です。

が・・・本日なぜか気になったんです
不動産を購入し老後の資産とするすべての人に出来ることではありません。
ローンを組むタイミングが悪く購入できない・・・
など人それぞれいろんな事情があります。
そんな人に、生命保険の事を伝えれば、少しや役に立つのでは・・・
っと思いました。
専門的な事はわかならいので、保険の専門家は責任を持ってご紹介させて頂きます。


   2017-10-19バルミユーダー4_0.jpg

「名刺は誰のもの」問題
名刺交換した名刺は誰のもの? 

「●●社の△△と申します」。ビジネスで初対面の人同士が会うと、まず名刺交換をするのが多くの日本人の日常です
会社の応接室や会食などの場で行われる、自己紹介を兼ねたセレモニーのようなものでもあります
筆者は外国人から「あまりに丁寧すぎて奇異な感じ」と指摘を受けたことが何回かありますが、日本では名刺交換で相手を見極める人さえいます
その仕草や、立ち居振る舞い、あるいは複数の方との名刺交換における手際よさなど相手から見極められる場面ともいえます
会社がマナー研修等で丁寧な姿勢を指導するのは、だからこそなのです
筆者も期待や不安を感じながら、これまで何千回と行ってきました
若いころには経営者と名刺交換するだけで緊張。いただいた名刺を大事に管理ファイルに保存したものです
そうして、ビジネスパーソンとしての経験を重ねると、名刺交換で集めた量がそれなりになります
ちなみに筆者が18年勤めた会社を辞めて名刺を整理すると、5000人以上になっていました
その名刺を、当時は自分の「財産」として退職後も持ち続けたもの
次の職場、仕事で活かされることがあるからです
これまでの仕事ぶりから、次の職場でも接点が続き、新たなビジネスにつながることがあります
前職の会社からすれば、悩ましいことですが、これまでは大目にみられてきたことが多かったと思います
辞めた本人の努力でもあると会社も考えていたからです


ところが、最近は状況が違います
退職するときには名刺は会社に残していくもの、持ち出してはいけない……と考える会社が増えてきました

社員が交換して集めた名刺の持ち主が、個人から会社に変化しつつあるのです
ちなみにビジネスパーソンが1カ月に交換する名刺の枚数は平均15.9枚
入社から数年たつと、それなりの枚数になっていることが想像されます
さて、みなさんの会社では社員が交換した名刺は誰のものと考えられていますか?  
最近は「(その会社の人の名刺を持っているなら)早く言ってよ」と叫ぶ上司のCMで有名になったSansan社などの出現で、名刺は社内資産であり、共有されるべきものという認識が高まりつつあるかもしれません
実際、辞める前から会社で名刺を共有できるようにすることをルール化する会社が増え始めました
ただ、増えたといっても全体で1割を超えたくらい
名刺管理ツールを提供する会社に話を聞いても、導入は徐々に増えつつある状況とのこと
これからが名刺管理が加速するタイミングかもしれません

世代によって考え方に差が


ちなみに名刺管理により自分の名刺情報は社内で共有されることに関して、抵抗する勢力もいるようです。

取材した専門商社勤務のSさん(45歳)は名刺管理に大反対
人脈とは個人が作りあげるもので、それを周囲が知っても自分にプラスは何もない……と考えているようです
Sさんの同世代で同様に反対する声は多く、そのため名刺管理は社内で導入が先送りになっているようです
一方、同じ会社でも20代の社員たちはSさんの反対が不思議に感じられて仕方ない様子
「名刺情報を共有することで、ビジネスのチャンスは広がる」と考えているので管理部門に名刺管理の導入をお願いしているとのこと
同世代の大半が同じ意見らしいといいます
この世代による考え方の違いはどこから生まれるのか
SNSの活用状況が大きな境目になっているかもしれません
各自の人間関係が特定の人には開示された状態
これがSNSでは当たり前です
この世界観に慣れている、慣れていないが名刺管理の賛成、反対を分けているかもしれません


日常での名刺の共有にもまして、意見が分かれるのが、先ほどお話しした筆者のケースのように、退職したときの名刺の帰属です
あなたは会社を辞めたときに自分が集めてきた名刺をどのように扱うことが求められそうですか
会社の方針によるところになりますが、名刺の帰属に関しては個人に属するという見解と、企業に属するという見解がそれぞれにあります
社員が個別に手に入れた名刺は、所有権と情報とで、分けて考える必要があるでしょう
そして、紙の名刺そのものは、個人の持ち物と考えることができます
ただ、名刺に印刷された情報は機密性があるので、会社に帰属するとも考えられます
こうしたことから、会社によって名刺の帰属の考え方はまちまちなのが実情です

仕事で獲得した名刺を転職時にどのように扱うかと聞いた調査では、「個人が持ち出す」という回答が38.5%、「全て会社に置いていく」という回答が38.8%となり、ほぼ同じ割合でした

実際、社員の認識にずれがある場合があります
これまでは辞めたときに名刺は残さなくてよかった会社がルール変更した結果、退職する社員とトラブルになったケースを周囲で何度も聞きました
これまで名刺を個人のものと認識していた会社では、その認識を改めるためには、それなりの時間と手間をかけて伝え、ルールを発信していく必要があります

会社の資産と考える傾向が増えている

ただ、全体的な傾向として、社員が仕事で受け取った名刺は、社員個人が管理していても会社の資産と考え、退職するときには全て返却を求める会社が増えてきました
確かに当人が辞めれば、誰だかわからない人の名刺が残るだけとなる場合もあるでしょう
それでも、会社は名刺を資産と考え、管理する方向に進んでいくでしょう
名刺を資産と考えると、社員の業務管理上メリットがあり、ビジネス上の機会損失を減少させる可能性もあります
たとえば、突然退職した社員が出ても、名刺の管理ができていれば、社外の誰と仕事をしていたのかは把握しやすいはず

こう考えると、名刺は会社に属するものと考えるのが基本的になっていくことでしょう
先述したように抵抗する人も少なくないテーマではあるので、会社には慎重にすすめていただきたいと願います

 言われてみればすごく難しい事ですね。
個人・会社がお互いに使う事は出来ないのでしょうか?
会社に名刺だけあっても、逢った事がない人にいきなり名刺をもらっているから・・・っと連絡は出来ますが
仕事と付き合いするには、人間個人間の関係を築く事が必要かと思います。
どちらに・・・っと答えが出しにくい問題かと思いますが

     2017-11-08 唐長 (1)_0.JPG

見た人全員を震撼させる「彼氏なしクリスマス」のSNS9パターン
恋人のいないクリスマスをSNS上だけでも楽しげに演出しようとすると、無理が生じることもあるようです
では、見た人をギョッとさせる投稿とは一体どんなものなのでしょうか
そこで今回は、10代から20代の独身男性115名に聞いたアンケートを参考に「見た人全員を震撼させる『彼氏なしクリスマス』のSNS」をご紹介します

クリスマスを呪う言葉を書き連ねる

「『リア充爆発しろ』とか書いてて笑えませんでした」(20代男性)
というように、ストレートすぎるクリスマス批判は、冗談のつもりでも伝わらないことがあるようです
「心の狭い人だ」と悪印象を抱かれかねないので、軽々しくネガティブな言葉を書かないようにしましょう

「彼氏なし女子」とのアッパーな女子会を実況中継する

「なんか『負け犬感』がすごい…」(20代男性)
というように、「女子だけでも楽しんでやるぞ!」という意気込みは、SNS上でも痛々しく見えるようです
激しく書き込まず、「女友達とクリスマス会」と題して数枚の写真を上げる程度なら、そこまでイタい人にならずにすむのではないでしょうか

「彼氏がほしい」とストレートに愚痴る

「正直すぎて哀れになってしまった」(10代男性)
というように、心の叫びをSNSに流すと、見た人の同情を誘ってしまうかもしれません
本当に恋人がほしいなら、友達に「誰か紹介して」と泣きついたほうが、よほど効果があるのではないでしょうか

ホールケーキを食べて「一人クリパ」を満喫する

「ネタなのかもしれないけど、どうしてそうなった?」(20代男性)
というように、一人でもクリスマスを満喫しようという意志の強さが裏目に出ることもあるようです
「友達もいないの?」と思われかねないので、一生「自虐キャラ」で笑いをとるつもりでなければ、やめたほうが賢明でしょう

愛犬にサンタコスをさせて写真をアップしまくる

「犬と過ごしてる時点で、来年も彼氏ができなさそう…」(20代男性)
というように、ペットという「心の友」の存在は、「お一人さま感」を強く印象づけてしまうようです
根拠のないジンクスではありますが、ペットを飼いはじめる時点で覚悟したほうがいいのかもしれません

一人でクリスマスデートのメッカに行き、様子をレポートする

「メンタル強すぎるでしょう(苦笑)」(20代男性)
というように、「ぼっち」でカップルだらけのスポットに繰り出すと、勇気は評価されてもドン引き確実なようです
「来年は彼氏と来たいな」などの本音も悲しすぎるので、そっと心の奥にしまっておいてはいかがでしょうか

手料理写真などで女子力の高さをアピールする

「このタイミングでそういう投稿しちゃうあたりが…」(10代男性)
というように、「こんなにデキる私になぜ彼氏がいないの!?」と言うかのような女子力アピールは、見る人全員を怖気づかせるようです
投稿の多いクリスマス当日にしても埋もれてしまうので、別日に改めてアップしましょう

執拗に仕事の忙しさを訴える

「仕事に逃げてる感じがすごい!」(20代男性)
というように、クリスマス当日の「忙しいアピール」は、たとえ本当でも受け流されてしまうようです
確実に「イタい人認定」されてしまうので、残業仲間と愚痴を言い合う程度で我慢したほうがいいでしょう

一人なのに誰かと一緒にいるかのような偽装を行う

「あとで真相を聞いてギョッとしました」(20代男性)
というように、一人で過ごすクリスマスへの抵抗感ゆえの嘘は、見破られたときのダメージが大きすぎるようです
「墓穴を掘る」とはまさにこのことなので、一人で過ごすのが恥ずかしいなら「内緒」などと言ってごまかしてはいかがでしょうか

「彼氏がいなくても楽しい」とアピールするかのようなSNS投稿は、どうしても痛々しい印象を避けられないようです
あえて投稿する必要はないので、無駄なあがきはしないようにしましょう
     2017-12-24 クリスマスイブ1_0.jpeg

「毎月家計がギリギリ」と嘆く人に共通する4つの問題点をお金のプロに聞いてみた。
日々、家計の相談を受けていますが、お金に関するお悩みは幅広く、一人として同じ状態のご相談者様はいらっしゃいません
しかし、お金が貯まらない・毎月ぎりぎりになってしまう家計には一定の共通点があります

今日は家計がぎりぎりになってしまう人にありがちな共通点を上げてみました

「収入が少ないから貯まらない」と思い込んでいる
ご相談に来る方の中には、世帯年収が400万円台でも毎月貯められている方がいる一方で、世帯年収1000万円を超えているにも関わらずほとんどお金が貯まらず、自転車操業になっている方もいらっしゃいます
お金が貯まらずぎりぎりになってしまう世帯の多くが「収入が増えたらちゃんと貯められる」と思い込んでいます。

毎月ぎりぎりになる原因を「収入が少ないからだ」と思い込んでいるがゆえに、支出を見直したりお金の流れを整えるという対策をなかなか行わないからです
そしてそういう世帯は、残念ながら年収が多少増えてもなかなか貯まりません
収入が増えると同時にじわじわと支出が増え、結局またぎりぎりになってしまうのです

支出に優先順位がついていない
「みんなもってる」「みんな使ってる」これが子供に言われた言葉なら、『よそはよそ、うちはうち!』ときっぱり言うだろうことも、ぎりぎりになってしまう家計の場合なぜかその視点を失ってしまうようです
現代では”娯楽”も”便利”も簡単に手に入り、お金をかけようと思えばかけられることが山のようにあります
またスマートフォンやSNSの普及で、便利なもの・魅力的なものがすぐ目に入ります
子どもに複数の習い事をさせ、一家全員でスマートフォンを持ち、マイホームを手に入れ、都市部でも車を持ち、貯蓄型の保険に入り・・・・
1000万円程度の世帯年収であっても、上記すべてを選びとってしまえば、毎月の貯金はままなりません
年収がもっと少なければ、ぎりぎりになってしまうのは言わずもがな、というところです
全てを選びとることが難しいからこそ、ご家庭での支出の優先順位がついていない家ほど、「これくらいは普通だ」と、あれこれと手を付けぎりぎりになってしまうことが多いようです

夫婦間のコミュニケーションがとれていない
何にどれくらいお金を使うかというのは、家族の価値観が大きく反映してきます
夫婦間でコミュニケーションがあまり取れていない場合、妻だけがやりくりに苦心しているのにもかかわらず、夫が頻繁に外食したがるとか、夫は貯金をしようと思っているのに、妻が毎年旅行に行きたがるなど、夫婦間で貯金や支出の価値観に相違があることが多いです
何にどれくらいのお金を使いたいのか、将来どんな暮らし方をしていきたいのか、子供にどんな教育を与えたいのか、そういった価値観が一致していない家計ほど、何となく支出していくことが続き、気付いたら毎月ぎりぎりになってしまうのです

先によけて貯めるという意識がない
貯金のスタンダードは「先取り」
貯金でなくとも、使うことがはっきりしているものは「先によける」習慣こそが大事です
毎月ギリギリになってしまう人は、「必ず出ていくお金」「自分でコントロールできるお金」の区別ができていないことが多いです
必ず出ていくお金が給料日直後にあればいいかもしれませんが、そういうものばかりではありません
先によける思考を持ち合わせていないと、なんとなくお金を使ってしまい、減ったところで避けることのできない支出がでて、結果ぎりぎりになってしまうのです

いかがでしたか?
もちろんこれ以外にもぎりぎりになってしまう原因はありますが、代表的ないくつかを挙げました
まずは「お金は限りがあるもの」「その中で優先順位をつけて使うもの」と意識することです
上記の特徴を自分と照らし合わせ、お金との付き合い方を一度客観的に見てみることで、”毎月ギリギリになってしまう人”から脱却する糸口が見つかるかもしれません
2016-02-21ベントレー_0

焦ってるのがバレバレ!クリスマス一か月前の「悪あがき」9パターン
クリスマスが近づくにつれて、「一緒に過ごす彼氏が欲しい!」と積極的に相手を探し始める女子は少なくありません
しかしあまりに露骨だと、傍目には見苦しく映ってしまうので、気を付ける必要がありそうです
そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケートを参考に
「焦ってるのがバレバレ!クリスマス一か月前の『悪あがき』」をご紹介
新たな出会いを求めて合コンに参加しまくる
   2017-11-24 クリスマスアピール2_0.jpeg

「毎週、いろいろな部署の知り合いにセッティングを頼んでいるらしい」(20代男性)など、とにかく合コンに精を出すパターンです。知らず知らずのうちに獲物を狙うハンターのような目になっているかもしれないので、ときどき鏡でチェックしてみましょう。
突然カラコンにするなど、メイクや見た目に気合が入る

「ある日突然、瞳が茶色く大きくなってて、別の子かと思っちゃいました」(10代男性)
など、あまりに急激な変化に、周囲は違和感を覚えるようです
いきなり男ウケを狙ったルックスにイメチェンするよりは、自分の持ち味を生かす方向で見た目を磨くほうが現実的でしょう
普段は相手にすることさえない男性に、突然話しかけるようになる

「俺のことなんて全然興味なかったはずなのに」(20代男性)
など、眼中になかった男性に媚を売り始めると、彼氏を作りたいという魂胆が伝わってしまうようです
共通の話題をきっかけに話しかけるなど、不自然に映らないような工夫が必要でしょう
世間話を装って、知人男性にクリスマスの予定を聞きまくる

「『もう年末か…。で、クリスマスはどうするの?』って(笑)あまりにミエミエで」(20代男性)
など、何かにかこつけて彼女の有無を聞き出そうとするのも、あからさまだと思われてしまうようです
直接聞く前に、SNSの投稿などをチェックして身辺を探ってみましょう
男性が参加する飲み会があれば無理やり顔を出そうとする

「『隣の課の人と飲むなら私も』とせがまれて、仕方なく連れていきました」(20代男性)
というように、男の人と飲む機会に貪欲な姿勢は、ともするとがっついて見えるようです
せめて、もっともらしい理由をつけて参加したほうが良いかもしれません
髪型を一般受けするモテ系のスタイルに変える
   2017-11-24 クリスマスアピール3_0.jpeg

「『巻髪なんて面倒』とか言ってたくせに、キメキメの縦ロールで登場(笑)」(20代男性)
など、突然ヘアメイクに凝り出すのも、滑稽に思われてしまうようです
とはいえ、似合っていれば問題ないので、髪形を変えたければ美容院で相談してみると良いでしょう
寒いのに胸元や脚を出した露出が多めの服を着るようになる
 2017-11-24 クリスマスアピール4_0.jpeg

「急にミニスカートを履いてくるようになった」(10代男性)
というように、真冬にもかかわらず肌を出したファッションは、何らかの意図を感じさせてしまうようです
季節外れの服装は常識を疑われかねないので、冬らしいオシャレを心がけたほうが良いかもしれません
周囲の男性にやたらにボディタッチをし始める

「『ねえねえ○○君!』と腕に手をかけてきたり…。何が狙い?」(20代男性)
など、男性の体に触ることで親密度を増そうとするのも、露骨に映るようです
この手のアプローチを嫌がる男性もいるので、反応を探りながら徐々に試したほうが無難でしょう
「今年はぼっちクリスマス」と聞いてもいないのに自己申告したがる

「『そんなこと聞いてねーよ!』と思うけど、なんだか哀れ」(20代男性)
というように、なりふり構わないアピールは、みっともないのを通り越して気の毒がられてしまいそうです
ぼっちアピールは、相手から聞かれたときだけにとどめたいものです
イメージチェンジがあまりに唐突だったり、アピールが必死すぎたりすると、周囲にはみっともなく映ってしまうようです
ステキな彼氏を見つけるためにも、気持ちに余裕をもって臨んだほうが良いかもしれません
2017-11-24 クリスマスアピール1_0.jpeg