船木 芳朗
  • Author:船木 芳朗
  • 感謝の気持ちを常にもって、いつも「ありがとう」と言われる人になれるよう毎日が勉強です。今まで得た知識を一人でも多くの人に伝える事で、人の助けとなり喜んでもらえる事が、世の中に貢献し子孫に注がれていけば幸せです。
  • RSS
船木の音沙汰
船木の感動・思い・考え・伝えたいこだわり情報を・・・・・
遅刻したのにプレゼントを
約束を破ってしまったのにプレゼントを頂きました

本日お迎えに行く約束をしていたイベント講師さん・・・
12時に待ち合わせしていたのすが、なんと起きたのが12:05分
9時に目覚ましをして一度は起きたのですが、2度寝をしてしまいまさか・・・
約束の時間を過ぎた12時過ぎに目覚め・・・
慌てて準備して行ったのですが、約束からすでに40分は経過していました

怒らず、朝ご飯に・・・
待っていてくれたミスタードーナツで買ってくれてました

     2018-01-06 ミスド_0.JPG


まさかの失敗・・・・
本来は怒る・・・
大人の対応をする人でも嫌味の1つでも言われてもおかしくない事態・・・
そんな事も言わずに朝ご飯と言ってドーナツを買ってくれて事にすごく嬉しかったです

大人の対応を超えた相手に気使い出来る

人から教えてもらう事ではないので、こんな事を出来る人はなかなかいないです。
仮に教えてもらっても、今回見たいに約束を破る問題が発生しまえば、相手に対して怒ってしまうのが普通です。

怒りたい気持ちを抑えて相手の気持ちになって対応する

自分自身が出来ているか再確認いたしました
今度、お仕事で必ず固定のファンが付き成功されると思います。
一緒に仕事出来る事もうれしく思っています。

寝坊をしてご迷惑をお掛けしましたが、お願いしていたセミナーは遅刻もせず大成功だったので、一安心
事件から感動する事に変わった1日でした
戦力外通告
年末恒例になっている 「プロ野球 戦力外通告」
を10年ぶりぐらいに見ました
     2017-11-17 茂庵 (6).JPG

戦力外になり、今後人生を左右される時をドキュメントにした内容ですが、見れなかったのは、
40歳で人生どん底を経験した事を思い出したくないので見なかったんです
が、今日は勇気を出してみる事にしたんです
50歳になった新たな出発にする為に・・・
過去を振り返ってもどん底時代を過去の経験として捉えれるようになった・・・
過去に決別する為に見ました

見ているとどの家族も絆がすごい事に涙がぼろぼろ・・・
何度も涙が出て止まりませんでした
自分の家族は・・・
涙で過去を流せたと思いながら別の感情がこみあげてきてまたまた涙が・・・

ソフトBファーム食堂で「コンビニ弁当」が食される光景
ソフトバンクのキャプテン・内川が18日、契約を更改し
2軍生活で見た光景から球団に提案した

「現状、1軍は試合が終わってすぐ食事を提供してる状況になってますけど、2軍にいる選手はナイターが終わった後、向こうで宿泊して、昼食をとる場がない
見てると、コンビニで弁当買ってきたりとか、何かそういうものを寮で食べてる姿を見ましたんで」


まず1軍の食環境
本拠地ヤフオクドーム(福岡市)では試合後、希望者へ食事が提供される
従来は独身者への措置だったが、今季途中からその制限をなくし、また、内容も弁当から定食となった

内川の言うファーム施設は昨春から稼働している。福岡県筑後市にあり、ヤフオクドームからは約1時間だ
既婚者を除いて高卒はプロ入り後5年、大学・社会人は同2年の寮生活が原則で、その後は福岡市内に居を構える選手がほとんど
同市内にファーム施設があったころと比べれば、寮生でない選手の移動の負担は大きくなり、ナイターの2軍戦後、近隣にあるビジネスホテルを利用する選手もいる
そこで食事の問題が出てくる
ファーム施設内に選手寮があり、寮生の食事はそこで提供されるが、そうでない選手に食事の用意はない
都市部でない土地柄、周辺の飲食店は限られてしまう
当然ながら内川はコンビニ弁当に否定的なのではなく、プロ野球選手の食事の在り方について話をしている
今の環境ではコンビニへ食事を探しに行きがちなのも、内川自身「気持ちも分からなくはない」と言う
それが球団の財産である選手を取り巻く環境として是か、ということだ
「できる範囲のことをやっていただきたい」
「1軍の方が待遇が良いのはあるべきことなのかもしれないですけど、2軍って今から出てきてもらわないといけない選手がたくさんいる
それで(球団は)いいのかなと
最終的には、そこ(食事)も自分でやらなければいけなくなるところ
ベテランになってからいろいろやることも大事だと思いますけど、若い時の方が基盤を作る上では大事
その基盤を作るために、やってあげてほしいと」

自身、横浜(現DeNA)での若手時代はどうだったか
「基準が一定しないかな」と、単純比較できないことを前提としつつ、こう述べた
「ファームの選手のメシは良かったですね
帰ったらチンして食べてくださいっていう感じだったのが、(自身の)3年目ぐらいからかな? やっぱそれじゃダメだろうってことで、僕らがいる時間まで、調理師さんが残ってくれて、1軍の選手のために作って待って、ってやってくれてましたね
その点ではやっぱりちょっと、こっち(ソフトバンク)のがきついのかなって気がしてますね」

来年8月で36歳
体質から、かつては「痩せない」ようにしてきたのに、今は「太らない」ようにと考えることも増えた
フジテレビアナウンサーだった翼夫人と結婚し、食事面を支えてもらって7年
5歳の長女と1歳の長男の父親でもある
次の世代も含めた「食」への考察を深めているのだろう
「できる範囲のことをやっていただきたいという話はしましたし、球団側からも『それはやっぱりこっちとしても考えなければいけないことだと思います』と
『これからいろいろ考えて結論を出します』とは言っていただきました」

今回の問題提起をしたのは「これだけ選手のことを考えてやってくれる球団」との認識もあってのことだと言う
こうした声をもとに、来季3年目のファーム施設は、実態に即した運用へ動いていくだろうか

 自分の事だけでなく、後輩の事を考えて球団に意見を言える事がすごく素敵です。
本来は、どんどんそんな事が球団(会社)に意見が上がり改善され、はじめて球団が良くなることかと思います。
会社でも同じ、会社の事、後輩の事を考えて意見を言えたり行動出来る人は減った現在、貴重な行動かと思います。
内川選手のような思いを持って行動出来る人がこれから沢山出てくる事を願ってます

     2017-11-17 茂庵 (12).JPG

お歳暮
昨年完成したOさまから、本日  お歳暮  が届きました
     2017-12-18 お土産_0.JPG

いつもお逢いする度に、 「お土産」 を頂き、お中元・お歳暮も必ず頂きました。
家が完成しもう1年になるのに・・・
施工側としては、気に掛けて頂すごく嬉しい事です
Oさまの気持ちには本当に 「感謝」 以外どう表現すれば良いか言葉が見つかりません・・・
感謝で一杯です


クレームで寄せてもらいまたお土産を
打ち合わせの度、クレームで寄せてもらっても・・・
いつもお土産をご準備されている Oさま
本日は、クレームでお伺いしたら
またまた お土産 を頂きました

2017-12-8 お土産 (1)_0.JPG
2017-12-8 お土産 (2)_0.JPG

本日は、仙台から帰って来られたとの事で、仙台土産とクリスマスなので、
クルスマス用の ゴディバチョコ を・・・・・

クレームなのでこちらがお詫びしたいと行けない場合でも、いつもと同じ対応で お土産 準備 

Oさまには学ばせて頂く事ばかりです。
感謝・感謝 の言葉以外思い付かないです。
いつもありがとうございます