船木 芳朗
  • Author:船木 芳朗
  • 感謝の気持ちを常にもって、いつも「ありがとう」と言われる人になれるよう毎日が勉強です。今まで得た知識を一人でも多くの人に伝える事で、人の助けとなり喜んでもらえる事が、世の中に貢献し子孫に注がれていけば幸せです。
  • RSS
船木の音沙汰
船木の感動・思い・考え・伝えたいこだわり情報を・・・・・
42歳、年収170万円生活のリアル「両親が倒れてしまったら、生きていく自信がない」
近年はうつ病などを理由に会社を辞める人が多いが、再び働き始めても収入を大幅に減らすケースも目立つ
37歳のとき、うつ病で都内の大手家電メーカーのSE職を辞めた藤村陽介さん(仮名・42歳)は、茨城県の実家で2年間の引きこもりを経て3年前に在宅ウェブデザイナーとして社会復帰
しかし、年収は前職の680万円から170万円と75%の大幅ダウンだ

「前の職場では24時間体制のシステム管理の担当で日勤と夜勤が交互にあり、トラブル対応で残業や徹夜は当たり前でした
でも、ある日を境に外出はできるのに、会社に行こうとすると玄関から動くことができなくなった
結局、会社は辞めざるを得ませんでした」


実家に戻ったあとは、そのまま療養という名の引きこもり状態に突入
それは「仕事を再開した今も生活サイクルはあまり変わっていない」と話す
実際、昼過ぎに起きてからはカップ麺の遅い食事を取りながらネット動画を眺めているうちに夕方に
それからようやく仕事に取りかかるが、19時には同居する両親と夕食のためにリビングへ

「正直、両親は今の僕の状態をよく思っていません
『できれば会社で働いてほしい』、
『日中は近所の目があるからコンビニに行かないで』

って
まあ、気持ちは理解できるので適当に受け流していますけどね
ただ、会社に勤めたり、在宅でも仕事量を増やすのは難しい
そうするとまた自分が壊れてしまいそうで怖いんです
年収170万円は確かに少ないけど、外で働けない今の自分がメンタルをこれ以上悪化せずに働けるギリギリの額なんです」


仕事をするのは週5日
それも夜10時にはきっちり仕事を終え、それからはオンラインゲームを楽しむ
そして、明け方には床に潜る日々を送っているが、そんな生活をいつまでも続けるわけにいかないことは本人も自覚している

「今は継続して仕事の依頼がありますが、5年後10年後も仕事があるとは思えません
幸い今は実家なので出費を抑えられ、年間50万円は貯金できるし、年金も一応払えています
でも、一番の不安は70代の両親の健康面
今は元気とはいえ、いつ介護が必要になってもおかしくありません
僕自身がこんな状態のうえ、親の介護なんてできる自信ありませんよ……」


週刊SPA!2月28日号では「年収100万円生活」に密着した特集を・・・
いまの日本社会では決して他人事ではないリアルに触れてほしい


<家計表>

月収 14万2000円

住宅費 0円

食費 4万円

外食費 6000円

水道光熱費 0万円

通信費 8000円

その他雑費 3万円

ローン・借金 0円

こづかい 1万4000円

――――――――――――――――

収支 +4万4000円

2017-02-13睡眠_0.jpg

いわゆる“冬季うつ病”について、その由来も含め正確に理解する
「冬季うつ病」とは「季節性気分障害」の一つ

いわゆる「冬季うつ病」については、その言葉が先行してその実態が誤解されている懸念もあります
そこでその由来を含めて何であるかを、権威ある情報源に基づき再確認したいと思います

2016-11-04男2_0.jpeg

まず最初に、「冬季うつ病」という言葉自体は、国際的な精神医学の二大診断基準である米国精神医学会(APA)のDSM-5と世界保健機関(WHO)のICD10のいずれでも存在しない病名だということです
例えばDSM-5では、それをうつ病の中の「季節的パターン」を持った「季節型」とし、冬とは特定していません
この「季節的パターン」を持った気分変調を、1984年に米国の精神医学者ノーマン・ローゼンタールが「季節性気分障害」(Seasonal Affective Disorder [SAD])」と命名したといわれています
彼は南アフリカ生まれで、後に米国北西部に移住していますが、その中で彼自身が気候の変化による気分や行動の変化に気付き、季節の変化が気分に及ぼす影響について関心を持ち研究に至った、とのことです

つまり「季節性気分障害」という概念は、季節が気分に影響するというもので、必ずしも冬だけを指していません
春でも夏でも起きうるというものです
そして「冬季うつ病」は、この「季節性気分障害」の一つという位置づけということです

「冬季うつ病」の症状の特徴と診断基準

「冬季うつ病」もうつ病の一種なので、その症状は一般のうつ病と同じといえますが、ただし特徴的な症状も挙げられています
例えば以下のものです

イライラ感
疲労感/エネルギーの低下
過眠
炭水化物を多く含む食品を非常に食べたくなる
体重の増加


「冬季うつ病」の診断基準ですが、前述のDSM-5では以下のようになっています
1. うつ状態が毎年特定の季節に始まり、特定の季節で治まる
2. 以上の状態が過去2年間続いている


つまり、通常のうつと違って「季節的要因」がはっきりしていること、また一年だけの症状では確定的な診断には至らない、ということです

「冬季うつ病」の原因及び治療法と予防法

まだ決定的なことは分かっていないものの、以下の要因が関係していると考えられています

1. 体内時計の変調
秋・冬の日照時間の減少が体内時計を変調させ、うつの気分をもたらす
2. セロトニンのレベルの減少
日照時間の減少が、脳内の化学物質(神経伝達物質)の一つで気分に影響するセロトニンを減少させ、それがうつを引き起こす
3. メラトニンのレベルの変調
季節の変化が、睡眠や気分に関係するホルモンであるメラトニンのバランスを乱す

「冬季うつ病」の治療法ですが、これも基本的には一般のうつ病の治療と同じといえます
つまり薬物療法(抗うつ薬)と心理療法(カウンセリング)です
ただし、「冬季うつ病」特有の治療法が一つあります
それは「光療法(Light therapy)」です
これは簡単に言えば、非常に明るい光源の下で一定時間過ごすもので、不足する日光を補うというものです

次に「冬季うつ病」の予防ですが、メイヨークリニックによれば、知られている予防法はない、とのことです
ただ、症状が出る秋や冬の前に早めに治療を始めると悪化を防げる可能性がある、と述べています

「冬季うつ病」に対する私の個人的体験・意見

実は、私は一度「冬季うつ病」と診断されたことがあります
それは私が米国ウイスコンシン大学大学院に留学していた1996年の冬です
その年は何十年来の寒波で気温が零下20度以下に下がり、冬休みにアパートに閉じこもっていました
そしたら気分が落ち込み、大学の診療所に行くと「うつ病(季節性気分障害)」と診断され、抗うつ薬と光療法及びカウンセリングの治療を受けました
しかし春先になっても気分がよくならず、結局夏過ぎには大学を休学して日本に帰国しました(なお、その後復学して卒業しましたが)
この経験から「季節性気分障害」の確定診断は意外と難しいのでは、と感じました

また、冬に気分が落ち込むなど心身の機能が低下するのは、動物が冬眠するのと同じで、気候の厳しい冬に対応するため進化の過程で身につけた一種の「適応機制」といえます
したがって著しい障害が出れば治療するのは当然ですが、そうでなければその状態をある意味必然としてありのままに受け止めることも必要ではないか、と思います

2016-12-16睡眠障害_0.jpg
うつ病かもと思ったら…うつ病の基本症状や対処法についての再確認
うつ病についてはまだまだ本質を理解されているとは言えない

うつ病について最近は多くの情報が提供されており、そのこと自体はうつ病への社会的関心を高めるのに貢献しているといえます
ただし一方で、情報過多で本質がよく分からなくなっている、という懸念もします
そこで、ここではうつ病について、その基本症状や対処法についてもう一度まとめてみたいと思います

うつ病の基本症状について

うつ病の基本症状ですが、国際的な診断基準として広く使われている米国精神医学会のDSM-5に基づいて述べます

落ち込んだ気分(悲哀感・空虚感・絶望感など)が一日の大部分を占める
物事への関心あるいは楽しみ感の著しい減少
体重の著しい変化(一か月でふだんの体重の5%以上の増減)、あるいは食欲の変化(減少または亢進)
不眠あるいは過眠
落ち着きのなさ、あるいは行動(動きや話し方)の鈍化
疲労感・けん怠感
無価値感あるいは過度の罪悪感
思考力・集中力や決断力の著しい低下
死についての反復する考え・自殺念慮・自殺企図


〇うつ病の診断規準
・以上の9つの症状のうち5つ以上が2週間続く(なお5つの症状の中には、1の「落ち込んだ気分」と2の「関心あるいは楽しみ感の著しい減少」のどちらかを最低必ず含む)
・これらの症状が日常の社会生活や職業生活などに著しい障害を起こしていること

〇うつ病を疑うときの注意点
以上の症状から分かるように、うつ病の症状は必ずしも「気分の落ち込み」に限らないことです
つまり、「物事への関心の著しい減少」もありますし、「体重・食欲や睡眠の変化などの身体症状」や「認知面(思考力)の低下」もあるということです

うつ病かなと思った場合の対処法

うつ病の主要な症状の一つの「気分の落ち込み」自体は誰にでもあります
問題は、それが一時的なものではなく持続するかどうかです
それで、まずは少し様子をみることがいいと思います
そして「気分の落ち込み」がしばらく続く(診断上は2週間)ようであれば、うつ病を疑ってもいいでしょう
同じことがもう一つの主症状である「物事への関心・楽しみ感の著しい減少」についても言えます

では次にどうするかですが、私は医療機関に受診されることをお勧めします
というのは、以上のうつ病の症状が、実はうつ病以外の病気でも引き起こされることがあるからです
例えば、甲状腺機能低下症や睡眠時無呼吸症候群でもうつ症状が起きることが知られています
その場合、それぞれの病気の原因の手当てをすればうつ症状が改善されることになります
受診する医療機関としては、専門である精神科が第一選択肢となるでしょうが、混んでいて初診の予約がなかなか取れないというのであれば、内科(心療内科も含む)を受診するのもいいと思います
というのは、血液検査など内科的な検査を受けることにより、うつ症状を引き起こす可能性のある身体疾患の有無をチェックできるからです

治療法についての現在の考え方

各種の実証的な研究では、薬物療法(抗うつ薬)と心理療法(カウンセリング)の組み合わせが最善という結果が出ています
ただし例えば米国精神衛生研究所(NIMH)は、軽度~中程度のうつ病に対しては認知行動療法(CBT)が特に効果があり、場合によってはCBTだけでよくなりうるとしています
薬物療法には薬の副作用という問題もあり、うつ病が薬物療法に頼らずに治るかは関心のあるところでしょうが、その判断はやはり精神科医などの専門家の考えを聞いてからの方がいいと思います

また、再発予防には薬物療法や心理療法だけでは十分ではなく、家族や職場など周囲の理解や援助が欠かせないといえます
例えばうつ病の症状が治ったとしても、過重な残業時間などストレスの高い職場環境が改善されていないところへ復帰すれば、再発は必至といえます
ですから、うつ病の問題を単に個人の問題に帰しない社会全体の意識改革が重要な課題といえます

2016-09-27不意打ち離婚_0

女性と異なる男性の「うつ」の特徴とその対処法は?
女性と異なる特徴がある男性のうつ病

うつ病は気分の落ち込みが著明となることで、心身の状態や日常生活に影響をもたらし、時には自殺に至ることもある精神疾患です
その頻度は女性が男性の2倍程度とされています
しかし、日本の年間の男性の自殺者数は女性の2倍以上なのです
男性のうつ病は女性とは異なる特徴があるため、男性のうつ病を軽視すべきではありません
その特徴と対処法についてお伝えします

男性はうつ状態が見られても人に頼りたがらない傾向にある

男性はうつ状態が見られても、それを否認し、家族にすらその苦痛を訴えようとしない傾向があります
これには、精神的な不調について、男性の場合には他人に頼らず、自分で解決すべきという価値観が影響しているようです

男性より女性にうつ病が多い要因の一つ

私のクリニックでの診療経験からは、うつ病に限らず、何らかの精神的な不調を訴え、精神科を受診する頻度は、男性より女性の方が多いようです
診察にかかる時間も男性より女性の方が比較的長い傾向があります
女性の方がご自分の内面や感情について話すことに積極的で、ご抵抗が余りないようです
男性より女性にうつ病が多い要因の一つとして、治療を受けるべき状態にある多くの男性が、ご自分の精神的苦痛を訴えることに消極的であり、医療機関に受診していないことが考えられるでしょう

アルコール依存症との関係

男性のうつ病は、女性よりもアルコール依存症を伴うことが多いものです
男性は周囲への精神的な訴えを控え、自分で解決しようとする傾向があります
うつ症状に苦しむ男性が、一時的な気分高揚作用、不安緩和作用、そして催眠作用を有し、身近で手に入りやすいアルコールに頼ることは致し方ない対処とも言えます
当院でも、受診に消極的で、周囲から促されて受診した男性が、重度のうつ状態であるばかりか、アルコール依存を合併していたことが少なくありません
飲酒によって一時的に苦痛が緩和されても、続けるうちに飲酒量は増え、かえってうつ状態を強めてしまうことがあります
精神科でうつ病の治療に用いられる睡眠薬や抗うつ薬と比べ、アルコールは毒性や依存性が遥かに強い物質なのです
特にうつに伴う不眠にアルコールがよく用いられることがありますが、寝つけても、眠り全体の質はかえって悪化します
さらに、司法解剖を受けた自殺例のアルコール検出率は32.8%という報告がありますが、飲酒時には危険な行動に対しても自分の抑制が効かなくなります
自分のうつ症状に対してアルコールで対応しようとすることは、自殺的行為そのものと言っても過言ではありません

失業している場合

男性は、女性よりも仕事に価値をおいているため、失業が強い精神的重圧となります
失業のために、自分には価値がないように思われ、抑うつ感を強めることが多いものです
男性は、うつ状態にあっても、人目をはばかり、自分から助けを求められず、自宅に引きこもってしまうことがあります

就業している場合

男性の場合、40代から50代が、うつ病と自殺が最も多く見られる時期です
そして、就業している男性のうつ病に限ってみれば、起業家、または会社での管理職など、社会の重責を担っている方に多く認められます
そのような立場にある方は、責任や周囲からの精神的な重圧を感じやすく、部下の話も聞かなければならない中で、自分の精神的な不調への対応が後回しになりがちです
また、その社会的立場が、周囲から当人に精神的な変化を指摘させることを難しくさせています
結果として、疲労が蓄積され、うつ症状が重症化することがあります
そして、ほとんど動けないばかりになって、見かねた家族にクリニックに連れてこられる、といったことが珍しくありません

うつ病の予防のために

男性はその内面や感情を人に話すことを女性より遠慮しがちです
しかし、普段とは異なる気分の落ち込みが続く場合には、信頼のできる家族や友人、医療機関に早めに相談することが重要です
また、アルコールによる対処はかえって危険です
男性であっても、自分の感情を大切にする必要があるのです

周囲としては、男性の落ち込みが長期にわたって続いたり、急に飲酒量が増えたりした場合には、注意が必要です
当人のプライドを尊重しながらも、十分にコミュニケーションを取り、その気持ちを聞いてあげるように心がけるべきでしょう
うつ状態が顕著な場合には、医療機関の受診を強くお勧めすることも大切です

2016-09-30たまらない3_0

産後健診に公費助成、うつ予防など…来年度から
産後うつなどの予防のため、厚生労働省は来年度、出産したばかりの母親を対象とした健診への公費助成を始める方針だ
心身の不調がある母親を早期に発見し、医師や助産師らによる支援につなげる
産後健診は、子どもを産んで2週間後、1か月後などの時期に、出産した医療機関で行う
ただ、実施しているのは一部の市町村にとどまっており、同省は2017年度予算の概算要求に14万人分の助成費用7億円を盛り込んだ
国と市町村が、2回分の健診費用を半額ずつ負担する

授乳がうまくいっているか、育児で周囲の支援が得られているかなどを確かめる
産後うつになりやすかったり、子どもを虐待するおそれがあったりする母親には、助産師らが、育児や心身の健康管理のアドバイスを行う市町村の産後ケア事業を紹介したり、精神科の受診を勧めたりする

産後うつってあるんですね。
今までも、産後うつ症状の人がおられたんでしょうね
うつは見た目ではわからないので、病名がある方が廻りの人から病気と思ってもらえるので・・・
今後いろんなOOうつの病名が出来るのでは・・・
産後うつ国をあげて支援してくれるのは、強う見方ですね
1人でもうつ病から助かる事は嬉しいです

2016-06-05こども_0