船木 芳朗
  • Author:船木 芳朗
  • 感謝の気持ちを常にもって、いつも「ありがとう」と言われる人になれるよう毎日が勉強です。今まで得た知識を一人でも多くの人に伝える事で、人の助けとなり喜んでもらえる事が、世の中に貢献し子孫に注がれていけば幸せです。
  • RSS
船木の音沙汰
船木の感動・思い・考え・伝えたいこだわり情報を・・・・・
うつ病かもと思ったら…うつ病の基本症状や対処法についての再確認
うつ病についてはまだまだ本質を理解されているとは言えない

うつ病について最近は多くの情報が提供されており、そのこと自体はうつ病への社会的関心を高めるのに貢献しているといえます
ただし一方で、情報過多で本質がよく分からなくなっている、という懸念もします
そこで、ここではうつ病について、その基本症状や対処法についてもう一度まとめてみたいと思います

うつ病の基本症状について

うつ病の基本症状ですが、国際的な診断基準として広く使われている米国精神医学会のDSM-5に基づいて述べます

落ち込んだ気分(悲哀感・空虚感・絶望感など)が一日の大部分を占める
物事への関心あるいは楽しみ感の著しい減少
体重の著しい変化(一か月でふだんの体重の5%以上の増減)、あるいは食欲の変化(減少または亢進)
不眠あるいは過眠
落ち着きのなさ、あるいは行動(動きや話し方)の鈍化
疲労感・けん怠感
無価値感あるいは過度の罪悪感
思考力・集中力や決断力の著しい低下
死についての反復する考え・自殺念慮・自殺企図


〇うつ病の診断規準
・以上の9つの症状のうち5つ以上が2週間続く(なお5つの症状の中には、1の「落ち込んだ気分」と2の「関心あるいは楽しみ感の著しい減少」のどちらかを最低必ず含む)
・これらの症状が日常の社会生活や職業生活などに著しい障害を起こしていること

〇うつ病を疑うときの注意点
以上の症状から分かるように、うつ病の症状は必ずしも「気分の落ち込み」に限らないことです
つまり、「物事への関心の著しい減少」もありますし、「体重・食欲や睡眠の変化などの身体症状」や「認知面(思考力)の低下」もあるということです

うつ病かなと思った場合の対処法

うつ病の主要な症状の一つの「気分の落ち込み」自体は誰にでもあります
問題は、それが一時的なものではなく持続するかどうかです
それで、まずは少し様子をみることがいいと思います
そして「気分の落ち込み」がしばらく続く(診断上は2週間)ようであれば、うつ病を疑ってもいいでしょう
同じことがもう一つの主症状である「物事への関心・楽しみ感の著しい減少」についても言えます

では次にどうするかですが、私は医療機関に受診されることをお勧めします
というのは、以上のうつ病の症状が、実はうつ病以外の病気でも引き起こされることがあるからです
例えば、甲状腺機能低下症や睡眠時無呼吸症候群でもうつ症状が起きることが知られています
その場合、それぞれの病気の原因の手当てをすればうつ症状が改善されることになります
受診する医療機関としては、専門である精神科が第一選択肢となるでしょうが、混んでいて初診の予約がなかなか取れないというのであれば、内科(心療内科も含む)を受診するのもいいと思います
というのは、血液検査など内科的な検査を受けることにより、うつ症状を引き起こす可能性のある身体疾患の有無をチェックできるからです

治療法についての現在の考え方

各種の実証的な研究では、薬物療法(抗うつ薬)と心理療法(カウンセリング)の組み合わせが最善という結果が出ています
ただし例えば米国精神衛生研究所(NIMH)は、軽度~中程度のうつ病に対しては認知行動療法(CBT)が特に効果があり、場合によってはCBTだけでよくなりうるとしています
薬物療法には薬の副作用という問題もあり、うつ病が薬物療法に頼らずに治るかは関心のあるところでしょうが、その判断はやはり精神科医などの専門家の考えを聞いてからの方がいいと思います

また、再発予防には薬物療法や心理療法だけでは十分ではなく、家族や職場など周囲の理解や援助が欠かせないといえます
例えばうつ病の症状が治ったとしても、過重な残業時間などストレスの高い職場環境が改善されていないところへ復帰すれば、再発は必至といえます
ですから、うつ病の問題を単に個人の問題に帰しない社会全体の意識改革が重要な課題といえます

2016-09-27不意打ち離婚_0

女性と異なる男性の「うつ」の特徴とその対処法は?
女性と異なる特徴がある男性のうつ病

うつ病は気分の落ち込みが著明となることで、心身の状態や日常生活に影響をもたらし、時には自殺に至ることもある精神疾患です
その頻度は女性が男性の2倍程度とされています
しかし、日本の年間の男性の自殺者数は女性の2倍以上なのです
男性のうつ病は女性とは異なる特徴があるため、男性のうつ病を軽視すべきではありません
その特徴と対処法についてお伝えします

男性はうつ状態が見られても人に頼りたがらない傾向にある

男性はうつ状態が見られても、それを否認し、家族にすらその苦痛を訴えようとしない傾向があります
これには、精神的な不調について、男性の場合には他人に頼らず、自分で解決すべきという価値観が影響しているようです

男性より女性にうつ病が多い要因の一つ

私のクリニックでの診療経験からは、うつ病に限らず、何らかの精神的な不調を訴え、精神科を受診する頻度は、男性より女性の方が多いようです
診察にかかる時間も男性より女性の方が比較的長い傾向があります
女性の方がご自分の内面や感情について話すことに積極的で、ご抵抗が余りないようです
男性より女性にうつ病が多い要因の一つとして、治療を受けるべき状態にある多くの男性が、ご自分の精神的苦痛を訴えることに消極的であり、医療機関に受診していないことが考えられるでしょう

アルコール依存症との関係

男性のうつ病は、女性よりもアルコール依存症を伴うことが多いものです
男性は周囲への精神的な訴えを控え、自分で解決しようとする傾向があります
うつ症状に苦しむ男性が、一時的な気分高揚作用、不安緩和作用、そして催眠作用を有し、身近で手に入りやすいアルコールに頼ることは致し方ない対処とも言えます
当院でも、受診に消極的で、周囲から促されて受診した男性が、重度のうつ状態であるばかりか、アルコール依存を合併していたことが少なくありません
飲酒によって一時的に苦痛が緩和されても、続けるうちに飲酒量は増え、かえってうつ状態を強めてしまうことがあります
精神科でうつ病の治療に用いられる睡眠薬や抗うつ薬と比べ、アルコールは毒性や依存性が遥かに強い物質なのです
特にうつに伴う不眠にアルコールがよく用いられることがありますが、寝つけても、眠り全体の質はかえって悪化します
さらに、司法解剖を受けた自殺例のアルコール検出率は32.8%という報告がありますが、飲酒時には危険な行動に対しても自分の抑制が効かなくなります
自分のうつ症状に対してアルコールで対応しようとすることは、自殺的行為そのものと言っても過言ではありません

失業している場合

男性は、女性よりも仕事に価値をおいているため、失業が強い精神的重圧となります
失業のために、自分には価値がないように思われ、抑うつ感を強めることが多いものです
男性は、うつ状態にあっても、人目をはばかり、自分から助けを求められず、自宅に引きこもってしまうことがあります

就業している場合

男性の場合、40代から50代が、うつ病と自殺が最も多く見られる時期です
そして、就業している男性のうつ病に限ってみれば、起業家、または会社での管理職など、社会の重責を担っている方に多く認められます
そのような立場にある方は、責任や周囲からの精神的な重圧を感じやすく、部下の話も聞かなければならない中で、自分の精神的な不調への対応が後回しになりがちです
また、その社会的立場が、周囲から当人に精神的な変化を指摘させることを難しくさせています
結果として、疲労が蓄積され、うつ症状が重症化することがあります
そして、ほとんど動けないばかりになって、見かねた家族にクリニックに連れてこられる、といったことが珍しくありません

うつ病の予防のために

男性はその内面や感情を人に話すことを女性より遠慮しがちです
しかし、普段とは異なる気分の落ち込みが続く場合には、信頼のできる家族や友人、医療機関に早めに相談することが重要です
また、アルコールによる対処はかえって危険です
男性であっても、自分の感情を大切にする必要があるのです

周囲としては、男性の落ち込みが長期にわたって続いたり、急に飲酒量が増えたりした場合には、注意が必要です
当人のプライドを尊重しながらも、十分にコミュニケーションを取り、その気持ちを聞いてあげるように心がけるべきでしょう
うつ状態が顕著な場合には、医療機関の受診を強くお勧めすることも大切です

2016-09-30たまらない3_0

産後健診に公費助成、うつ予防など…来年度から
産後うつなどの予防のため、厚生労働省は来年度、出産したばかりの母親を対象とした健診への公費助成を始める方針だ
心身の不調がある母親を早期に発見し、医師や助産師らによる支援につなげる
産後健診は、子どもを産んで2週間後、1か月後などの時期に、出産した医療機関で行う
ただ、実施しているのは一部の市町村にとどまっており、同省は2017年度予算の概算要求に14万人分の助成費用7億円を盛り込んだ
国と市町村が、2回分の健診費用を半額ずつ負担する

授乳がうまくいっているか、育児で周囲の支援が得られているかなどを確かめる
産後うつになりやすかったり、子どもを虐待するおそれがあったりする母親には、助産師らが、育児や心身の健康管理のアドバイスを行う市町村の産後ケア事業を紹介したり、精神科の受診を勧めたりする

産後うつってあるんですね。
今までも、産後うつ症状の人がおられたんでしょうね
うつは見た目ではわからないので、病名がある方が廻りの人から病気と思ってもらえるので・・・
今後いろんなOOうつの病名が出来るのでは・・・
産後うつ国をあげて支援してくれるのは、強う見方ですね
1人でもうつ病から助かる事は嬉しいです

2016-06-05こども_0

精神疾患とホルモンの関係 必要なホルモンの減少でうつ病になることも
精神疾患の認知は進んだが原因は十分に解明されていない

うつ病や不安障害などの精神疾患の罹患者数は、日本国内で300万人にも上ると言われており、一昔前に比べて広く認知されるようになりました
平成27年12月からは「ストレスチェック制度」が施行され、常時50名以上の労働者を使用する企業には、定期的に労働者のストレス状況をチェックし評価・指導することで労働者のストレス要因を減少させ、ストレス不調者へのケアを行い精神疾患に罹患する労働者を未然に防ごうとする国の取り組みも始まっています
このように広く知られるようになった精神疾患ですが、その種類は多岐にわたり、また症状には個人差も大きく、この精神疾患を正しく理解しておられる方はまだまだ少数であると思います、
そしてこの精神疾患の原因となると、専門家の間でも意見が分かれ十分に解明されていないのが現状です

精神疾患の原因の一つとして「セロトニン」分泌量の不足が考えられる

精神疾患の原因は未だはっきりしない部分もあるのですが、うつ病などの「気分障害」は脳内伝達物質の一つである「セロトニン」の分泌量が不足することで起こるという「セロトニン仮説」が有力とされています
「セロトニン」は幸せホルモンとも呼ばれ、人が強いストレスや痛みを感じた時に分泌される「ノルアドレナリン」や「ドーパミン」などの暴走を抑える働きを持っており、心の安定に強く関わっています
「ノルアドレナリン」や「ドーパミン」はストレスを感じた時に分泌されるので「ストレスホルモン」と呼ばれますが、決して体に害をもたらす役割をするわけではありません
これらが分泌されることで精神を高揚させストレスに対処する方法をいち早く考えたり、集中力を高めたりして自分を守るために分泌される生命の維持に必要なホルモンなのです
しかし、この精神を高揚させ集中力を高めている状態は、我々の心にも体にも大きな負荷がかかっている状態です
この状態が長く続けば様々な弊害が起こるでしょう
そこでこの「ストレスホルモン」を抑制し心のバランスを取るために「セロトニン」が必要であり、これが不足することで「気分障害」などの精神疾患が発症すると考えられています

セロトニン不足の最も大きな要因はストレスの慢性化

では「セロトニン」が不足する原因は何なのでしょう
これには様々な要因が関係しています
食生活の問題(セロトニンの材料となる栄養素の不足)・運動不足・肉体疲労・などが考えられますが、最も大きな要因は「ストレスの慢性化」なのです
ストレスを抑制するホルモンがストレスによって減少するという、卵が先か鶏が先かのようなお話ですね
一時的なストレスであれば「セロトニン」は「ストレスホルモン」を抑えバランスを取ってくれるのですが、この状態が慢性化するとセロトニン神経の活動が抑制されてしまいセロトニン不足の状態が起こるのです
この「セロトニン不足」の状態を防ぐためには、バランスの取れた食生活を心がける・適度な運動を継続する・休息を取る・太陽光を浴びる・などが有効ですが、最も大切なことは、「ストレス」を溜め込まないことです
生活の中でストレスを感じないということは不可能ですが、それを上手に解消する工夫をすることは出来ると思います
お仕事をされている方は、実務や職場の人間関係でストレスを感じることも多いと思います
主婦の方も家事に育児に悩みや不安を抱えておられる方もおられるでしょう
抱え込まずに、身近な方に相談したり愚痴を聞いてもらったりするだけでも気持ちは楽になるものです
そして休息を取る時には仕事や家事の心配事を忘れて気持ち良く休むこと
簡単なようで難しいことですが、皆さんの心と体を健やかに保つためにとても大切なことです

2016-05-17寝る_0

早すぎる目覚めはうつ病のサイン
病気になったらできるだけ早く適切な対処をする
これが重症化を防ぐ鉄則であり、治せる病気であれば回復を早める後押しになります
そのために大事なのが、病気を早く見つけることです
では、うつ病には“サイン”があるのでしょうか
くどうちあき脳神経外科クリニック院長、工藤千秋さんに聞きました

うつ病早期発見の手助けに
うつ病のポイントは
今まで興味のあったものに全く興味を持たなくなった
気持ちの落ち込みが2週間たっても回復しない

などで、これらがあったらうつ病の可能性が高いと考えていいでしょう
しかし、いつから始まったかはっきりしないので、こうした症状は早期発見の手助けにはなりにくいといわざるを得ません
そこで注目していただきたいのが「早朝覚醒」です
早朝覚醒とは、起きようと思っている時間よりずっと早く目が覚めることで、「睡眠障害」の一つです
睡眠障害には、なかなか寝つけない「入眠障害」と、夜中に何度も目が覚める「中途覚醒」もありますが、
うつ病に伴う睡眠障害には早朝覚醒が多いので、うつ病を早期発見するサインになります

こころの疲れで目が覚める

人は加齢に伴って目覚めが早くなりますが、働き盛りや若い世代の人が午前3時、4時といった時間に目が覚め、そのあとなかなか眠れないとしたら、心が疲れている証拠です
さらに、その状態がほぼ毎日、2週間以上続いているなら、うつ病の可能性があります
自分自身、またはパートナーに早朝覚醒が続いているなら、できるだけ早く精神科か心療内科を受診してください
せっかくサインに気づいたのですから、早く治療を始めない手はありません
そうすることで重症化を防ぐことができ、早い回復が期待できるでしょう
ただし、こころの問題を扱う診療科は、とくにほかの科以上に、医師と患者の相性が治療に影響を及ぼしやすいといえます
この先生とは合わないと思ったら、医師を変えたほうがよいでしょう

自己診断は厳禁

うつ病の患者さんには、抗うつ薬を使いたくないという人が少なくありません
抗うつ薬を使わない場合、一般的には漢方薬の処方や、認知行動療法(ものごとの受け取り方を修正することで気分や行動を変化させる精神療法)が行われます
ただ、それで効果が上がらないときは、抗うつ薬を併せて服薬するほうが早く治る可能性が高いことを知っておきましょう
抗うつ薬は進歩しており、副作用は以前よりかなり軽減されています
うつ病のサインに気づいたとき、最もしてはいけないことは、自分が“主治医”になって自己診断してしまうことです
インターネットの情報をもとに、自分はうつ病だと決めつけ、「私はうつ病なのでこの薬を出してください」と言って来る患者さんが実際にいます
しかし、病院は「薬を出すところ」ではありません
病院は、どういう治療がいいのか相談するところであり、その相談に対して患者さんと一緒になって考えるのが医師です
うつ病かもしれないと思うと病院に行きたくない気持ちになるかもしれませんが、相談機関だと思ってぜひ早めに受診してください

2016-07-30 鬱病_0