船木 芳朗
  • Author:船木 芳朗
  • 感謝の気持ちを常にもって、いつも「ありがとう」と言われる人になれるよう毎日が勉強です。今まで得た知識を一人でも多くの人に伝える事で、人の助けとなり喜んでもらえる事が、世の中に貢献し子孫に注がれていけば幸せです。
  • RSS
船木の音沙汰
船木の感動・思い・考え・伝えたいこだわり情報を・・・・・
家の中にいるのに「寒いと感じる」81%
こんな気になる記事発見

積水化学工業住宅カンパニー(大阪市北区)はこのほど、同社の調査研究機関である住環境研究所(東京都千代田区)と共に、寒さが厳しくなるこれからの季節に合わせて『家庭内寒暖格差』をテーマにした調査を実施した
対象は10代~70代の男女500人(子ども世代、パパ・ママ世代、シニア世代で均等割付)

「冬、家の中にいるにもかかわらず、寒いと感じることはありますか?」
と聞いたところ、
合計81%が「ある」(「よくある」=38%、「たまにある」=43%)と回答した
築年数別では、20~29年の家で86%、30年以上の家で89%が「ある」と回答しており、築年数の長い家ほど寒さを感じやすい傾向が見られた

寒さを感じる場所では、
「トイレ」(55%)、
「脱衣所」(53%)などの非居室
が上位となる一方、
「リビング・ダイニング」も34%の人が寒い場所として答えた
リビングで寒さを感じやすい時間帯は「午前4時から7時まで」が最も高かった

「家の中で寒さを感じやすいシーン」について聞いたところ、
66%が「起床時」、
49%が「入浴前後」
と回答した
一番寒さを感じやすい身体の部位では、
すべてのシーンで「足」が1位となった
特に「足」の寒さを感じるシーンとしては、「就寝前」が79%で最多だった。

同じ家の家族の中で、最も寒い思いをしているのは誰かを聞いたところ、
「ママ」が44%と圧倒的に多かった
また、「あなたは、他の家族よりも寒い思いをすることが多いと思いますか?」という質問で、「ママ」の7割以上が「そう思う」と答えた

さらに「ママ」の約7割は、冬、リビングにいるときに「暖房器具をつけるのをガマンすることがある」と回答した
「リビング・ダイニング」において寒さを感じている家族は「ママ」が51%と最多で、他の家族に気をつかい、節約を心がける「ママ」の姿が浮かび上がった

この記事には、おどろき 
予想を超えてました

さくらハウスでは、室内の温度差がほどんどない家創りを平成11年度から行っておりもう16年になります。
さくらハウスの事務所、ぎゃらりーさくらでも温度差がなく快適です。
室温は20℃設定、床・壁・天井の温度も当然20℃・・・
足もぽかぽか暖かいです。

足が温かい家って本当にあるの?
っと思われた方は是非、 「ぎゃらりーさくら」
     ぎゃらりーさくら(接客)ブログ

 で温かさを体感してください。
船木自身も初めて体感した16年前、考えを根底から考えさせれれるほど衝撃的な体験でした。
その後、すべての工事でこの暖かさを1人でも多くの人に知ってほしいと思い、お客様にご提案させて頂き、
施工させて頂いております。

お問い合わせ・ご相談は、さくらハウスまで
  メール info@sakurahouse-kyoto.jp
  FAX 075-366-8990
  TEL 075-366-8998

   
 2013-08-29ぎゃらりーさくら(夕方)ブログ

写真3枚合 ぎゃらりーさくら(5)ブログ

最上階は8億円の横浜・超豪華タワマン
横浜に最上階の分譲価格が8億円という58階建て超豪華タワーマンションが登場する
     
     2017-11-26 ザ・タワー横浜北仲_0.jpg
     
中間階にはホテルも併設される
いったいどんなマンションなのか
住宅ジャーナリストの櫻井幸雄さんがリポートをご紹介

 ベイブリッジ、みなとみらいを見渡す

 横浜みなとみらい21地区と関内地区の中間で、横浜市最高層・最大規模の「ザ・タワー横浜北仲」(事業主は三井不動産レジデンシャルと丸紅)が現在建設中だ
11月25日から販売が始まり、最上階58階に配置される住戸は8億円

 専有面積は約212平方メートル、約64坪
マンションの平均的な広さ70平方メートル・3LDKが3戸分収まる広さに、ゆったりと3LDKを収めるプランが提案されている
このクラスになると、実際の間取りはオーダーメイドになることが多い

 一般に15畳程度の広さで「広い」とされるリビングダイニングは、規格外の60畳大
寝室は22畳
来客用の寝室も設けられ、そこには専用のバストイレが付く
住戸の向きにもよるが、リビングの窓からは横浜港とベイブリッジの眺望、そしてみなとみらい21地区を見下ろす景観が楽しめる

 「ザ・タワー横浜北仲」では、200平方メートルを超える大型で高額の住戸が4戸つくられる計画
このような話を聞くと、思わず「そんなマンション、誰が買うのか」と言いたくなる
「東京の中心地ならともかく、横浜で購入者がいるのか」という疑問もわく

 しかし、今の不動産会社は、目算なしにマンション開発を行わない
「売れる」という自信を持っての分譲開始だ
実際、東京の中心エリアでは、超高層マンションの最上階部分で15億円クラスのマンション住戸が複数登場しており、それをはるかに超えるモンスター級・高額住戸もでている
超高層タワーマンション、都心低層マンションの最上階というようなプレミアム・ポジションの住戸であれば、想像を超える価格設定になってしまう時代なのだ

 併設ホテルのサービスを受けられる

 では、「横浜で売れるの?」という疑問に対してだが、実は横浜市は人口373万人で、すでに大阪市の271万人より100万人も多い大都市となっている
これだけの大都市であれば地元に富裕層が多いし、「ヨコハマにセカンドハウスを持ちたい」という富裕層が全国、そして全世界に出てくることも不思議ではない
8億円の住戸を横浜で検討したいという人が複数現れても当然だ

 そして、8億円住戸には、他のマンションではなかなかお目にかかれない特典が付けられている

 「ザ・タワー横浜北仲」は、1~3階にはスーパーマーケットを含む商業施設・文化施設が入り、46階から51階はホテル
一般的なホテルと少し性格が異なるサービス付き長期・短期滞在型宿泊施設「オークウッド」が入る
「オークウッド」よりも上の階の住戸、つまり52階から58階までのフロアがハイグレードエリアと位置づけられている

 ハイグレードエリアに直結するエレベーターは46階のホテルロビーにも停まるため、ホテルのロビーで客と待ち合わせて、住居部分に案内することができるし、ホテルのレストランも利用しやすい
さらに、室内清掃をホテルに依頼できるサービスなども将来的に採用される可能性が考えられる
ホテルに暮らす便利さと、マンション住戸のくつろぎの両方が手に入るわけだ
ホテルと一体化し、ホテルのサービスも受けられるマンションは極めて数が少ない
その希少性もある


 もちろん、「ザ・タワー横浜北仲」は、限られたスーパー富裕層だけのものではない
総戸数は1176戸で、第1期分譲住戸は、約44平方メートルの1LDKが4500万円から
最多価格帯は6600万円で、5000万円台~7000万円台の2LDK、3LDKがある
それなら手が届くと言う人も多いだろう

 すでに多くの資料請求、モデルルーム見学者

 みなとみらい線「馬車道」駅と直結し、同駅から徒歩1分
横浜の歴史的建造物が並ぶ広場を通り、ショッピングを楽しみながらマンションの入り口に……
これまで、他にはなかった住み心地を実現するマンションで、昨年12月に資料請求の受け付けを始めてから今年11月12日までに約1万4200件もの資料請求があった
驚異的な数字である

 そして、8月からのモデルルーム見学者は3600組以上
ケタ外れの注目度で、第1期分譲で販売される住戸は730戸
一つのマンションで一度にこれだけ多くの住戸を売り出すのは、横浜市内での最高記録となる

 個人的に大好きな横浜・・・
ロケーション・ホテル等のサービスが使える付加価値、駅1分の便利さ・・・
魅力はいっぱいあり、付加価値が多いのが魅力です
付加価値にお金を出したい人は多いので、将来的にも資産価値あると思います
実は、50階以上のタワーマンション最上階に暮らしたい夢があるんです。
京都にはそんな高い建物が建てられないので無理ですが・・・
あなたならどうしますか?

「座っておしっこ」男性の4割超 自宅のトイレ
男性の44%は自宅のトイレで座って排尿する
NPO法人日本トイレ研究所が10日、「いい(11月)トイレ(10日)の日」に合わせて、アンケート結果を発表
尿が飛び散らないよう配慮する「座って派」と「立って派」(55%)が拮抗(きっこう)している実態が明らかになった

トイレ研は1980年代から子どものトイレ環境の改善や、災害用トイレの普及に取り組む
今回は10月、20~69歳の全国の男性515人にウェブ上で排尿の実態や悩みを聞いた

座って派の内訳では、家族に言われたのでという人の割合は、自分の意思とする人の4分の1以下
自発的な人が多かった


ログイン前の続き外出時の排尿の際、後ろに人が立っているとしづらいという人は39%
32%は便器内の汚れや的を狙うと回答
公衆トイレで見かける的のシールの効果が確かめられた

「キレが悪い」「人より近いと感じる」などトラブルの経験があるとしたのは94%
このうち63%は悩みを誰にも相談しておらず、1人で抱えていた
44%はズボンのファスナーに挟むトラブルを経験していた

トイレ研の加藤篤・代表理事は「トイレは最もリラックスした状態で使うことが大事で、周囲や汚れへの配慮も必要
快適なトイレ環境について考えるきっかけにしてほしい」と話す

調査結果は、日本トイレ研究所のホームページで公開している

男性の44%は自宅のトイレで座って排尿する・・・はビックリです。
家を創っていると、トイレの床は掃除がしやすい、汚れにくい素材にしたい・・・
と必ず問題になる項目の1つです
その時に、男性がトイレを座って使う、使わないの事が・・・
女性からすれば、掃除の事を考え座ってしてほしい・・・との話になります。
船木自身も、奥さんに言われてから、床掃除をするのが嫌で座ってするようになりもう5年が過ぎました
座ってするようになりなれれば問題はないですよ

     上高野トイレ_0


収益物件の購入・・・「新築」「中古」のどちらが有利?
気になる記事が・・・

新築に比べて高利回りな「中古物件」

Q:新築と中古、資産形成に向いているのはどっち

土地から新築するアパートをすすめられています
「新築アパートは高い家賃が取れる」という点をアピールされましたが、中古は物件価格が安いので、どちらが本当に利益を得られるのか悩んでいます
新築と中古のメリット・デメリットを教えてください

A:利益を得るなら中古 カッコ良さ(自己満足)なら新築

◎新築のメリット

・自分の好きなようなデザインで造れる
・最新の設備、間取が造れる
・新築は人気があり、新築プレミアム価格(賃料)で客付けができる
・長期間の融資を受けやすい
・メンテナンスのコストは当面かからない

◎新築のデメリット

・取得時の利回りが低い
・完成までの時間がかかる
・減価償却期間が長いため節税効果を得にくい
・新築後数年での極端な賃料下落(価格下落)


◎中古物件のメリット

・新築に比べて高利回り
・オーナーチェンジの場合、購入後すぐ賃料が得られる
・現在の状況から運営状況を読みやすい
・減価償却期間が短く、効率的に節税ができる

◎中古物件のデメリット

・建物の修繕や設備の修理・交換などのコストがかかる
投資回収スピードが遅く、価格が下がりやすい「新築」

新築と中古のどちらがよいかは、何を求めて物件を取得するかの一言に尽きます
満足度という考えであれば新築物件を取得するのもありですが、利益や資産形成という観点から考えれば、中古物件しかあり得ません

ではまず、新築物件について説明していきます

①低利回り

一般的に、新築物件では高利回りは期待できません
利回りが低いということは、先述の通り、純収入が少なくなるので投資回収スピードが遅くなります
そのため利益を出すことがまず難しくなります
新築時の家賃は「新築プレミアム」といって相場より1割から2割ほど高く設定できますが、それ以上に物件価格が割高だからです
建物の建築費に建築業者の利益が上乗せされ、さらにその物件を不動産会社が販売するとなれば、不動産会社の利益も上乗せされています
また新築の場合は、諸経費は中古よりも抑えられますが、減価償却期間が長いため、年間の償却費がわずかしか取れず、節税効果も期待できません

②価格下落

新築プレミアムが通用するのは初回の入居時だけです
築後数年がたって入居者が入れ替われば、賃料は相場並みに下がっていきます
賃料が1~2割も下落すれば、収益還元法で考えた場合、同じ利回りであったとしても物件価格が1~2割下落するということになります
現実的には、この賃料の下落に加えて、中古になった途端に期待利回り(キャップレート)も上昇します
つまり、新築物件であれば利回り6%でも買い手はつきますが、築10年の中古になると利回り7~8%はないと売れないということです
それがキャップレートの上昇です
この賃料の下落とキャップレートの上昇によって新築物件は物件価格自体が大幅に下がります
さらに言えば、新築物件は価格全体における建物の割合が大きく、土地の占める割合が小さいという問題があります
そのため、価格下落の幅も大きいのです

新築物件は価格が急落しやすい

先述の通り、収益物件活用の利益を最大化させるためには、「純収入が多い」ことと「物件価格が下がらない」という2点が重要になります

一般的な新築・中古で比べればこの回答になると思います。
それは新築・中古で同じ性能で同じデザインで比べた場合です。

新築であれば、
 高性能住宅にする
 メンテナンスの費用を抑えれる商品を使う、さらにメンテナンス期間が長い商品を使う
 古くなっても古さを感じさせないデザインに・・・古くなるとアジが出るデザインにする
などいろんな方法がありあます

中古であれば
 お得な価格で購入する
 築年数が古いのに、建物にお金を掛けた物件を割安で購入する
などいろんな観点から物件を分析して購入する方法があります

ここで一番重要なのは、一言で言うと 「建物の事を良くしっている」
ここに
さくらハウスが一番得意としている部分です
を知りたい方は
   info@sakurahouse-kyoto.jp
   075-366-8990
   075-366-8998


ぎゃらりーさくら(接客)ブログ

さくらハウス地図 ブログ

写真3枚合 ぎゃらりーさくら(5)  ブログ.jpg


 
 
LEDってなんでこんなに普及してる?
ろうそく、白熱電球、蛍光灯に続く“第4の明かり”として登場し、2010年代に入って急激に普及したLED
わが家でも、長持ちすることからかなりの割合でLED電球に替わっている
なぜこんなに急に普及したのか
節電や長寿命以外の”長所“も含めて、LED照明において国内シェアNo.1のパナソニックエコソリューションズ社ライティング事業部の崎山昌治さんと森やよいさんに聞いた

国が推し進めたLED普及にメーカーが追随した
「LED(light emitting diode)」は日本語で「発光ダイオード」
1993年、日亜化学工業の研究員だった中村修二氏によって開発された高輝度青色LEDの量産技術をきっかけに開発が加速化
2000年代終わりごろからLED電球やLEDを使った照明器具が製品化、量産され始めると、家庭や商業施設などで使われるように

パナソニックエコソリューションズ社でも、2009年からLED電球の販売を開始
以後、照明製品におけるLEDの割合はみるみる増加し、ついに2015年からは、カタログに載っているすべての照明製品がLEDとなったという
住宅の照明に限定すると、現在、生産している製品のほぼ100%がLEDとなり、蛍光灯はごくわずかだそうだ
「消費電力が少なく、寿命が長いというLEDの利点に、国(経済産業省)が目をつけ、強力に普及を促しました
その動きにメーカーが驚くほど迅速に対応して生産量が増えたことが、急速に普及した背景といえます」
(崎山さん)

2010年に閣議決定された「新成長戦略」では、LED照明のほか、有機EL照明(熱をほとんど出さずに、電気を光に変える現象を利用した照明)などの高効率次世代照明を、2020年までにフロー(出荷台数)で100%、2030年までにストック(市場規模での在庫)で100%普及させる目標が掲げられ、LEDの普及は国を挙げての急務になっている
2013年にはLED器具の出荷台数が蛍光灯器具のそれを上回ったことからも、国の意気込みと普及の勢いが伝わってくる

LEDの利点は「節電」と「長寿命」

国が“目を付けた”のは、LEDの2つの利点、「節電」と「長寿命」だ

まず、「節電」という点では、年間2000時間点灯したという設定で白熱灯とLEDの消費電力と電気代を試算して比べた場合、白熱灯の年間の電気代が約2480円なのに対し、LEDは約310円
つまり、約8分の1に抑えられることになる(パナソニックエコソリューションズ社カタログ「あかりフォーム」より)

次に「長寿命」
白熱灯が約2000時間もつのに対して、LEDは約4万時間の使用ができ、約20倍長持ちするといえる(同上)
つまり、面倒なランプの取り換え回数を20分の1に減らすことができるのだ

LED電球の価格は白熱灯の電球と比べて約20倍と高価だが、電気代と交換の頻度も組み入れてコストを試算すると、使用開始から5カ月(820時間)程度で白熱灯のコストがLEDを超え、約3年(6000時間。1日約5時間半使用した場合)程度で電球形蛍光ランプがLEDを超えるという試算がある(経済産業省 商務情報政策局 情報通信機器課「LED照明産業を取り巻く現状(2012年11月29日)」資料より)
約5カ月で元が取れるなら、ちょっと高くても今度はLED電球を買おうと考える人は多いのではないだろうか
その上、取り換えの手間が省けるなら、なおさらLEDが魅力的に思えてくる
それだけでも十分なのだが、どうやらさらなる“利点”があるらしい

「色が変えられる」「熱くならない」など、意外な利点も

まずは、「光の色や明るさを変えられる」という点
暖かみのある「電球色」、爽やかな「昼白色」、その中間の「温白色」など、光にはさまざまな色があり、「電球色」はリラックスタイム向き、「昼光色」という昼白色よりもさらに青白い明かりは勉強や読書向き、「昼白色」は、朝、スッキリ目覚めたいときに向いているという特徴がある
今までは好みの色にするためにその都度電球を取り換えなくてはいけなかったが、LEDの登場によって、ひとつの照明で、暮らしのシーンに合わせて光の色を変えられることになったわけだ

「しかも、LEDは長寿命なので、調光・調色できるタイプの器具を選べば、夫婦2人暮らしのときはしっとりとした電球色をメインに使い、子どもが生まれてからは活動的な昼白色をメインに使うなど、ライフスタイルの変化に合わせて色を変えて、使い続けることもできます」(森さん)

加えて、
「光源が小さくなったことで形がコンパクトになり、多種多様なデザインが可能になった」、
「点灯速度が速いので、スイッチを入れるとすぐに点灯する」、
「光に熱線や紫外線を含まないので、モノを傷めにくい」、
「虫が好む波長の成分が少ないので、虫を寄せ付けにくい」

といったこともLEDの特長として挙げられる
シーリングライト、ペンダントライト、ダウンライトなど、さまざまな種類の照明器具でLEDの利点を享受できるのも、形がコンパクトなおかげだ
なお、これらは、当初から狙っていた効果ではなく、LEDの特長からもたらされた副産物とのこと
特に、光の色が変えられる点は画期的で、調色、調光できるタイプのLED器具を購入したユーザーの満足度は、とりわけ高いという
一方、「直進性のある光なので、広がらない」、「点の光なので眩しく感じる」、「光の量が白熱灯と比べて少ない」といった”短所“もあるLED照明
ただ、それらは器具に光を拡散させるレンズを使うなどの工夫で、かなり改善されてきているという

LEDへの切り替えは器具ごと交換するのがオススメ

「高いから」と敬遠していたLEDも、すぐに元が取れると分かれば、「それならわが家にもLEDを!」と重かった腰を上げようという人も多いのではないだろうか
ただ、今使っている電球をLEDに取り換えればいいのかというと、そういうわけでもないらしい

「電球を変える際は、照明器具との適合性を確認する必要があります
また、LEDの光は熱線を含みませんが、電源部分は放熱するので、布や紙で覆ったり、燃えやすいものを近づけたり、手で直接触ったりしてはいけません
特に、密閉器具型の照明で使用する場合は、専用のLED電球を選ぶ必要があります
したがって、LEDに切り替えるのなら、できれば、器具ごと交換することをお勧めします」
(崎山さん)

実際、直管LEDランプを今まで使っていた照明器具に取り付けて使用したことで、電源基板部分が焼け、口金やカバーのプラスチックが溶けてしまったという事故もある(画像4:誤った組み合わせの場合)
もし電球のみを替えるのであれば、よく調べて、安全性を確認してからにするべきだろう

エジソンが発明した白熱灯にはじまり、「明かり」の世界では、60年ごとのスパンでイノベーションが起きているという
崎山さんも、勤続25年の年にLEDが登場したときには、「これは革命だ!」と驚いたのだとか
これからは私も、60年に1度の革命に立ち会えたことに感謝しながら、わが家の照明のLED化の総仕上げをしたいと思う
パナソニックリビングショウルームでは、暮らしのイメージに沿って住まいの照明の相談にのってくれるそう
それも無料というから、今度は取材抜きで足を運んでみたいと思う

 さくらハウスの事務所兼ギャラリーは5年前からすべてLED電球を使用しています。
その後施工させた頂いた新築・リノベーション・リフォームでも100%LEDを使用しています。
ダウンライトの最安値商品は、なんと¥1250円~あります。
是非、LED交換をおススメします

お問い合わせ・ご相談は さくらハウスまで

  info@sakurahouse-kyoto.jp
  075-366-8990
  075-366-8998


のいずれかで
ご連絡お待ちしています
   ぎゃらりーさくら(接客)ブログ