船木 芳朗
  • Author:船木 芳朗
  • 感謝の気持ちを常にもって、いつも「ありがとう」と言われる人になれるよう毎日が勉強です。今まで得た知識を一人でも多くの人に伝える事で、人の助けとなり喜んでもらえる事が、世の中に貢献し子孫に注がれていけば幸せです。
  • RSS
船木の音沙汰
船木の感動・思い・考え・伝えたいこだわり情報を・・・・・
遠距離恋愛中の彼氏が「やっぱり俺にはお前しかいない!」と思いを新たにするメール9パターン
遠距離恋愛はお互いに気持ちをつなぎとめるための努力が必要だと言われます
女性の側もただ相手を信じるのではなく、改めてこちらを振り向かせるためのアピールも必要なのかもしれません
そこで今回は、『スゴレン』男性読者へのアンケートをもとに「遠距離恋愛中の彼氏が『やっぱり俺にはお前しかいない!』と思いを新たにするメール」をご紹介します

2017-04-24女2_0.jpeg


 自分の画像付きのメール
「愛おしさが高まります」(20代男性)
など、文字だけでなく画像を送ることで、彼氏は「離れたところに自分を待つ人がいる」という実感が増すようです
理由なく自分撮りするのに抵抗がある人も、出かけたときなどは報告がてら写真を撮っておくといいでしょう

 「好きだよ!」とストレートに気持ちを表現したメール
「やっぱうれしいですよね」(30代男性)
など、長く付き合った間柄でも、きちんと「好き」と表現することは大切なようです
少し照れくさかったりもしますが、日常的に伝えていない人ほど「好き」の言葉に重みも出そうです

 会ったときに何がしたいか楽しげに希望を並べたメール
「デートが想像できていいですね」(20代男性)
など、「今度、二人で○○しようね!」と呼びかけると、彼氏も実現が楽しみになるようです
ただし、会えない反動からうっかり贅沢な理想ばかり語ってしまうと、彼氏が面倒に感じてしまうかもしれません

 彼氏がいないと一日が退屈だったという「さみしさアピール」メール
「俺がいないとダメなんだな、って思うかも」(20代男性)
など、適度なさみしさアピールは、彼氏の「そばにいて守りたい」という男心を刺激することもあるようです
ただし、しょっちゅうさみしさだけを訴えるばかりでは、「自立できず頼りない女性」という印象を与える恐れがあるでしょう

 いつもとは異なるタイミングでの「会いたい」メール
「なんかリアルで心配になる」(30代男性)
など、不意の「会いたい」メールは彼女の心の叫びと受け取る男性もいるようです
普段泣き言を言わない女性の突然の「会いたい」ほど、男性は「なんとかしよう!」と奮い立ってしまいそうです

 最近買った服の画像付きメール
「着たところをイメージすると会いたくなる」(20代男性)
など、洋服だけの画像でも、彼氏の想像力を刺激することがあるようです
また、服を体の前で合わせてみた画像も、一緒に買い物に行ったような気分で楽しんでもらえそうです

 自分ががんばっていることの報告メール
「『こっちもぼんやりしてられないな』と思う」(20代男性)
など、仕事や趣味に懸命に取り組んでいることがわかると、彼氏は「やっぱり誰よりいい女だな」と他の女性に目が向かなくなるようです
「マラソン大会に出る」などの目標があると、彼氏も応援しやすいのではないでしょうか

 おいしそうな手づくり料理の画像付きメール
「手料理に弱いもんで」(30代男性)
など、料理の腕を磨いている様子に、将来のビジョンが広がってしまう男性は多いようです
窓辺に置いてみる、カメラを寄せてみる、といったおいしそうに撮る工夫も、彼氏の気持ちを引き付けるのに有効かもしれません

 「忙しいみたいだから返事はいいよ」といった気遣いメール
「健気さに放っておけなくなる」(20代男性)
など、気遣いを感じる遠慮がちなメールを見ると、遠方で浮かれた彼の気分も引き締まるようです
「もっとメールして」といった要求ばかりだと、彼氏も他に安らぎを求めてしまうのかもしれません
さみしいのはお互い同じなので、求めてばかりいると彼氏もストレスを感じてしまうのかもしれません
彼氏の気持ちになって二人でいるときの様子が想像できるような楽しいメールを送ることが、遠くにいる彼氏の心をつなぎとめる秘訣と言えそうです

      2017-04-24女1_0.jpeg

仕事もデキてモテる男の共通点は4つの「●●力」があることだった!
モテる男性って仕事もできることが多いですよね
「天は二物を与えず」といいますが、持ってる人は持っているなんて勘違いをしていませんか
よく考えてみると、仕事の能力と恋愛に必要な能力って似通っていることがわかります
だからこそ、仕事ができる男性はモテるんです
では、どんな能力を持っている人が仕事も恋愛も勝ち組なのでしょうか
一緒にいて楽しい「コミュニケーション力」

「やっぱり相手の心を掴むのが恋愛でも仕事でもいちばん大事でしょ!」(30歳/営業)

まずは人間関係のいちばん肝になる部分、コミュニケーション能力です
これがないと、相手に自分をアピールすることも、相手の魅力を聞きだすこともできません
仕事においても同じことが言えます。コミュニケーション能力が高い人は、仕事関係の人からの信頼もあつくなり、相手との交渉ごともうまく運ぶことができます
まず絶対に必要な能力と言えるでしょう

相手の気持ちを察する「想像力」

「いつでも相手の気持ちを考えるようにしないと、仕事も恋愛も失敗すると思う」(32歳/総務)

恋愛においては、相手の気持ちを想像して行動することが必要になってきます
相手が望んでいることがわかれば、何をしてあげれば喜ばれるのかがわかりますし、相手の怒った原因を察することも可能です
仕事においても、相手の立場になって想像する能力に長けていれば、人よりも一つ上を行く行動を取ることができ、痒いところに手の届くサービスに気づけるでしょう

相手を知るための「情報収集能力」

「好きな子の情報はどんな小さなことでも逃さずキャッチするようにしてる」(27歳/金融)

敵を知ることは、勝負事に勝つためには絶対必須の能力です
インターネットなどで様々な情報を集めることが手軽になった今でも、情報収集を早く正確にできることは一つの特技になるでしょう

恋愛においては、相手は敵ではありませんが、相手の好みや嫌いなものを知っているかどうかで、会話の主導権を握れるかどうかも決まります
相手のことを知っていればいるほど、相手にいい印象を与える行動をとることができるからです

仕事と恋を両立させる「プランニング能力」

「仕事と恋は両立させてこそ大人だよね」(29歳/経理)

仕事ができる人は、人生において自分自身を設計する能力にも長けていることが多いです
仕事ではなにをどのように進めるのかというプランを立てることが成功に繋がります
恋愛にもこのプランニング能力が必要です。相手との距離をはかり、どのくらいの時期にどんなデートに誘うべきか
そして自分の仕事との両立をはかるためには、どのくらいの時間を相手との時間に当てられるかなど考えられることは多いでしょう

この能力は女性も同じ

ここまで、仕事ができる男性という体で話を進めてきました
ですが、これらの能力は女性に当てはめても同じことが言えます
ということは、これらの能力を磨けば磨くほど、仕事にも恋愛にも優位に立てるということではないでしょうか

ただし、女性の場合は仕事が出来すぎると「隙のない女」だと思われてしまうこともあるので、ある程度の隙を見せることも忘れずに

2017-02-25 ショールーム (1).JPG

いかがでしょうか
自分磨きが大切だといいますが、何から磨いたらいいのかわからないという人は、まずこの能力の中から自分に足りなさそうなものを補う行動を取ってみてはいかがでしょう
客の「滞在時間」が長くてもコメダが儲かる“意外な仕組み”
コメダ珈琲店の店内は旧国鉄の座席を思わせる「間仕切り席」が多いのが特徴です

2017-04-05コメダ_0.jpg

日中に店内をのぞくと、ビジネスパーソンが打ち合せをしていたり、モバイル機器で1人作業していたり、ママ友と思われる人たちが談笑していたり、さまざまな使い方をされています
コメダのように、店員が注文を取りにきて飲食も運んでくれる「フルサービス型」(と呼ばれる業態)は、お客自身がカウンターで注文して飲食も自ら運ぶ「セルフ型」に比べて、来店客が長居をする傾向があります
セルフカフェよりフルサービスの方が居心地は優れているからです
コメダの平均滞在時間は約1時間、セルフカフェのドトールコーヒーショップは同約30分ともいわれています

 イスの固さで「客席回転率」を上げる店

 飲食業界には「客席回転率」という言葉があります。普通は「来店客数÷座席数」で表します。座席数60席の店に、1日300人のお客さんが来たら「300÷60=5」で5回転。率といいながら回転数で示します。

 一般的に、レストランや居酒屋に比べて客単価の低いカフェ・喫茶店が売上を伸ばすには、次の4つの方法があります。

(1)客席回転率を上げる

 (2)店内の商品をテイクアウトできるようにする(二期作型)

 (3)単価の高いメニューを開発する

 (4)昼と夜とで店の業態を変える(二毛作型)


たとえばコーヒー1杯200円台のセルフカフェが売り上げを伸ばすためには、回転率を上げるために短時間で出てもらう仕組みも大切
そんな仕組みの1つがイスの固さです
総じてセルフカフェの座席は、長時間いるとお尻が痛くなる思いがしませんか
また、お客さんがドリンクを店内で飲まずにテイクアウトすれば、座席提供しなくてすむので、その分、客席回転率は上がります
セルフカフェが得意なのは(1)と(2)です
ランチに力を入れる店の場合は、あらかじめ需要数を準備しておき、素早く提供します
人気店では後に並ぶお客さんの視線が気になって、食べたらすぐに退席する人が多い。この譲り合いの行為も、知らず知らずのうちに客席回転率アップに貢献しています


 「滞在時間」が長くても儲かる理由

これに対してコメダは、滞在時間が長くても客席回転率は高いのです
なぜでしょうか
「コメダは早朝から深夜までの長時間営業で、ランチタイム、ディナータイムという区分もありません
全時間帯にお客さんにお越しいただくビジネスモデルなのです」
つまり、コメダの強みは全時間帯での回転率の高さなのです

まず、多くの店で朝7時から11時まで続く人気のモーニングは、トーストにゆで卵などをサービスしても、慌ただしい平日の朝は、お客さんの滞在時間は他の時間帯に比べて短い。コメダ本部が入るビルの1階にある「コメダ珈琲店 葵店」(愛知県名古屋市東区)はモーニングの時間帯だけで4回転近くするといいます
コメダには特別なランチメニューも少なく、ランチタイムは他の競合店に比べて突出して強くないのですが、それでも来店客は途絶えません
午後のアイドルタイムや、カフェが苦手な夜の時間帯も比較的強い
長時間営業の全時間帯でまんべんなく客席が回転することで、平均滞在時間の長さという不利を補っているのです
近年は座席と座席の間が狭い店や、イスの固い店では落着けないと感じる人が増えました
メディアから取材を受けると「セルフカフェ疲れ」と説明してきましたが、少しぐらい飲食代が高くても自分の空間を確保したい
この思いは広がっているようです

2013-07-04コメダ_0




「男ってどうして○○なの!?」女性読者の本音の叫び
どうしても分からない男ゴコロ……読者に聞きました
大好きなはずの恋人に、よく理解したつもりの夫に、そして尊敬する上司や仲の良い同僚にも、いかんともしがたい男女の違いを感じていら立ったことはありませんか
そこで今回は、女性たちの心の奥底にある重いフタを開けてもらい、普段は言えない男性への本音をアンケートにぶちまけてもらいまし
思わずため息が聞こえてきそうなエピソードを、恋愛・家庭・職場という三つのシチューションと、番外編に分けてご紹介します

「好きな人なのに、理解できない!」~恋愛編

好きな人とはいえ、一体どうしてこうなるのか
いやいやむしろ、好きだからこそ理解し合えないことにイライラしてしまうのか……
恋愛シーンの「男ってどうして〇〇なのは、中でも会話への不満が多いようです

愚痴にアドバイスをはさむ

◆ 仕事でストレスMAXのとき、我慢できず思わず彼に愚痴を言いましたが、「それはおまえのやり方も悪い」「そんなに本気で取り組まなきゃいい」とバッサリ。怒りを通り越し、「この人に相談しても不完全燃焼だ」と思って、以後、彼に愚痴ることはやめました。(31歳、IT・通信、一般事務、独身)

◆ ただ愚痴を聞いてほしい、というのが男性は大抵無理。なので、彼に愚痴を聞いてもらいたいときは、「今から愚痴を言います」と宣言し、「ソリューションでなくあなたの優しい相づちが欲しいだけだ」と伝えるようにしています。(40歳、会社経営・役員、独身)

大事なことをハッキリ言わない

◆ 彼とは年が離れているせいか、けんかになりません。私が一方的に怒り、彼はそれを黙って聞き、ほとぼりが冷めるまで構ってこない、というのがいつものパターン。男の人ってなぜ、都合が悪くなると黙り込んでしまうんでしょうか。(30歳、製造、営業・企画・マーケティング、独身)

◆ 遠距離恋愛していた元彼は、一緒にいるだけで幸せと言ってくれるタイプでした。でも、「どこに行く?」「どこでもいいよー」、「何食べたい?」「何でもいいよー」と、久々のデートプランさえまともに立ててくれませんでした。会えたらそれだけで幸せと言うので、「じゃあもう会えたからいいね!」と口論になることが多く、別れました。(31歳、受付・接客・一般事務、独身)

◆ 会いたいなら会いたいって言ってくれたらいいのに、「近くに行くよー」とか、「今日は(用事は)何時までの予定だよー」とだけ連絡してくる彼。「だから何?」って言いたくなります。(34歳、商社・流通系、営業事務、独身)

自分勝手すぎる

◆ 彼の友人を褒めたり、羨ましがると不機嫌になったり。悪口も、自分が言う分にはいいみたいだけど、私が言うと嫌がるのは納得いかない。(40歳、商社・流通系、販売・接客、独身)

◆ 付き合う前は優しくて手間やお金をかけてくれるけど、付き合ったらどうして何もしなくなるの?(30歳、専門職、独身)

◆ 起きられない、忘れっぽい、うるさく言うとへそを曲げる。子どもみたいだから子育てする前に疲れてきた。(30歳、IT・通信、企画、独身)

◆ 直前まで予定を決めない。先の予定を入れていると怒る。(32歳、商社・流通系、技術職、独身)

慣れとは怖いもの、本性が見えてくる~家庭編

 生活を共にするからこそ見えてきた、男性の真の習性。笑顔で「お疲れさま」と言いつつも、妻の頭の上には今日も疑問符がプカプカ。日常的な「どうして○○なの!?」という光景に、もはや諦めの境地と見て取れる声も。

家事を手伝わない

◆ 仕事が終わって家に帰ると、洗濯物を取り込んで、ご飯を温めて……など、私は今後の予定を脳内で考えて動いています。一方、夫は、帰ったらゴロンと横になって携帯ゲーム。そのくせ、「後でやればいいじゃん」が口グセで、私からしたら、「はぁ!?」という感じです。(30歳、医療福祉関連、既婚)

◆ 家事を私にやらせたがる夫。仕事と家事は同等のものという考えで、仕事でクタクタになるくらいならそのエネルギーを家事に使ってほしいらしい。仕事で疲れていると、「そんなに仕事が好きならおまえが働いて、俺は主夫になる」とか言い出す始末。(33歳、営業事務、既婚)

とにかく詰めが甘い

◆ 夫は仕事となるとキッチリ丁寧すぎるほどなのに、プライベートでは計画性ゼロなのが不思議でたまりません。結婚を決めるときも、妊活のときも、マイホーム購入のときも、「なんとかなる」くらいの態度で、「いつまでに何をすれば良い」と指示しなければ動いてくれません。(29歳、営業・営業事務、既婚)

◆ 私は整理整頓が苦手です。それを見て夫はこれみよがしにため息をつき、「俺を見習えよ」的なことを言います。ただ夫は、自分の机周りだけは整理整頓してますが、服はいつも脱ぎっぱなし、クローゼットの中はぐちゃぐちゃ、爪切りやハサミその他いろいろな物が使いっぱなし! 偉そうに言わないでほしい。(35歳、IT・通信、専門職、既婚)

まるで子ども……

◆ お酒好きの夫。結婚してもうすぐ2年になりますが、お酒の失敗が後を絶ちません。その都度反省している素振りは見せるものの、なぜ懲りないのか。どうしてそこまで飲むのか。後片付けする側にもなってよ! と言いたいです。(30歳、建設・不動産、総務、既婚)

◆ 男はどうして、子どもより自分を優先させるのでしょうか……。(32歳、製造、研究開発、既婚)

会話にイラッ

◆ 自分が関心のない食に関しては、いつも「何でもいい」と私任せになる夫。魚? 肉? と具体的に聞いても、何でもいいと答えます。ところが、「じゃあタイ料理にするね」と話すと「嫌だ」とのこと。それは「何でもいい」って言わないんですよ。(37歳、既婚)

◆ 友人の前で私を下げて、相対的に自分が「良い旦那」っぽく見えるように話す夫にイラッとしました。男性って、見栄っ張りで困ります。(29歳、一般事務、既婚)

困ったおじさん・困った君も多い~職場編

職場の不満の矛先といえば上司が定番ですが、実は先輩や同僚、そして後輩も、しっかりと見られています
第三者の目がある環境だからこそ露見する、女性には理解し難い謎の男性の生態とは……

どうでもいいプライドを大事にする

◆ 年上部下、年下部下ともに、間違いを指摘すると機嫌を損ねます。やんわりと指摘しているつもりですが、言い方には毎度困ってます。(30歳、IT・通信、SE、既婚)

◆ なぜか私の給与を知った男性の元同僚。そこから、毎日無視されました。そして、何かミスするたびに私の給与を下げるよう社長に懇願していたようです。男性の嫉妬って、どうしてこんなに怖いのでしょうか。(31歳、医療福祉関連、独身)

◆ 「学歴はおまえより上だ」的な感じで、立場を維持しようとするのはなんなのだろう。くだらないことで嫉妬してないで、早く仕事しろ! と思う。(33歳、建設・不動産、一般事務、独身)

◆ 同僚の女性の栄転が決まった途端、それまで温和だった男性上司がその女性に対して、突然周りにも分かるような冷たい態度を取り始めた。(48歳、公務員、教育専門職、独身)

事なかれ主義

◆ 職場には男性が多いのですが、正しくなくても上の者に従うっていう感じに腹が立ってしまう。女性だったらこうはならないですよね。(35歳、金融系、一般事務、独身)

◆ 問題点になかなか着手しない。誰かが動いてくれるのを待っている。会議で発言しない。なぜ積極的に問題解決に動こうとしないのか分かりません。同僚の男性陣の大半がそうです。(40歳、営業事務、独身)

◆ 男性の同僚と仕事の話をしていたときに、納得したような返答だけして、全く響いていなかったことがあります。どうして納得していないということを言ってくれないのでしょうか。(29歳、製造、企画、独身)

偉そうな俺様

◆ 職場が男性社会なのですが、電話に出ることやお土産を配る役が女性なのが当たり前だと思っていること。手が空いている人が電話に出ればいいし、買ってきた人が自分で配ればいいのにと思います。(31歳、建設・不動産、技術職、独身)

◆ 建設関連の会社のため、男尊女卑が激しい。管理職はもちろん、総合職の女性も3%程度で、当然男性にしか発言権はない。先行きが不安です。(34歳、建設・不動産、秘書、独身)

◆ お客様のことを「あいつ」とか呼ぶのはいい気分がしないし、嫌だなと思います。見えない所での思いは、外に出たときも出てしまうと思います。(35歳、商社・流通系、営業、独身)

口を開けば自慢と愚痴

◆ 上司とご飯に行くと、必ず昔の自慢話をします。それも何回も聞いた話を……。つまらなそうにすると機嫌を損ねます。ほんとに面倒臭いです。(24歳、一般事務、独身)

◆ 部署が違う仲のいい先輩がいます。プライベートでご飯に行ったときは、その部署の愚痴のオンパレード。確かに先輩の言うことは納得できることでもありますが、愚痴を言い続けるだけで、何も行動に移しません。(39歳、建設・不動産、経理、独身)

かわいこちゃんに弱い

◆ かわいい子には頼まずに、面倒なこと、体力を使うこと、地味な仕事を私にばかり頼んでくる。男って、やっぱりかわいい子には楽をさせたいんだなと常々思う。(39歳、製造、総務、独身)

◆ 胸が大きくてかわいい子と、他の女性社員の扱いが違う。その子がシュレッダーの袋交換をしているとダッシュで助けに行くけど、他の子の場合は無視。(36歳、金融系、独身)

謎のノリやルールが存在する

◆ 飲みの席のノリで大事なことを決める。普段の会議では決まらないのに、飲みの席で大胆発言をし、それが通るのが謎。(30歳、商社・流通系、営業、独身)

◆ 仕事の話を喫煙室で決めてくる。喫煙室に入れない人もいるんだけど。(46歳、製造、総務、既婚)

◆ 職場でインフルエンザがはやると、女性はみんなマスクをしますが、男性はしない人が多い。そのせいか、男性はインフルエンザに順番にかかっています。(36歳、研究開発、既婚)

◆ 爪切り、耳掃除、鼻毛抜きなど、職場の部屋内で身だしなみを整える。場所をわきまえてほしい。(23歳、企画・一般事務、独身)

◆ 私の派遣されている営業所では、昼は男性皆で一緒に食べに出掛け、夕食も独身や単身赴任の人が主に集まって一緒に食べています。さらに、休日は皆でゴルフに行ったりホームパーティーも。男性って仲間意識が強いのでしょうか?(32歳、製造、一般事務・営業事務、既婚)

番外編

恋愛なのか、家庭なのか、はたまた職場なのかは分かりませんが、言われてみればそうそう
と思わずうなずいてしまう意見がたくさん
いやはや、女性の観察眼、恐るべし・・・・・・
最後に、男性へのエールも寄せられたので、併せて紹介します

2つのことを同時にできない

◆ 一度にいろいろお願いすると、必ず何かを忘れます。男の人はどうして、一度に複数のことができないのでしょうか。(22歳、公務員、経理、独身)

◆ テレビに夢中になったら私が話しかけても無視。遊びに出たら連絡するのを忘れる。料理をさせれば散らかし放題。どうして一つのことしかできないの?(27歳、商社・流通系、販売・接客、既婚)

素直じゃない

◆ 謝れない男性が多い。謝れる男性は格好いいと思います。ありがとうも、ちゃんと相手の顔を見て言える人は素敵だと思います。(33歳、営業、独身)

◆ 正直に言ってくれても怒らないことを、あえて嘘をつく。(40歳、製造、独身)

◆ 男性も結構陰口をたたくと思います。本音と建て前を使い分けるから、聞いていてひどく疲れます。(31歳、営業・企画、独身)

買い物に謎が多い

◆ 買い物をするとき、一つだけ買わず、余計なものを買う。男の見栄!?(40歳、製造、営業、独身)

◆ 何でも形から入る。キャンプ用品を一気に買いそろえ、数回で行かなくなる。山登りグッズを一気に買いそろえ、数回で行かなくなる。どうして徐々に買いそろえないんでしょう。無駄遣いだなぁ~と思ってしまいます。(32歳、金融系、一般事務・営業事務、既婚)

もはや分析不能

◆ 風邪を引いたときに、この世の終わりかと思うくらいに弱る。(32歳、団体職員、独身)

◆ 覚えていてほしいことは忘れて、忘れてほしいことは覚えている。(37歳、建設・不動産、経理・総務など、独身)

そういうDNA?

◆ 何歳になっても、あわよくば女性を食事などに誘い出そうとする既婚男性が、どこにでもいるものだなあとつくづく思います。(34歳、医療福祉関連、独身)

◆ なぜ不倫するのか。(30歳、金融系、企画、独身)

◆ 妻子がいても風俗に行くのか。しかも上司とや同僚と一緒に。(28歳、一般事務・営業事務、独身)

男性も実は大変なんだよね……

◆ お昼ご飯を抜いて、仕事に没頭する人が多いのはなぜなのか……。(25歳、IT・通信、SE・技術職、独身)

◆ 自己紹介に必ず笑いを盛り込まないといけない感じなのが不思議。何かオチがあることを期待されている。自分の周りの男性たちを気の毒に感じることも。(38歳、既婚)

◆ 女性の嫌がらせは「仲間はずれ」的なものですが、男性の嫌がらせは相手を完全に「無」にしようとするから怖い。いなかったものにするというか。(47歳、製造、マーケティング、独身)

◆ 男同士のマウンティングのほうがえげつない。(46歳、受付、既婚)

2016-02-19ferrari-812-04_0.jpg

大事なのは中身!男性が本当に付き合いたい女性の特徴5つ
美人は確かにあこがれの存在ですが、男性の付き合いたいという対象には入りにくいとしっていましたか
実は男性が付き合いたいと思う女性は、外見だけでは決められないのです
今回は、男性が本当に付き合いたいと思う女性の特徴を5つご紹介します
こんなモテ女性を目指してくださいね

 駄目な部分をうけいれくれる

強がりな男性は多いものです
自分の弱っている部分や、人より劣っている部分を他人にはおいそれと見せません
そんな大事な部分を何も言わず受け止めてくれる女性に、男性は魅力を感じるもの
そういった女性の心の広さを男性は求めているんです

 趣味に共感してくれる

最近は、夫の趣味のものを勝手に捨てる妻が度々話題に上がりますね
こういった女性とはやはり男性は結婚したくないと思うもので、結婚したくないということは付き合いたいという対象にもなりません
また、収集癖も女性より強いため、部屋の中が趣味一色になっていることもありますが、男性の趣味には口出ししないようにしましょう
もしできるなら、その趣味を一緒に楽しめると男性はとても喜んでくれます
趣味を一緒に楽しめれば、女性側の知見も広がりますし、話のネタも増えますし、一石二鳥ですね


 自分を持っている

メンヘラのような情緒不安定な女性は男性には敬遠されがちです
例えば、彼氏が飲み会で帰ってくるのが夜遅くなったとき、寂しかったと泣かれたら
非常に困りますね
そのような自分の機嫌も自分で取れないような女性は男性に負担がかかり、重いと思われてしまいます
自分ひとりの時間を楽しめるように、趣味などを作っておくといいかもしれません

 家族を大切にする

親とマメに連絡を取っていたり、言葉の端々から家族を思う雰囲気が垣間見えたり、自分の家族を大切にしている人との未来は、容易に想像できます
つまりこの人と家庭を新たに作ったときにも、その家族を愛してくれて幸せな家庭が築きやすいと感じるわけです
将来が感じられるのは、男性にとって付き合いやすいポイント
また、家庭的な面を持つ女性もやはり付き合いやすいようで、例えば料理が上手だったり、家事が好きだったり、そういった人にも男性は惹かれるものなんだそうです

 仕事に理解を示してくれる

どんな仕事をしていようが、やはり男性はその仕事に誇りをもってやっているものです
仕事に貴賤感情をもち、あの仕事は嫌だ、あの仕事は収入が少ないと勝手に一蹴してしまう女性に惹かれる男性などいません
男性がしている仕事に同じぐらいの誇りを持ちましょう
また、仕事の飲み会で遅くなったり、接待があるということにも寛容になりましょう
いちいち浮気などを疑っていては男性も面倒くさくなってしまいます

いかがでしたか
もちろん、最低限の身だしなみや清潔感は必要ですが、外見の美しさはそんなに重要視されないものです
内面美人になることこそが、男性と付き合う一番の近道ですよ

2016-12-09もてる女3_0.jpeg